カテゴリ:UK 75-79( 83 )

Checkpoint / Sailor

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、セイラー 77年の『チェックポイント』を聴いてます♪
c0104445_17495950.jpg
いやぁ、これもいいよね♪

ご存知のようにこれは、彼らのこれに次ぐ4枚目のアルバムで、

前作発表後に彼らのトレードマークとも言えるニッケルオデオン♪

その奏者の1人であるヘンリー・マーシュが脱退、

3人編成でリリースされたもの…そのせいか?

プロデューサーがブルース・ジョンストンとカート・ベッチャーのせいか?

これまでよりちょっと聴きやすいものになっているように感じるね…♪

まぁ、だからと言って悪いわけじゃなく、

彼らのポップセンスがよりストレートに伝わってくるものになっているんじゃないかな?

それまでのダブル・ニッケルオデオン体制?じゃなくなったけど、

その辺の違いは特に気にならなかった…っていうか、わからなかったっていう…♪

まぁ、相変わらずのモダンでグッド・メロディ満載なポップ・ミュージックが詰まっている、

それまでのアルバム同様に素晴らしいものになっているんじゃないかな?ジャケットは前作よりいいね♪

そんな彼らのこのアルバム、聴いてるのは多分に英盤安レコ…♪
c0104445_17501349.jpg
歌詞付きのスリーブが付いたもの…♪
c0104445_17502371.jpg
いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ
[PR]

by hedoron | 2018-05-23 22:23 | UK 75-79 | Trackback | Comments(0)

Sweet Silence / Mr. Big

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ミスター・ビッグ 75年の『甘美のハード・ロッカー』を聴いてます♪
c0104445_17482097.jpg
いやぁ、久しぶりに聴いたよね♪

ご存知のようにこれは、

あの米国の有名バンドとは同名異バンドとなる英国のバンドで、

ミック・ロックが写したジャケットの写真やその雰囲気、

ドラマティック、エキゾチックな部分もあるハード・ロックからクイーンをちょっと想像させるけど、

ヴォーカルが決定的に違うから本当にちょっと想像させるだけ…♪

それでもそんなんで片付けちゃ勿体無い、結構ヴァラエティに富んだ、

ポップな部分もたっぷりとあるグラム的なロック・アルバムになっているんだよね♪

なんでも4人組なのにドラムが2人いるっていうのは、

今こうやってじっくり聴いてもよくわかないし、そんな必要あるの?なんて思うけど…

後、クイーンみたいにもうちょっとルックスが良ければ、もっと人気出たのかも?

なんて思うような、残念な現在の人気評価だと思うけど…

そんな彼らのこのアルバム、聴いてるのは英盤安レコ…♪
c0104445_17483284.jpg
ジャケットは両面ヴィニールコーティングが施されているもの♪
c0104445_17484033.jpg
いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ
[PR]

by hedoron | 2018-05-22 22:22 | UK 75-79 | Trackback | Comments(0)

Metro

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、メトロ 77年のアルバムを聴いてます♪
c0104445_1747830.jpg
いやぁ、久しぶりに聴いたよね♪

ご存知のようにこれは、

あのイミディエイトから繊細な歌とギターを聴かせてくれたアルバムでデビューしたダンカン・ブラウンが、

ピーター・ゴドウィン、ショーン・ライオンズらと組んだユニットで、

そのデビュー作の次にこれを聴いたから、

特にグラム・ロックな匂い漂うジャケットの面持ちに驚いたよね♪

でも肝心の音の方は、77年作のモダン・ポップ的な音だけど、

そんなに大仰な部分はないし、楽曲もいいものが多いし、

シンセなんて味付け程度で、管弦楽器、ギターのキラキラしたサウンドなんかも素晴らしく、

68年作のデビュー作と比べるっていうのは無理がある、そんないいものになっているんだよね♪

ちょっとググると、冒頭曲がデビッド・ボウイの『レッツ・ダンス』でカヴァーされているだとか、

クレジットを見るとサイモン・フィリップスが参加しているだとかあるけど、

そんなことよりも、やっぱりここでのモダンで英国風味漂う素晴らしいロック、ポップ・ミュージック♪

これはマニアックなものにしておくのは勿体無いんじゃないかな?

