<   2018年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

From Langley Park To Memphis / Prefab Sprout

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、プリファブ・スプラウト 88年の『ラングレー・パークからの挨拶状』を聴いてます♪
c0104445_2355864.jpg
いやぁ、これもいいよね♪

ご存知のようにこれは、

彼らの『Protest Songs』抜きにすると3枚目のアルバムで、

彼らのアルバムで一番メインストリームな響きに溢れたもので、

88年っていう時代の音を感じるもの…

それでも彼らの創り出す楽曲…ポップに弾けた冒頭の2曲に続いて、聴かせるバラードもたっぷりある、

そんな彼ら流のポップでキラキラと煌めく曲がギッシリ詰まったものになっているんだよね♪

プロデュースはトーマス・ドルビーやパディや他2名が手がけ、

アコギでピート・タウンゼント、ハーモニカでスティーヴィー・ワンダーが参加しているっていう豪華なもの♪

どうも彼らっぽくない、っていうか今までと違う雰囲気のジャケットも、

サウンドに寄せていったのか?その逆なのか?それとも…♪

そんなこのアルバム聴いているのは英Kitchenware Recordsからのアナログ盤♪
c0104445_2361366.jpg
歌詞やクレジットの載ったスリーブに入ったもの…♪
c0104445_2362366.jpg
ってことで、他のアルバムは後ほど…うふ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2018-02-28 22:28 | ネオアコ・ギターポップ | Trackback | Comments(0)

Was(Not Was)

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、Was(Not Was) 81年の『…ん?』を聴いてます♪
c0104445_23462593.jpg
いやぁ、久しぶりに聴いたよね♪

ご存知のようにこれは、今じゃ多分にストーンズのプロデュースなどで有名なドン・ウォズと、

デヴィッド・ウォズの2人の非兄弟、そして黒人メンバーからなるグループで、

これはそんな彼らのファースト・アルバムであのZEレコードからのもの♪

当然81年のサウンドだから、時代を感じる部分多々あるけど、

それでもキツい80'sサウンドはそんなに感じない、全体的にファンキーでダンサブルでモダンな印象の、

ファンク、ソウル、ラテン、ロック、ポップなどを盛り込んだそのサウンドは当時はかなり?

今聴いてもなかなか刺激的なものになっているんだよね♪

帯や解説にはトーキング・ヘッズ云々ってあるけど、そんな白人のファンクな感じはかなりするよね♪

でも、個人的にはファンク、ファンキー云々よりも、

ワム!がカヴァーした名曲「Where Did Your Heart Go?」のオリジナルが収録されているから…♪

今こうやって久しぶりに聴いても、ジョージ・マイケルがピックアップしただけあって?

その曲が浮いているかのように際立っていて、永遠の輝きを放っているように感じるね…って、大げさ?

そんな彼らのデビュー・アルバム、聴いてるのは普通の国内盤♪
c0104445_23465397.jpg
あと取り上げなきゃいけないのはこの強烈なアルバムタイトルの邦題だよね…♪
c0104445_2347581.jpg
『…ん?』って…うふ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2018-02-27 22:27 | US 80-84 | Trackback | Comments(0)

The Razors Edge / AC/DC

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、我らがAC/DC 90年の『レイザーズ・エッジ』を聴いてます♪
c0104445_2345941.jpg
いやぁ、これも最高だよね♪

ご存知のようにこれは、彼らのよく言われる80年代の低迷期ってものを完全に吹き飛ばしてくれた、

そんな傑作であり、人気作である、そんなアルバム♪

プロデュースもそんな役割に不足のないブルース・フェアバーンだし…♪

まぁ、プロデューサーどうあれ彼らのロックン・ロールに特に劇的な変化は当然ないんだけど、

それでもやっぱり内容は最高で、今や彼らの代表曲の一つと言ってもいいんじゃないのかな?

