カテゴリ:UK 90-94( 29 )

Live In London / Dr.Feelgood

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いやぁ、全然知らなくってね…

え?

いや、このことでね…

俺の数少ないギター・ヒーローの一人、ウィルコ・ジョンソンがそんな病気だったなんて…

知っていたらこないだの来日公演も無理してでも…はぁ…

もっとマメに情報の入手に力をいれないとだね…ふぅ

そんな俺ですけど、今聴いてるのはウィルコと関係なくて恐縮ですけど、これなんです…
c0104445_22345086.jpg
ご存じ、ドクター・フィールグッド 90年の「ライブ・イン・ロンドン」ですね♪

まぁ、以前から述べているように、俺にとって、っていうか好きな人にとって、

フィールグッドはウィルコでもジッピーでもなく、リーを中心としたバンド自体だと思っているから、

彼等のいない頃も…まぁ全部聴いた訳じゃないけど、充分楽しめるんだよね♪

そんなこれは、90年だから、オリジナル・メンバーはリーだけ…

それでも、ウィルコ時代やジッピー時代など、カヴァー曲含め新旧織りまぜたおいしい選曲で、

お馴染みのゴキゲンな演奏を聴かせてくれてるんだよね♪

もちろん、これやジッピー時代のライブよりいい!なんて言い切らないけど、

それでも、それらに負けないくらいいいこのライブ…やっぱいいんだよね♪

そんなこのライブ、聴いていて唯一ある不満が「She Does It Right」、そのギターでね…

もちろんギターはウィルコじゃないし、そのスティーヴさんもいい仕事してると思うけど、

やっぱこの曲のカッティング、これはちょっと物足りないね…

まぁ、上記したウィルコにこじつけた感あるけど、それでもやっぱこの曲のカッティングはね…

好きな人はわかるよね?ましてこの曲のカッティングを会得しようと試みた人はなおさらね…♪

まぁ、完コピすりゃいいって訳じゃないけど…

そんな複雑な思いで聴いているこのライブ盤は、ちょっと前に彼等のレコをまとめてゲットした時のもの♪
c0104445_2236340.jpg
普通のGrand盤だね。

ロンドンはザ・タウン&カントリー・クラブでのライブだからか?

こんな感じに英国ならではのものが歪んでいる、シンプルなからいいジャケだね♪
c0104445_22364483.jpg
いつもの彼?も歪んでるね…♪
c0104445_223768.jpg
さて、次はちゃんとしたウィルコ関連盤でもお届け出来れば…って言いながら、ジッピー時代の、なんてこともあるかも?うひょ♪
c0104445_22374186.jpg
しかし、ウィルコ…なんともやりきれないよね…ふぅ

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2013-02-15 19:49 | UK 90-94 | Trackback | Comments(2)

Gorgeous George / Edwyn Collins

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、エドウィン・コリンズ 94年の「ゴージャス・ジョージ」を聴いてます♪
c0104445_236354.jpg
いやぁ、これもいいんだよね…♪

ご存じのようにこれは、元オレンジ・ジュースのヴォーカリストである彼の、

確か3枚目のソロ・アルバムで、ついにヒット、そしてかなりヒットしたもの…♪

ちょっとマイナーなメロディ、サウンドが続き、最後に日が差す如く煌めくメロディが現れる冒頭曲から、

彼独自のソウル・ミュージック、ネオアコ、ギター・ポップ的なロック、

シンプルにアコギと歌だけの曲、ノイジーなギターなんかも聴こえるロックなどが詰まったものなんだよね♪

サウンドも、近年プロデューサーとしても活躍しているようにセンスのいいものだし、

なにより楽曲の出来がいいんだよね…特にメロディが♪

ヴォーカルも相変わらず独特なソウルフルな感じだし…♪

そんなこのアルバムは最初、リリース時期が時期だから買ったのはやっぱCDでね…

でもやっぱ素晴らしいから、CDじゃなく、素晴らしいレコで欲しくて…

そんなある時中古で発見、ゲットしたのが今聴いてるレコなんです…♪
c0104445_2382740.jpg
SETANTAからのもので、こんな歌詞とクレジットの載ったスリーブが付いてるね♪
c0104445_2385431.jpg
こんな素晴らしい作品なのに、このレコも、そして中古だとCDは多分に激安だと思うので…
c0104445_2392013.jpg
気になる人はどうでしょうかね?