そんな生意気なことを思ってしまうこのアルバム、聴いてるのは米盤安レコ…
c0104445_17472047.jpg
ジャケットにはプロモ盤的なシールがあるけど…?
c0104445_17473150.jpg
しかし3人のユニットなのにジャケ表面に映るのが2人っていうのはどうかと…♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ
[PR]

by hedoron | 2018-05-21 22:21 | UK 75-79 | Trackback | Comments(0)

Motors

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、モーターズ 77年のこのアルバムを聴いてます♪
c0104445_1747586.jpg
いやぁ、これもいいよね♪

ご存知のようにこれは、元ダックス・デラックスの二人に、

ブラム・チャイコフスキーなど合わせて結成されたバンドのデビュー作で、

パブ・ロックっていうよりも、

パワー・ポップ的なサウンドが聴けるもので、

彼らをチェックしていくと、キーボードをフューチャー云々っていう記述をよく見るけど、

このファーストではそれは全然目立たず、

全体的に歯切れよくソリッドなギター中心のサウンドに、

そこそこキャッチーな曲を演じてくれんだよね♪

こういうバンドには似つかわしくないような長尺な曲があったり、

レゲエ的なサウンドの曲があったり…♪

まぁ、正直どう贔屓目に見てもB級なバンドには間違いないだろうけど、

それでもこの頃のパワー・ポップ、パブ・ロック、パンクNWが好きなら聴いてもいいんじゃないかな?

意外にもプロデューサーがマットラングっていう…今知ったよ♪
c0104445_17472214.jpg
そんな彼らのこのアルバム、聴いてるのは英Virginからのアナログ盤♪
c0104445_17473180.jpg
ルックスはパブ・ロック的な悪さっていう…うひょ♪
c0104445_17473875.jpg
いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ
[PR]

by hedoron | 2018-05-03 22:03 | UK 75-79 | Trackback | Comments(0)

Strange Man, Changed Man / Bram Tchaikovsky

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ブラム・チャイコフスキー 79年の『パワー・ポップの仕掛人』を聴いてます♪
c0104445_19483690.jpg
いやぁ、やっぱいいよね♪

ご存知のようにこれは、

元モーターズのブラム・チャイコフスキーが結成したバンドで、

タイトルどおりなんとも痛快なパワー・ポップなアルバムになっているんだよね♪

タイトでタフなリズムにシャープで適度にラフなギター、

ポップでメロディックな楽曲にコーラスもバッチリ♪

そして、個人的にここが重要なんだけど、

79年っていう時代だから、それ以前のパワー・ポップなバンドと違い、

パンキッシュな勢いもある…♪

そんな…まぁ仕掛人がどうかはわからないけど、

タイトルどおりパワー・ポップ的な、いいアルバムになっているんだよね♪

もちろんブラム・チャイコフスキーだとかモーターズだとか、

マイナーな存在なのは否めないけど…♪

そんなこのアルバム、聴いてるのは普通の国内盤帯なし安レコ……
c0104445_19485654.jpg
時代を感じる邦題がいろいろあって…♪
c0104445_1949467.jpg
いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ
[PR]

by hedoron | 2018-04-20 22:20 | UK 75-79 | Trackback | Comments(0)

Don't Mind Rockin' Tonite / Ducks Deluxe

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ダックス・デラックス 78年のこのアルバムを聴いてます♪
c0104445_2312376.jpg
いやぁ、久しぶりに聴いたよね♪