なんて思う強力な「Thunderstruck」で始まり、アップテンポで飛ばす「Fire Your Gun」、

ポップな「Moneytalks」、そしてヘヴィに決めるタイトル曲までの4連発はもう最高…♪

もちろんそれ以外もアップテンポにミッドテンポにハードにロックに決める、

彼らならではのロックン・ロール、ハードなブギーがぎっしり詰まったものになっているんだよね♪

ここでの更なるブレイクでツアーのスケールが大きくなったのか?

単に年齢的なものか?他に理由があるのか?よく分からないけど、

次作までのインターバルがこれからグッと開いちゃうんだよね…

もちろん今の現状を思えば、そんな期間ぐらい屁でもなかったんだけどさ…ふぅ

そんな彼らの傑作の一つ、聴いてるのは普通の輸入安レコ…
c0104445_23452176.jpg
いろんな写真の載ったスリーブが付いたもの…♪
c0104445_23453097.jpg
みんな元気な頃だね…ふぅ

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2018-02-26 22:26 | AC/DC | Trackback | Comments(0)

Blow Up Your Video / AC/DC

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、我らがAC/DC 88年の『ブロウ・アップ・ユア・ビデオ』を聴いてます♪
c0104445_23385256.jpg
いやぁ、これも最高だよね♪

ご存知のようにこれは、彼らの一般的に低迷期であったと言われる80年代にリリースされたもので、

そんな低迷期をここで吹き飛ばしたような、

彼らならではの強力なロックン・ロールが詰まっているものなんだよね♪

まぁ、実際にはこの次作から、完全復活って感じだったと思うんだけど…♪

ライブのレパートリーで近年まで演じられていた強力な「Heatseeker」に始まり、

アップテンポだったりミッドテンポだったりするロックン・ロール、ハードなブギーが詰まったもので、

上記した次作の印象が強烈だから、このアルバムがちょっと弱いような印象を感じられるかもしれないけど、

こうやって聴くと、これ以降の完全復活した彼らの諸作となんの遜色の…って、

これ以前の低迷期なんて言われる諸作も最高なんだけどさ…♪

そんな最高の内容なのに、そんなに語れていないように感じるこのアルバム、

聴いているのは普通の米盤安レコ…
c0104445_23391042.jpg
中古で買ったからスリーブの類があったのか?最初っからなかったのか?
c0104445_2339189.jpg
よくわからない、けど…今更どうでもいいや♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2018-02-25 22:25 | AC/DC | Trackback | Comments(0)

お知らせ♪

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いやぁ、相変わらず酷すぎるもので恐縮ですが、

それでも俺だけはやっぱり絶好調な例のなんちゃってラジオ・プログラムもどきなあれ♪

今回は別段特集っぽい感じではありませんし、いつもどおりしゃべりも音質も性格もルックスもドイヒー、

更に別の部屋のノイズが入るのは当たり前…そのくせにいつもどおりのノーカットノー編集ノーやり直しの完全無欠の一発録音♪

それでもいつものように聴いていただいている方はこちらからよろしゅうです…うふ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2018-02-24 22:24 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

Steve McQueen / Prefab Sprout

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、プリファブ・スプラウト 85年の『スティーヴ・マックイーン』を聴いてます♪
c0104445_23362919.jpg
いやぁ、素晴らしいよね♪

ご存知のようにこれは彼らの代表作的なアルバムで、

確かここからトーマス・ドルビーのプロデュースになって、

前作にあった未成熟で荒い雰囲気が一掃され、サウンド、楽曲共に文句の付けようがなくなった?

そんな代表作であると同時に、この頃の英国産アルバムの傑作?

なんて言ってもいいようなものになっているんじゃないかな?

カントリーっぽい雰囲気からキラリと光るメロディが飛び出す冒頭曲から、

「Bonny」〜「Hallelujah」までのアナログでいうA面は完璧なんじゃないかな?