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2013-02-08 22:08 | UK 90-94 | Trackback | Comments(0)

High Havoc / Corduroy

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、コーデュロイ 93年の「ハイ・ハヴォック」を聴いてます♪
c0104445_22432874.jpg
いやぁ、もの凄く久しぶりに聴いたけど、やっぱかっこいいね♪

ご存じのようにこれは、90年代のアシッド・ジャズ・ムーヴメントを代表する彼等?の、

そのセカンド・アルバムで、内容もそんなサウンド♪

一部の歌除きほぼインスト曲で、スパイ映画か昔の刑事物のBGMのような、

スリリングでクールでジャジーな楽曲は、かなりいいセンスしてるんじゃないかな?

演奏もなかなかの感じだし…♪

ジャケ裏面には…A CONCEPT ALBUMってあるけど…
c0104445_22442924.jpg
どんなコンセプトかは俺にはわかりません♪

現在聴くと、もっと時代を感じる音に聴こえるかな?

なんて思ったけど、そんなこと全然なかったね…♪

まぁでも、上記したようにほとんどインストだから、

そんなに頻繁に聴くもんじゃないんだけどさ…♪

そんなこのアルバム、聴いてるのはリアルタイムで買った英アナログ盤♪
c0104445_22443466.jpg
レーベルもなかなかいい感じだね…♪

でもこのジャケットの彼等はセンスがいいっていうより…ちょっと微妙?
c0104445_22445273.jpg
確か前作もあったと思うから、それもその内に聴いた時にでも…
c0104445_22452882.jpg
でも、ほぼ同じ感想だと思うけどさ…うふ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2012-12-19 21:17 | UK 90-94 | Trackback | Comments(0)

Stupidity+ / Dr.Feelgood

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ドクター・フィールグッド 91年の「Stupidity+」を聴いてます。
c0104445_22145729.jpg
いやぁ、これは某ナイス・リンク先で知ってから、

ポチッといくのをすっかり忘れていたちょっと前に、

なんとレコであるじゃないの!と、中古で発見、速攻ゲットとなったブツなんです♪

もうご存じのようにこれは彼等の英国でNo.1をゲットした最初のライブ・アルバムで、

邦題がなんと「殺人病棟」…

まぁ、そんな邦題は置いとくし、その素晴らしい内容も、

その内に単体、+じゃないのを聴いた時にでも記せればと思うけど…

そんなこれは「+」ってあるように、レコード1は通常のアルバムなんだけど、

ここで重要なのはレコード2♪
c0104445_22154936.jpg
ジャケ裏面の曲目も色違いでわかるように、赤文字の2曲はどうやら「殺人病棟」初回盤に付いていたシングル音源みたい♪

続く青文字6曲はジッピー時代のライブ♪

これは本編のウィルコ時代に負けず劣らず素晴らしいもの♪

そして最後の3曲はそれ以降のもの…だけど、3曲ともジッピー時代の名曲だし、

やっぱこのバンドの肝はウィルコでもジッピーでもなくリーだから、

誤解を恐れずにいうと、他のメンバーが変わっても楽しめるんだよね…♪

そんなこのレコ、聴いてるのはこんなEMI?Liberty?のレコ♪
c0104445_2215439.jpg
見開きジャケの中身はライナーと…
c0104445_22162647.jpg
いろんなライブ・フォトがあるね♪
c0104445_22162017.jpg
と、ついある思ってなかったレコをゲットして浮かれている俺だけど、

その後彼等の別のタイトルもゲットしたんだけど…それが…
c0104445_22171246.jpg
まぁ、その辺は後ほどにでも…うふ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2012-10-04 22:18 | UK 90-94 | Trackback | Comments(4)

Kiss This / Sex Pistols

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、セックス・ピストルズ 92年の「キス・ディス」を聴いてます。
c0104445_21322329.jpg
いやぁ、なんでもあの「勝手にしやがれ!!」の超豪華な35周年記念盤なんてものが出るみたいで、

既にリマスターされた単体CDは出ているのかな?

もちろんいくらリマスターされたっていってもそんなに気にならなかった俺だけど、

上記豪華版の縮小盤?って趣の2CD版なら、「勝手にしやがれ!!」のレコしか持ってない俺も気になるのかな?なんて思って、

その収録曲見るとなんかデモや別ミックスが多くて、なんか心引かれない2CDって感じでね…

だったら、これの方がいいかな?なんて思うこのアルバムは、

彼等のベスト盤になるのかな?