ご存知のようにこれは、

シーン・タイラとマーティン・ベルモント中心に結成され、多分に2枚のアルバムを残し解散、

その活動の前後にヘルプ・ユアセルフ、モーターズ、タイラ・ギャング、グラハム・ パーカー&ルーモアなどが絡んだ、

まさにパブ・ロック的なバンド、って言ってもいいかも知れない、

そんな彼らのこれはコンピ盤で、2枚のアルバム+アルファの選曲で、

サウンドもこれぞパブ・ロック的なロックン・ロールからチラリとポップ・センスが光る曲まで…♪

多分にザ・クラッシュに先駆けてカヴァーした「I Fought The Law」、

ゼムでお馴染みの「Here Comes The Night」なんかのカヴァーセンスもいい感じだし…♪

だから結局2枚のオリジナル・アルバムがセットになったCDも買ったりして…♪

そんな彼らのこのアルバム、聴いてるのは多分に西ドイツ盤安レコ…
c0104445_23121520.jpg
ジャケ裏面にはプロデューサーであるデイヴ・エドモンズもいたり…♪
c0104445_23122322.jpg
いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ
[PR]

by hedoron | 2018-04-13 22:13 | UK 75-79 | Trackback | Comments(0)

London Calling / The Clash

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ザ・クラッシュ 79年の『ロンドン・コーリング』を聴いてます♪
c0104445_17155350.jpg
いやぁ、やっぱりいいよね♪

ご存知のようにこれは、彼らのサード・アルバムにして代表作であり、

最高傑作に挙げられることの多い名盤なのはもちろん、

英国ロック、パンク・ロックを代表する、そんなアルバムなんじゃないかな?

ファースト、セカンドと徐々に進化成長成熟してきた彼らのロックがここで…そして次作ではさらに♪

まぁ、そんなことは我らおっさんには耳タコだと思うけど、

今ちょっと思ったのは、これを今の若い人が聴いたらどう思うんだろ?

なんて…パンクっていうほどこのアルバムではパンキッシュな勢いは後退していると思うし、

ロカビリーやレゲエ、R&Bやスカ云々の要素を盛り込んだって言っても…

それでも冒頭のタイトル曲から、かっこいい曲が詰まっているし、

その幅広いテーマらしい歌世界やリスナーのために2枚組なのに1枚組の値段にしたエピソードとか、

最高にかっこいいジャケット含め、ロックを解る人には解ると思うけど…きっと♪

そんな何年も前に豪華版も出ているこの傑作、聴いてるのは普通の輸入安レコ…
c0104445_1716559.jpg
それでも歌詞と写真が付いたお馴染みのスリーブがあるから、まぁいいかと…うふ♪
c0104445_1716124.jpg
いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ
[PR]

by hedoron | 2018-03-25 22:25 | UK 75-79 | Trackback | Comments(0)

Crossing The Red Sea With The Adverts / The Adverts

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ジ・アドヴァーツ 78年の『クロッシング・ザ・レッド・シー・ウィズ・ジ・アヴァーツ』を聴いてます♪
c0104445_1729714.jpg
いやぁ、これもいいよね♪

ご存知のようにこれは、彼らのファースト・アルバムで、

英国パンク特集とかでちょいちょい見かけるもの…♪

自分もそんな感じで知って、この安レコをゲットしたんだけど♪

アグレッシヴで疾走感溢れるサウンドもいいし、

楽曲も印象的なものが多く…それでも良くも悪くもB級パンク以外の何者でもない、

だから、そんなものが好きな俺みたいな人ならいいけど♪

ジャケットもB級って感じだし、ジャケ裏面に映るメンバーはパンク以前って雰囲気もあるし…

それでも上記したようなパンク・ロックが好きならたまに聴きたくなるものなんじゃないかな?

