<   2018年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧

Being There / Wilco

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ウィルコ 96年の『ビーイング・ゼア』を聴いてます♪
c0104445_16573662.jpg
いやぁ、やっぱいいよね♪

ご存知のようにこれは、彼等のセカンド・アルバムで、

なんでも最近豪華仕様のものも出たらしい、

そんな人気、評価高い感じのもの…♪

個人的にはレコ屋さんで最初に見かけた彼等のアルバムがこれだったと思うんだけど、

どうも当時はオルタナ・カントリーなんていう物言いにピンとこなくて…

それで結局聴いたのはそれから何年も経ってから…

もちろんオルタナって部分も、カントリーって部分もあるけど、

全体的にはいろんなテイストがあるロックン・ロール♪

そんな今までのアメ・ロックと違ったように感じるもので、

ノイジーで混沌とした中から光が差し込んだように始まる、

スケールがでかく美しい冒頭曲からカントリー風味漂う曲、

ストーンズが若返ったような躍動感あふれるロックン・ロールやメロウでほろ苦いバラード、

ブルージーなナンバーやフォーキーな曲や2ヴァージョンある曲などなど…♪

そんな、我らおっさん世代が思うアメ・ロックと違った、

現代的だし、もちろん従来のオールドなテイストもある、

そんなものになっているんだよね♪

まぁ、今やグラミー賞なども取ったらしい彼等だから、

全く今更なことだと思うけどさ…♪

そんな彼等のこのアルバム、聴いてるのはCDが付いた見開きジャケで2枚組のアナログ盤♪
c0104445_16575621.jpg
歌詞などが載ったインサートも付いている優れもの♪
c0104445_1658532.jpg
ってことで、豪華仕様盤などについてはどこかでご覧のほどを…うふ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2018-01-31 22:31 | US 95-99 | Trackback | Comments(0)

1978-1990 / The Go-Betweens

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ザ・ゴー・ビトウィーンズ 90年の『1978-1990』を聴いてます♪
c0104445_16554318.jpg
いやぁ、素晴らしいよね♪

ご存知のようにこれは、

彼らの確か解散後にリリースされたベスト盤で、

もうなんとも素晴らしい楽曲が詰まったものになっているんだよね♪

まぁ、一般的にはネオアコ、ギター・ポップ的にカテゴライズされる彼等だし、

もちろんそんなサウンドの楽曲もたっぷりあるけど、

初期楽曲はどう聴いてもネオアコっていうより、

オルタナ的にさえ思える ポスト・パンク的な、

シンプルでスカスカなサウンドと歌…♪

もちろんサウンド違えど、歌心溢れる部分は一緒なんだけど…♪

そんな曲が2曲続いたと思ったらシンプルで美しい「Cattle and Cane」があったり、

「Man O'Sand to Girl O'Sea」や超名曲の「Bachelor Kisses」、

「Draining the Pool For You」や「Spring Rain」、

さらには「The Clarke Sisters」や「Right Here」や「Bye Bye Pride」、

「The House That Jack Kerouac Built」や「Streets Of Your Town」、

大好きな「Love Is A Sign」に「When People Are Dead」、

「Rock And Roll Friend」や「Dusty In Here」や「Second-Hand Furniture」、

「This Girl, Black Girl」や「You Won't Find It Again」なんていう珠玉の名曲たちが…♪

しかも最後の「You Won't Find It Again」は未発表っていう♪

もちろんそれら以外の曲も、歌心溢れた曲がギッシリ…♪

90年当時に買ったCDは1枚もので、数曲オミットされていたから、

この2枚組のアナログ盤はやっぱりありがたいものなんだよね♪

もちろん、オリジナル・アルバムだけでもいいだろうし、

CDだと2枚組仕様なんてものもあったみたいだから、今さらこの2枚組レコじゃなくてもいいと思うけど…♪

そんな彼等のこのアルバム、聴いてるのは上記したような「Beggars Banquet Records」からのアナログ盤♪
c0104445_16555589.jpg
歴代メンバーが載った見開きジャケ内部、クレジットとディスコグラフィーが載ったスリーブが嬉しいものだね♪
c0104445_1656519.jpg
いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2018-01-30 22:30 | ネオアコ・ギターポップ | Trackback | Comments(0)

Armed Forces / Elvis Costello & The Attractions

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、エルヴィス・コステロ&ジ・アトラクションズ 79年の『アームド・フォーセス』を聴いてます♪
c0104445_16525614.jpg
いやぁ、やっぱ最高だよね♪

ご存知のようにこれは、

コステロのこれに続くサード・アルバムで、

よくわからないけど、初期のアルバムの中では売れた方じゃないのかな?

