カテゴリ:UK 80-84( 56 )

Sound Of Music / The Adicts

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ジ・アディクツ 82年の『サウンド・オブ・ミュージック』を聴いてます♪
c0104445_1731188.jpg
いやぁ、これもいいよね♪

ご存知のようにこれは、ピエロのメイクでお馴染みの?

多分に我が国のニューロティカあたりにも影響を与えたんじゃないか?

そんな彼らのセカンド・アルバム…♪

まぁ、そんなギミック抜きにしてもこのポップで勢いのあるパンク・ロックは気持ちいいんだよね♪

タイトでスピーディーなリズムにノイジーで切れ味鋭いギター…♪

どこかでポップ・ビート・パンクみたいな言われ方しているのを見た記憶あるけど、

そんな安っぽい言われ方で終わるのは勿体無い、そんな小気味いいものになっているんだよね♪

まぁ、ピエロのメイクだから、軽く扱われるのはもはや宿命なのかもしれないけど…♪

そんな彼らのこのアルバム、聴いてるのは普通の輸入安レコ…
c0104445_17311378.jpg
ってことで、他のアルバムは…未所有っす♪
c0104445_17312224.jpg
いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ
[PR]

by hedoron | 2018-03-18 23:18 | UK 80-84 | Trackback | Comments(0)

Hatful Of Hollow / The Smiths

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、栄光のザ・スミス 84年の『ハットフル・オブ・ホロウ』を聴いてます♪
c0104445_23351582.jpg
いやぁ、これも素晴らしいよね♪

ご存知のようにこれは、

彼らのファーストに次いでリリースされたコンピ盤で、

コンピ盤なんて侮るなかれ!なんていうような素晴らしい内容になっているんだよね♪

シングル曲とBBCでのスタジオ・ライブを収録していて、

シングル曲の素晴らしさはもちろん、BBCの音源がまた素晴らしくてね♪

演奏の出来の良さは当然ながら、スタジオ版との微妙な違いも楽しめるし、

中にはスタジオ版よりいいんじゃないの?なんて曲もあったりして…♪

そんな素晴らしい内容だけど、それでもやっぱり他のオリジナ・アルバムよりいいのか?

って言われると…♪

個人的には確か『The Queen Is Dead』に次いで聴いた彼らのアルバムで、

最初はこれをスタジオ・ライブが入っているものなんて全然思わなくて…

これが純粋にオリジナル・アルバムでのセカンドって思ったもんね♪

そんな彼らのコンピ盤なのに重要極まりないこのアルバム、聴いてるのは英ラフ・トレード盤♪
c0104445_23352516.jpg
薄くて見えにくいけど、これにも例のマトリクス付近の謎のメッセージが…♪
c0104445_23354427.jpg
いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ
[PR]

by hedoron | 2018-03-06 22:06 | UK 80-84 | Trackback | Comments(0)

Q-TIPS

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、Q-ティップス 80年のアルバムを聴いてます♪
c0104445_231122100.jpg
いやぁ、最高だよね♪

ご存知のようにこれは、80年代にブレイクしたあのポール・ヤングが在籍したバンドで、

その唯一のアルバム…♪

まぁ、このバンドをご存知ない方はポール・ヤングのソロ作のサウンドを思い浮かべて、

きっつい80's打ち込みサウンド満載だろ?なんて思われるかもしれない…

でも、これはそんなサウンドじゃなく、

最高にゴキゲンなソウル・ミュージックが詰まったものになっているんだよね♪

あの80'sサウンドの中でもそのソウルフルな歌声だけは輝いていたポール・ヤングのヴォーカルに、

タイトなリズムにソリッドなギター、そして迫力のホーン・セクション…♪

その楽曲も有名ソウル・ミュージックのカヴァー曲群とオリジナル曲もあるし…♪

いやぁ、実はちょっと前にポール・ヤングのヒットしたあの「Everytime You Go Away」無性に聴きたくなって、

それでyou tubeで聴いたんだけど…やっぱりそのサウンドがなかなかキツくて…

それでこれを引っ張り出したら、なんでこのサウンドでソロ・デビュー出来なかったんだろう?

って、思って…まぁ、当時はああいうのが最先端のサウンドだった時代だったと思うから、しゃあないけど…

そんなことをあの頃の音、あの頃のポール・ヤングのサウンドに思うソウル・ミュージック好きの人には、

これは間違いなくお勧め出来るんじゃないかな?