どこまでコントロールしていたのかわからないけど、

プロデュースはあのジョン・レッキーだし…♪

そんな彼らのこのアルバム、聴いてるのはLINK Recordsからのリイシュー盤…
c0104445_17294155.jpg
収録されていないのに「Gary Gilmore's Eyes」がレーベルに記されているもの…
c0104445_17295167.jpg
いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ
[PR]

by hedoron | 2018-03-16 22:16 | UK 75-79 | Trackback | Comments(0)

Reggatta de Blanc / The Police

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ザ・ポリス 79年の『白いレガッタ』を聴いてます♪
c0104445_23411981.jpg
いやぁ、かっこいいよね♪

ご存知のようにこれは、彼らのセカンド・アルバムで、

パンキッシュなファーストから一転、

遂にテクニシャン達が本領を発揮し始めた…♪

そんな感じのするもので、それが冒頭の「孤独のメッセージ」の随時変わるリズム、

続くタイトル曲の演奏あたりからもうたっぷりと感じられるもので、

悪く言えば、パンクに便乗して出てきたんだね♪

なんて思える…まぁ、年齢やキャリアを思えばそうなんだろうけど♪

それでも、そんなケチくさいことは、ここでの充実の演奏、

よく出来た楽曲を聴いてるとどうでもいいだろうし、

一転って記したけど、パンキッシュな部分そこそこ、

レゲエ的な部分はまだまだ残っているし…♪

しかし、久しぶりに聴いたけど、やっぱ彼らの演奏、

凄いよね…「孤独のメッセージ」のイントロ弾くの、辛かったもんなぁ…♪

彼らの最高傑作は人によって違うと思うけど、近年は『シンクロニシティー』って感じなような気がするけど、

少なくとも初期の傑作はこれっていうのに異論はないんじゃないかな?

そんな彼らのこのアルバム、聴いてるのは普通の国内盤帯なし安レコ…
c0104445_23414850.jpg
それでも解説と歌詞、ありがたい対訳も付いているから、まだいいかと…♪
c0104445_23415843.jpg
アメリカ的なの?

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2018-02-09 22:09 | UK 75-79 | Trackback | Comments(0)

Atlantic Crossing / Rod Stewart

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ロッド・スチュワート 75年の『アトランティック・クロッシング』を聴いてます♪
c0104445_237522.jpg
いやぁ、やっぱ最高だよね♪

ご存知のようにこれは、

ロッドのワーナー移籍第一弾となる6枚目のオリジナル・アルバムで、

トム・ダウドのプロデュースでロスとマッスル・ショールズで録音、

バックもブッカー・T&ザ・MG'sなどが参加したっていう…♪

そしてラストにあの有名な曲を配置した、

多分にロッドの代表作になるんじゃないかな?

アナログだとA面がFast Side、B面はSlow Sideとなっていて、

ちょっとファンキーだったりもするゴキゲンなロックン・ロールが詰まったA面はもちろん最高で、

特にロッドのヴォーカル…まぁ個人的にハスキーヴォイスが好きっていうのを差し引いても、

素晴らしいヴォーカルを聴かせてくれるし、

ロッド作含めた楽曲もいいものが多く、5曲っていうのが物足りないくらいに感じるもの♪

対してB面も負けてないくらい素晴らしくて、まぁ一般的にはラストの超有名曲なんだろうけど、

個人的にはそれよりも「I Don't Want To Talk About It」や「It's Not The Spotlight」、

「This Old Heart Of Mine」がほんと好きでね♪

もちろんラスト曲やロッド作の「Still Love You」もいいんだけどさ…♪

レーベルの移籍や有名プロデューサーとの仕事もだけど、

前年にフェイセズが解散したから、ここから心機一転ソロに専念って、

そんな思いもあったんじゃないのかな?なんて思うような、そんな充実のこのアルバム、

聴いてるのはいつぞやにここでゲットした国内盤安レコ…
c0104445_2382092.jpg
大西洋をひとっ飛び的な見開きジャケもアナログサイズだと最高で…うふ♪
c0104445_2383089.jpg
いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2018-01-27 22:27 | UK 75-79 | Trackback | Comments(2)