個人的には最初はこのベスト盤に入っている「Accidents Will Happen」と「Oliver's Army」、

「Green Shirt」それらポップな3曲が入ってるし…そんな感じで確かCDを買ったんだよね♪

そしてそのポップな3曲以外も素晴らしくてね…♪

NWっぽい曲やビートルズっぽい曲、

ドラマティックだったりポップな曲や変わったワルツって趣の曲、

そしてトッド・ラングレンもカヴァーした「Two Little Hitlers」で終わるっていう…♪

そんな楽しんでいたCD、このレコをゲットして売却したんだけど…

あのニック・ロウ作の「 (What's So Funny 'Bout) Peace, Love〜」が英盤仕様だと入っていなくて…

その後コンピ盤買ってやれやれだったけど…♪

まぁ、今じゃそんな1曲でうだうだ言わなくても、ボーナス曲山盛りのCDや、

2枚組のCDやら、いろいろ出ているみたいだから、今さらだけどさ…♪

そんなこのアルバム、聴いてるのは普通の英盤安レコ…
c0104445_16543850.jpg
確かオリジナル・アナログは7インチが付いていたり、ジャケもギミックだったような…
c0104445_1654569.jpg
まぁ、その辺は詳しいところでご覧になられれば…うふ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2018-01-29 22:29 | Elvis Costello | Trackback | Comments(0)

ドイヒーなレコ!号外♪

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いやぁ、古今東西ひどいレコード数々あれど、

出来れば所有したくないってのは皆同じ…?

そんなひどいレコードで運悪く所有してしまったものを、

ここに公開して、今宵のブログのネタにしてしまおうという…

いやぁ、以前十数回やっていたこの企画、

久しぶりにやるっていうのは、先日そんなレコが到着したからで…

ご存知スクイーズの新作なんだけど…
c0104445_1617660.jpg


開封したらなんと…
[PR]

by hedoron | 2018-01-28 22:28 | ドイヒーなレコ! | Trackback | Comments(2)

Atlantic Crossing / Rod Stewart

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ロッド・スチュワート 75年の『アトランティック・クロッシング』を聴いてます♪
c0104445_237522.jpg
いやぁ、やっぱ最高だよね♪

ご存知のようにこれは、

ロッドのワーナー移籍第一弾となる6枚目のオリジナル・アルバムで、

トム・ダウドのプロデュースでロスとマッスル・ショールズで録音、

バックもブッカー・T&ザ・MG'sなどが参加したっていう…♪

そしてラストにあの有名な曲を配置した、

多分にロッドの代表作になるんじゃないかな?

アナログだとA面がFast Side、B面はSlow Sideとなっていて、

ちょっとファンキーだったりもするゴキゲンなロックン・ロールが詰まったA面はもちろん最高で、

特にロッドのヴォーカル…まぁ個人的にハスキーヴォイスが好きっていうのを差し引いても、

素晴らしいヴォーカルを聴かせてくれるし、

ロッド作含めた楽曲もいいものが多く、5曲っていうのが物足りないくらいに感じるもの♪

対してB面も負けてないくらい素晴らしくて、まぁ一般的にはラストの超有名曲なんだろうけど、

個人的にはそれよりも「I Don't Want To Talk About It」や「It's Not The Spotlight」、

「This Old Heart Of Mine」がほんと好きでね♪

もちろんラスト曲やロッド作の「Still Love You」もいいんだけどさ…♪

レーベルの移籍や有名プロデューサーとの仕事もだけど、

前年にフェイセズが解散したから、ここから心機一転ソロに専念って、

そんな思いもあったんじゃないのかな?なんて思うような、そんな充実のこのアルバム、

聴いてるのはいつぞやにここでゲットした国内盤安レコ…
c0104445_2382092.jpg
大西洋をひとっ飛び的な見開きジャケもアナログサイズだと最高で…うふ♪
c0104445_2383089.jpg
いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2018-01-27 22:27 | UK 75-79 | Trackback | Comments(2)