どこかでネオ・モッズにも愛されたなんてあったの見たし…♪

そんな素敵なこのアルバム、聴いてるのは別段素敵でもない普通の国内盤安レコ…
c0104445_23113867.jpg
どこかでゲットした見本盤ですね…
c0104445_23114974.jpg
まぁ、ソウルに疎い俺如きのお勧めなので、気になる人はググってみてね…うふ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2018-03-04 22:04 | UK 80-84 | Trackback | Comments(0)

Fantastic / Wham!

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ワム! 83年の『ファンタスティック』を聴いてます♪
c0104445_23273451.jpg
いやぁ、やっぱ最高だよね♪

ご存知のようにこれは彼らのファースト・アルバムで、

運良く?リアルタイムのリリース時にレンタル?弟から?よく覚えてないけど、

カセットに録音できて、それからこの安レコをゲットするまで聴き続ける事が…♪

やっぱり最初は各面の頭とケツの4曲…♪

それが最高って思っていたけど、聴きすぎたせいか?気のせいか?俺の性格の悪さのせいか?

よくわからないけど、最近じゃその辺の…特に大好きな「Club Tropicana」を除く3曲の80'sサウンドの強烈さがちょっとだけ気になって…

もちろんそれでも最高だけど…だから、最近はそれ以外のファンキーでディスコティークな「A Ray of Sunshine」や「Come On」、

メロウなバラードの「Nothing Looks The Same In The Light」やミラクルズのカヴァーの「Love Machine」あたりが…って、

思えばその辺も当時から、っていうか8曲だからね♪

そんな強力な8曲が揃ったデビュー作とは思えない、いや次作を思えばそこへの助走的にも思えるこの内容、

やっぱり彼らの迸る才能の輝きを感じる、そんなアルバムなんじゃないかな?

白人でこの頃にここまでラップをフューチャーしたっていうのも、

今や評価されていいものなんじゃないかな?

そんなこのアルバム、聴いてるのは普通の国内盤安レコ…
c0104445_2328388.jpg
こんな豪華なブックレットが付いたもの…♪
c0104445_23281153.jpg
やっぱ世界は惜しいアーティストを亡くしたもんだよね…

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2018-02-20 22:20 | UK 80-84 | Trackback | Comments(0)

Learning To Crawl / The Pretenders

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ザ・プリテンダーズ 84年の『プリテンダーズIII 〜情熱のロックン・ロード』を聴いてます♪
c0104445_17283878.jpg
いやぁ、やっぱ最高だよね♪

ご存知のようにこれは、

クリッシーの姉さん率いる彼らのサード・アルバムで、

個人的にリアルタイムの新譜として初めて彼らを体験したもの♪

それがこんないいアルバムだったから、なんとも…♪

前作リリース後に起こった数々の苦難を乗り越えて、

ギターとベースをチェンジして、演奏はもちろんのこと、

ここでは楽曲の充実っぷりがなんとも素晴らしいものになっていて…♪

パワフルなロックンロールに始まり、

ポップ・ミュージックとしても高いポテンシャルを誇る名曲「Back On The Chain Gang」、

さらに「Show Me」や「2000 Miles」も名曲度が高いものだし、

それら以外もタイトなロックン・ロールの「Time the Avenger」や「Watching the Clothes」、

ヘヴィな質感の「My City Was Gone」や「I Hurt You」、

これまでのキンキー・ナンバーに変わるパースエイダーズのカヴァー「Thin Line Between Love and Hate」。

そんな心機一転的なのに、この初期の集大成的にも感じる素晴らしい内容♪

ギターのロビー・マッキントッシュはご存知ように後にポールの…って、

そんなことは敢えて触れなくてもいいようなこれは、やっぱり彼らの代表作なんて、

勝手に言ってもいいんじゃないかな?