もちろんB面の方も文句や不満なんて微塵もない、確か何年か前に豪華版が出たのも頷ける、

そんな永遠の名盤…もちろんネオアコ、ギター・ポップ的、もしくはスティーリー・ダン的に語られたりすることも多いけど、

そんな括り云々なんてどうでもいいような、パディの才能の煌めきがこれでもかと輝いている、

そんなものなんだよね♪

当時の米盤では変えられたタイトルやジャケットのデザインも最高だし…♪

いやぁ、やっぱりこれは素晴らしいよね、って今更?

そんなこのアルバム、聴いてるのは国内盤安レコ…
c0104445_23365090.jpg
解説に歌詞対訳が付いたもの…♪
c0104445_23365841.jpg
国内初登場時のこの時は「プレファブ〜」表記で…うふ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2018-02-23 22:23 | ネオアコ・ギターポップ | Trackback | Comments(0)

Music From The Edge Of Heaven / Wham!

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ワム! 86年の『エッジ・オヴ・ヘヴン』を聴いてます♪
c0104445_23321666.jpg
いやぁ、これもいいよね♪

ご存知のようにこれは彼らのラスト・アルバムみたいな、

ベスト・アルバムみたいな、そんな感じのラスト・アルバム…どうやら英国本国では当時リリースされなかった、

そんなもの…だけど、我ら日本の当時のリスナーにはやっぱりラスト・アルバムだよね♪

ジョージのソウル・ミュージック好きのセンスがポップに爆発したような冒頭の「The Edge Of Heaven」、

同じくアルバムに先駆けてリリースされた「I'm Your Man」…の確かシングル?と違うヴァージョン、

さらに確かジョージのソロ的にリリースされていたように記憶している名曲「A Different Corner」、

ファースト収録とは別ヴァージョンの「Wham Rap! '86」や同じく中国でのライヴ・ヴァージョンの「Blue」、

Was(Not Was) のカヴァー「哀愁のメキシコ」や永遠の名クリスマス・ソングの「Last Christmas」…♪

いやぁ、こんな豪華な内容だから、上記したようにベスト・アルバムみたいにも思ったりもする、

そんなラスト・アルバム…でも、この後にすぐジョージの強力なこれが出たから、

彼らの解散はそんなに残念に思った記憶が…うひょ♪

まぁ、正直今聴くと「Wham Rap! '86」や「I'm Your Man」の収録のヴァージョンみたいな、

80's丸出しのサウンドはちょっとどうかな?って思うけどね♪

「I'm Your Man」に関しては確か当時エア・チェックして聴いていたシングルのヴァージョンかな?

それの方が好きなんだけど…

そんな彼らのこのアルバム、聴いてるのは普通の国内盤安レコ…
c0104445_23325525.jpg
セカンドのバックステージパスもだけど、これのワム!クリップもどんなものなのか…うふ♪
c0104445_2333593.jpg
いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2018-02-22 22:22 | UK 85-89 | Trackback | Comments(0)

Swoon / Prefab Sprout

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、プリファブ・スプラウト 84年の『スウーン』を聴いてます♪
c0104445_23293717.jpg
いやぁ、これもいいよね♪

ご存知のようにこれは彼らの栄光のファースト・アルバムで、

クレジットにはマクアルーン兄弟とウェンディ・スミスのみが記されていて、

そのサウンドも後のトーマス・ドルビーが関わったものなどと違って、

なんともシンプルなバンド・サウンドっぽいものになっているんだよね♪

そして、その楽曲群もかなり転調が多かったり、かなり複雑なコード、メロディ群だったりする、

その辺が初々しさを感じる、デビュー作ならではの雰囲気を特に感じるものになっているね♪

それでもやっぱり最高のソングライター、パディならではのセンス溢れる、

決してネオアコ、ギター・ポップなんていう括りだけじゃ語れないような、

そんな煌めきを感じる才能溢れる楽曲群が詰まったものになっているんだよね♪

まぁ、後の傑作群の完成度の高さが尋常じゃないから、

やっぱりちょっとだけ分が悪い感じもするけど…

それでもこの独特の雰囲気はこのアルバムにだけって感じるものだから、やっぱり愛おしいんだけど…♪

そんなこのアルバム、聴いてるのは普通の帯なし安レコ…
c0104445_2330368.jpg
それでも解説に歌詞対訳が付いているから、俺的にはこれで充分な…うふ♪
c0104445_23304586.jpg
いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2018-02-21 22:21 | ネオアコ・ギターポップ | Trackback | Comments(0)

Fantastic / Wham!