Zuma / Neil Young

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ニール・ヤング 75年の『ズマ』を聴いてます♪
c0104445_17241810.jpg
いやぁ、これもいいよね♪

ご存知のようにこれは、彼のこれに続くアルバムで、

これ以前の2作と違って、なんともポジティヴな響きに満ちた、

そんなアルバム…それは冒頭の力強い「Don't Cry No Tears」からわかるし、

続く名曲「Danger Bird」も、そんなに明るくないけど、

それでも前2作とは違う雰囲気なものだし…名曲っていえば「Cortez The Killer」なんて曲もあるし…♪

もちろん力強くポジティヴなものだけじゃなく、「Pardon My Heart」のようなアコースティックなものもあって、

アルバムとしてのバランスも良く、75年とは思えない、

もっと近年作みたいに思える、そんなアルバムなんだよね♪

その辺は我らがティーンエイジ・ファンクラブが「Don't Cry No Tears」をカヴァー…

っていうかほぼコピー?って趣でカヴァーしたヴァージョンの印象の強さも影響しているかな?

まぁ、こういうポジティヴなものより、物悲しかったりほろ苦かったりするものが好きな人は、

これ以前の2作の方がいいと思うけど…俺はこっち、いやどっちも♪

そんなこのアルバムはやっぱジャケットの印象のせいでちょっと分が悪いのかな?

ちょっと面白いけど、やっぱりどうなの、これ?って思うデザインのジャケだけど…

そんなこのアルバム、聴いてるのは普通の輸入盤安レコ…
c0104445_17243276.jpg
バーコードバッチリの独逸盤ですね…って、ジャケ裏面のイラストも♪
c0104445_17244294.jpg
いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2018-01-26 22:26 | Other Country | Trackback | Comments(0)

On The Beach / Neil Young

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ニール・ヤング 74年の『渚にて』を聴いてます♪
c0104445_17224588.jpg
いやぁ、これもいいよね♪

ご存知のようにこれは、彼の通算7枚目のアルバム…になるのかな?

なんでも仲間が亡くなった悲しみがまだ影響してる、

そんな作品みたいなこと、どこかにあった記憶があるけど、

そんなことも、冒頭のご機嫌な「Walk On」を聴くと、

「ほんと?」なんて思ったりしたけど、それ以降はロックでもフォーキーな曲でも、

どこかほろ苦い、どこか物悲しい、そんなメロディになっていて、

言われりゃ納得っていう、そんなものになっているんだよね…特にB面3曲の雰囲気ったら♪

それでも演奏はロックだしカントリー風味もちらほらあるし、

ブルージーだったりフォーキーだったりする、そんないいものになっているし、

歌世界は未だ不明な俺だけど、相変わらずの頼りないヴォーカルもいい感じだし♪

さらにジャケット、これは好きなジャケだよね♪

ビーチに佇み遠くを見つめる…のはいいけど、

砂浜に突っ込んでいる車…かな?それに隣にあるブーツみたいなもの?

そんな謎な部分が多いジャケ…これが見開きで見れたら…

所有レコはどんなに力を入れても見開かないけど、オリジナルとかはどうだったのかな?

まぁ、だからって買い直しなんて、もう極力したくない俺だから…♪

そんなこのアルバム、聴いてるのは普通の米盤安レコ…
c0104445_17225942.jpg
ってことで、他のアルバムは後ほどにでも…うふ♪
c0104445_1723755.jpg
いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2018-01-25 22:25 | Other Country | Trackback | Comments(0)

軋轢 / Friction

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、フリクション 80年の『軋轢』を聴いてます♪
c0104445_1720938.jpg
いやぁ、やっぱかっこいいよね♪