そんなこのアルバム、聴いてるのは普通の国内盤…
c0104445_17285390.jpg
俺の新譜での購入盤としては超絶的に珍しい帯を捨てちゃった?ものだね…多分。
c0104445_1729187.jpg
マイジェネ風なジャケもいいし…うふ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2018-02-19 22:19 | UK 80-84 | Trackback | Comments(0)

Pretenders II

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、プリテンダーズ 81年の『プリテンダーズII』を聴いてます♪
c0104445_1726231.jpg
いやぁ、これもいいよね♪

ご存知のようにこれは、

クリッシーの姉さん率いる彼らのセカンド・アルバムで、

ファーストからさらにワンランク・アップしたようなもの…♪

演奏もさらにパワフルになって、楽曲のヴァラエティ具合もアップ、

そしてクリッシーのソングライティングも相変わらず冴えていて、

大好きな「Message Of Love」や「Talk Of The Town」なんていう名曲があって、

さらにワンランク・アップしたような、次作への布石なんていう風に感じる、

そんなものになっているんじゃないかな?

前作の「Stop Your Sobbing」に次ぐカヴァーは、

またもやレイ・デイヴィス作の「I Go To Sleep」で、これがまた素晴らしいんだよね…♪

以前どこかで記したように、ハーフ・シャドウなジャケットも英国っぽくて素晴らしいものだし…♪

そんな彼らのこのアルバムだけど、リリース後にメンバーの急死や解雇などがあり…

それでも素晴らしい次作で復活するんだけどさ…♪

そんなこのアルバム、聴いてるのは普通の帯なし国内盤安レコ…
c0104445_17263927.jpg
前作にあった対訳はここには無くて…ちぇ
c0104445_17264684.jpg
いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2018-02-18 22:18 | UK 80-84 | Trackback | Comments(0)

Pretenders

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、プリテンダーズ 80年の『愛しのキッズ』を聴いてます♪
c0104445_1725294.jpg
いやぁ、これもいいよね♪

ご存知のようにこれはクリッシーの姉さん率いる彼らのファースト・アルバムで、

80年のリリース、ほぼクリス・トーマスのプロデュースっていうだけあって?

なんともパンキッシュで、ちょっとNWっぽさもある、

そんなロック・アルバムになっているんだよね♪

さらにパンキッシュなナンバーだけじゃなく、

後の「Back On The Chain Gang」あたりにも通じるような、

クリッシーのソングライターとしても一流な部分が垣間みえる、

「Up The Neck」「Kid」「Brass In Pocket」なんかもあったり、

ザ・キンクスのナイス・カヴァーがあったり、時代を感じさせるインストがあったり…♪

そんな、かなりいい出来のデビュー作になっているんじゃないかな?

あとはやっぱりクリッシーのヴォーカルだよね♪

なんだろうね?この貫禄、余裕のヴォーカルは…本当にこれ以前ライターだったの?って感じの♪

その辺合わせて、彼らの個性爆発なんだろうね♪

まぁ、バンドとしては後にメンバーに不幸が連発したりして、

クリッシーのワンマン・バンド的になっていくんだけど、

ここではそんなことはなく、オリジナルの4人が作り上げた世界が出来上がっている、

そんな風に思うけど…♪

そんな彼らのこのアルバム、聴いてるのは普通の帯なし安レコ…
c0104445_17252471.jpg
それでも歌詞対訳解説が付いているし、
c0104445_17253158.jpg
最近全然聴いてないけどこれもなんかもあるから…まぁいいかと♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2018-02-16 22:16 | UK 80-84 | Trackback | Comments(0)

Synchronicity / The Police

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ザ・ポリス 83年の『シンクロニシティー』を聴いてます♪
c0104445_23432987.jpg
いやぁ、やっぱいいよね♪

ご存知のようにこれは、彼らの5枚目のアルバムで、

彼らの代表作であると同時に、80年代を代表する、

そんなアルバムじゃないかな?

イントロからスリリングな「シンクロニシティーI」から始まって、

サマーズやコープランド楽曲を挟みながら、

強力な「シンクロニシティーII」で終わるアナログA面の充実は凄いよね♪

これを膨らましてアルバム全体にしたら、なんて思うような…♪

さらにシングル・ヒット3連発からなるアナログB面も、

ラストの「サハラ砂漠でお茶を」でさえ捨て曲に感じない素晴らしいものだし…♪

やっぱ改めて彼らの最高傑作はこれじゃないのかな?