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ワム! 83年の『ファンタスティック』を聴いてます♪
c0104445_23273451.jpg
いやぁ、やっぱ最高だよね♪

ご存知のようにこれは彼らのファースト・アルバムで、

運良く?リアルタイムのリリース時にレンタル?弟から?よく覚えてないけど、

カセットに録音できて、それからこの安レコをゲットするまで聴き続ける事が…♪

やっぱり最初は各面の頭とケツの4曲…♪

それが最高って思っていたけど、聴きすぎたせいか?気のせいか?俺の性格の悪さのせいか?

よくわからないけど、最近じゃその辺の…特に大好きな「Club Tropicana」を除く3曲の80'sサウンドの強烈さがちょっとだけ気になって…

もちろんそれでも最高だけど…だから、最近はそれ以外のファンキーでディスコティークな「A Ray of Sunshine」や「Come On」、

メロウなバラードの「Nothing Looks The Same In The Light」やミラクルズのカヴァーの「Love Machine」あたりが…って、

思えばその辺も当時から、っていうか8曲だからね♪

そんな強力な8曲が揃ったデビュー作とは思えない、いや次作を思えばそこへの助走的にも思えるこの内容、

やっぱり彼らの迸る才能の輝きを感じる、そんなアルバムなんじゃないかな?

白人でこの頃にここまでラップをフューチャーしたっていうのも、

今や評価されていいものなんじゃないかな?

そんなこのアルバム、聴いてるのは普通の国内盤安レコ…
c0104445_2328388.jpg
こんな豪華なブックレットが付いたもの…♪
c0104445_23281153.jpg
やっぱ世界は惜しいアーティストを亡くしたもんだよね…

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2018-02-20 22:20 | UK 80-84 | Trackback | Comments(0)

Learning To Crawl / The Pretenders

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ザ・プリテンダーズ 84年の『プリテンダーズIII 〜情熱のロックン・ロード』を聴いてます♪
c0104445_17283878.jpg
いやぁ、やっぱ最高だよね♪

ご存知のようにこれは、

クリッシーの姉さん率いる彼らのサード・アルバムで、

個人的にリアルタイムの新譜として初めて彼らを体験したもの♪

それがこんないいアルバムだったから、なんとも…♪

前作リリース後に起こった数々の苦難を乗り越えて、

ギターとベースをチェンジして、演奏はもちろんのこと、

ここでは楽曲の充実っぷりがなんとも素晴らしいものになっていて…♪

パワフルなロックンロールに始まり、

ポップ・ミュージックとしても高いポテンシャルを誇る名曲「Back On The Chain Gang」、

さらに「Show Me」や「2000 Miles」も名曲度が高いものだし、

それら以外もタイトなロックン・ロールの「Time the Avenger」や「Watching the Clothes」、

ヘヴィな質感の「My City Was Gone」や「I Hurt You」、

これまでのキンキー・ナンバーに変わるパースエイダーズのカヴァー「Thin Line Between Love and Hate」。

そんな心機一転的なのに、この初期の集大成的にも感じる素晴らしい内容♪

ギターのロビー・マッキントッシュはご存知ように後にポールの…って、

そんなことは敢えて触れなくてもいいようなこれは、やっぱり彼らの代表作なんて、

勝手に言ってもいいんじゃないかな?

そんなこのアルバム、聴いてるのは普通の国内盤…
c0104445_17285390.jpg
俺の新譜での購入盤としては超絶的に珍しい帯を捨てちゃった?ものだね…多分。
c0104445_1729187.jpg
マイジェネ風なジャケもいいし…うふ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2018-02-19 22:19 | UK 80-84 | Trackback | Comments(0)