ご存知のようにこれは、

ニューヨークでコントーションズなどに参加していたレック、チコ・ヒゲらに、

ツネマツマサトシが参加した彼らのファースト・アルバムで、

坂本龍一のプロデュースでPASS RECORDSからリリースされた、

所謂東京ロッカーズを代表するようなもの♪

そのタイトなリズムの上でソリッドでフリーキーに暴れるギター、

そしてレックのヴォーカルが合わさったサウンドはもう最高にパンキッシュで強力なロック♪

まぁ、個人的には東京ロッカーズ関連もそんなに聴き込んでいる訳でもないし、

ニューヨークのノー・ウェーヴ関連もジェームス・チャンスのコントーションズくらいしか聴いてない…

坂本はもちろん?彼らに関してもこれ以外は数枚しか聴いてないし…結局今所有しているのはこれとこれだけっていう…

そんな俺だけどこのアルバムはやっぱ素晴らしいと思うし、

入手した当時から今まで、たまに聴きたくなる、そんな強力なロック・アルバムなんだよね♪

当時の我が国はメジャーな部分が歌謡界みたいだったろう?そんな80年代にはかなりマニアな存在だったと思うけど、

今聴くと、こういうものに影響を受けたバンド、90年代以降に多く出てきたんじゃないのかな?

それにそういう元祖的なものって、今聴くと結構しょぼく感じられたりすることが多いんだけど、

これはそんなこともない、やっぱ最高なものなんだよね♪

そんなこのアルバム、聴いてるのはKENWOODからの多分に再発盤…
c0104445_1720207.jpg
ってことで、他のアルバムは…ないので、どこかでご覧のほどを…うふ♪
c0104445_17203069.jpg
いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2018-01-24 22:24 | 日本のロック・ポップ | Trackback | Comments(2)

Harvest / Neil Young

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ニール・ヤング 72年の『ハーヴェスト』を聴いてます♪
c0104445_17154413.jpg
いやぁ、やっぱ素晴らしいよね♪

ご存知のようにこれは、

彼の4枚目のアルバムで、傑作と名高いもの♪

そんな評判で俺も若きに最初に聴いた彼のアルバム…

なんだけど、その時はピンとこなくてね…ダメだね。

でもそれから何年か経ってこの所有レコを入手して聴いたら、

ようやくその素晴らしいに気づいて…やっぱ傑作なんだな、って♪

どっしりとしたリズムとアコギやハーモニカの響きにカントリー風味が合わさったような、

そんな冒頭曲が聴こえてきた瞬間、名盤たることがわかるよね♪

最後まで捨て曲なんてないし、確かほぼナッシュビルの録音のせいか?

全体的にカントリーっぽい味付けが多いものだね♪

それでもストリングスやピアノでドラマティック盛り上げる曲や、

エレキが響き轟き渡る楽曲もあって…もちろんそんなサウンドもだけど、

上記したように楽曲自体の出来がいい、そんなやっぱり名盤、傑作なんだろうね♪

そんなこの名盤、聴いてるのは普通の国内盤安レコ…
c0104445_17155469.jpg
ありがたい対訳、そして解説とこんな見開きジャケサイズの歌詞が付いたもの…♪
c0104445_1716253.jpg
だから、CDなんて未だに買ってないんです…うふ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2018-01-23 22:23 | Other Country | Trackback | Comments(0)

Neil Young

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ニール・ヤング 69年のアルバムを聴いてます♪
c0104445_1714146.jpg
いやぁ、久しぶりに聴いたよね♪

ご存知のようにこれは、

ニール・ヤング栄光のソロ・デビュー作で、

俺如きが今更何言ったって…そんなものなんだけど、

これ以降の傑作群のせいか?

そんなに語られていないように感じられるもの…

軽快で牧歌的な雰囲気すら感じられるようなインストで始まって、

続いてちょっとエレキが鳴り響いてきて、来たかな?って思うも、

それでも全体的にはフォーキーな楽曲が多いように感じられるアルバムだね♪

もちろん曲の出来はいいし、そんなサウンドの按配が結構魅力、個性的なアルバムだと思うけど…♪

まぁ、上記した後の傑作群に思いを馳せると、

素晴らしいけど、まだまだ助走、本領発揮前って感じなのかな?この出来でね♪

そんなデビュー作、聴いてるのは普通の米盤安レコ…
c0104445_17142261.jpg
見開きジャケの内部には若き日の氏が…♪
c0104445_17144460.jpg
ってことで、未だ取り上げてないアルバムは後ほどに…うふ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2018-01-22 22:22 | Other Country | Trackback | Comments(0)