このあと、確か「高校教師」の新録だけで終わったセッションも、

多分にこれを超えるのは難しいから、結果よかったんじゃないかと…♪

そんなこのアルバム、聴いてるのは普通の米盤安レコ…
c0104445_23433819.jpg
なんだけど、こんな感じのヴィニールの色になっているね…♪
c0104445_23434647.jpg
なんでもジャケも米盤は色々色々ヴァリエイションがあるみたいね…うふ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2018-02-11 22:11 | UK 80-84 | Trackback | Comments(2)

Heaven Up Here / Echo & The Bunnymen

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、エコー&ザ・バニーメン 81年の「ヘヴン・アップ・ヒア」を聴いてます♪
c0104445_1658997.jpg
いやぁ、これも素晴らしいよね♪

ご存知のようにこれは彼らのセカンド・アルバムで、

なんでも人気評価の高い感じのもの♪

確か友人もこれをベストって言っていたけど、

当時の俺は「これがベストって言い切れるの?」なんて思ったけど…

でもこうやって、久しぶりに聴くと、

その意見も正しいのかな?なんて思うような、

前作からさらにスケール・アップ、さらに緊張感溢れる、

さらに多彩で凝ったアレンジなどなど…特にアルバムのトータルの出来って考えると、

冒頭曲から「Over The Wall」まで連なる部分や、

大好きなアグレッシヴなタイトル曲、アナログB面の展開などを聴けば、

やっぱりそうなのかな?なんて、今更ながら思ったりして♪

それでも楽曲的には後の「Killing Moon」あたりの相当するような、

キラー・ソングは見当たらない…強いていうとシングルになった「A Promise」なるのかな?

でも、この場合「A Promise」で緊張感がちょっと緩むから、いっそ別の曲だったら、なんて♪

いや、その緩みがアクセントになるのかな?

まぁ、その辺の楽曲のポテンシャルが、当時のライバル?だったU2あたりとの差になるんだろうね、きっと♪

そんな彼ら…ネオ・サイケなテイストを持った彼だけど、

「It Was A Pleasure」での壊れたファンクみたいな演奏なんて、

もっと違った展開を見られたような気がして、興味深いね♪

81年作だから、80'sサウンドも強烈じゃないし、

演奏もリズム隊がしっかりし過ぎているくらいだし、歌もギターもいい雰囲気♪

そんな風に思いながら聴いていると、U2みたいになれなかったけど、

別にいいのかな?なんて思ったりもして…♪

そんな彼らのこのアルバム、聴いてるのは普通の国内盤安レコ…♪
c0104445_16583233.jpg
ジャケットの美しさはU2以上の素晴らしさだと思うけど…うふ♪
c0104445_16584420.jpg
いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2018-01-08 22:08 | UK 80-84 | Trackback | Comments(0)

Volume,Contrast,Brilliance...Sessions&Singles vol.1 / The Monochrome Set

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ザ・モノクローム・セット 83年の「ヴォリューム、コントラスト、ブリリアンス」のVol.1を聴いてます♪
c0104445_20193618.jpg
いやぁ、これもいいよね♪

ご存知のようにこれは、

彼らのレアな音源、シングル音源などを集めたコンピ盤で、

CD時代も末期の現在…いや、ストリーミング躍進の現在に於いて、

このアルバムが、そして彼らみたいな素晴らしいアーティストがどういう扱いかわからないけど、

それでもアナログ時代からCD時代全盛の頃には、

以前取り上げたこれと同じく、愛聴した彼らのコンピ盤なんだよね♪

特に彼らみたいにシングル曲などがオリジナル・アルバムに収録されていないものが多い場合は♪

そして、オリジナル・アルバムのCD化が遅かったりした場合も…されてもストレートなリイシューだったりしてね♪

内容はもちろん、BBCなどの音源だろうとシングル音源だろうと、

相変わらず最高で、小気味いい演奏、エキゾチックだったりエスニックだったりする雰囲気、

パンキッシュでスピーディーなビート感、ネオアコ、ギター・ポップテイストなサウンド、

多分に皮肉や下ネタにあふれている歌世界(想像)

それらが合わさって出来上がったような彼らのストレンジなギター・バンド・サウンド♪

やっぱ最高なんだよね♪

そんな彼らのこのアルバム、聴いてるのは上記リンクのコンピ盤を聴いていた90年代にゲットした中古安レコ…
c0104445_20194856.jpg
収録曲は13曲だから、曲数が多いCDの方がお勧めかも?
c0104445_20195543.jpg
こんな80年代に出たコンピ盤の続編がそれから30年以上も経った去年に…それは後ほどにでも…うふ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2017-12-09 22:09 | UK 80-84 | Trackback | Comments(0)