「勝手にしやがれ!!」全曲に「ロックンロール・スウィンドル」からやそれ以外からも美味しいところがぎっしり♪

それでも、ジャケのドイヒーさ加減や、意味不明な曲順など、不満点もあるんだけどさ…

そんないいような微妙なようなこのアルバム、聴いてるのは数年前に中古でゲットしたアナログ盤。
c0104445_2137729.jpg
見開き内部にはらしい写真のコラージュとライナーがあって、
c0104445_21373636.jpg
ジャケ裏面にはこれまたらしい書体で曲名が…♪
c0104445_2137598.jpg
上記2CDがもっと充実の内容だったらなぁ…
c0104445_21381354.jpg
って、あくまで「勝手にしやがれ!!」のDX版だろうから、しゃあないのか…♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2012-08-28 21:40 | UK 90-94 | Trackback | Comments(0)

Blue Lines / Massive Attack

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、マッシヴ・アタック 91年の「ブルー・ラインズ」を聴いてます。
c0104445_22173655.jpg
いやぁ、もの凄く久しぶりに聴いたよね♪

そんなこのアルバムは、彼等のデビュー作で、

なんともクールでダーク、研ぎすまされた硬質なビートに貫かれたそのサウンドは、

当時クラブ、DJカルチャーから産まれた所謂トリップ・ホップとか言われたもので、

彼等のこの作品はその括りの最初期のものみたい。

レゲエ、ダブ、ヒップホップ、ソウル、ファンク、R&B、テクノ、ロックなどを飲み込んだような…だから、実際そんなにのめり込んだ訳じゃないけど、

それでも、彼等やポーティスヘッドやトリッキーなど、有名どころは聴いたよね♪

歌ではレゲエのホレス・アンディって人も参加しているし、次作にはトレイシー・ソーンも参加しているし…♪

個人的には今の気分だとラストの一番ダークじゃない「hymn of the big wheel」かなぁ…♪

そんな彼等はあのブリストル出身で、彼等もだけど、あの地からは衝撃的なアーティストが多く産まれるんだね♪

そんなこのアルバム、聴いてるのは当時出た英国アナログ盤。
c0104445_22212478.jpg
「Wild Bunch」ってのは最初に名乗った名前みたいね♪

こんな感じの…
c0104445_22215073.jpg
美しいスリーブにはクレジットもしっかりと♪
c0104445_22222755.jpg
つるっとした部分としてない部分の対比が美しいジャケ&スリーブ…
c0104445_22225198.jpg
いいよね、うふ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2012-05-02 22:33 | UK 90-94 | Trackback | Comments(0)

Achtung Baby / U2

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、U2 91年の「アクトン・ベイビー」を聴いてます。
c0104445_22155766.jpg
いやぁ、これはご存じのように、最近超豪華仕様なブツなどでリイシューされた、

前作までのある意味本格的なロック・バンドな彼等が、意欲的な変身を遂げ、デジタル的なサウンドを打ち出した作品だね。

確か当時は賛否両論あったと思うけど、今から見ればこの変貌、変身は成功といっていいもので、

進化しながら新たなファンを取り込んで行く、その後の彼等の新たな出発点の一つって言っていいんじゃないかな?

もちろんデジタル的なサウンドが目立つ曲だけじゃなく「One」などの、従来のファンにもアピールする名曲もあるし、

デジタルって言っても、その後のデジ・ロックだっけ?それらに比べると随分と大人しいから、俺みたいなそれまでのリスナーも対応出来たしね♪

個人的には、この前作はそんなにハマらなくてね…だから、これも最初期待してなかったんだけど、

聴いたら「うひょー♪こりゃいいじゃない♪」って感じでね…♪それでも次作、次々作はまたハマらなかったんだけどさ…

そんなこの作品、聴いてるのは最初に聴いたカセットテープに次いで、地元レコ屋で買った英盤レコになるのかな?
c0104445_22164396.jpg
真っ白なスリーブにペラの歌詞カードが付いてるね♪
c0104445_2217251.jpg
ジャケにはいろんな写真が使われてるけど、1枚アダムの危険なものも裏面に…♪
c0104445_22172631.jpg
しかし、久しぶりに聴いたけど、やっぱこれはいいね♪
c0104445_22175555.jpg
でも、やっぱデラックス盤はいらないかな?高いし…うふ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2011-12-14 22:20 | UK 90-94 | Trackback | Comments(2)

KAWASAKI Live In Japan / Fairground Attraction

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、フェアーグラウンド・アトラクション 03年の「ライブ・イン・ジャパン」を聴いてます。
c0104445_22172391.jpg
いやぁ、やっぱ素晴らしいよね、これ♪

ご存じのようにこれは、彼等の最初で最後の来日公演の模様を収めたもので、

帯によると、その公演から、なんと15年を経てのリリースだったみたいね♪
c0104445_22174253.jpg
それでも、これはありがたいリリースだったよね♪

なんたって、冒頭の「ウインター・ローズ〜ハレルヤ」からわかるように、内容が途轍もなく素晴らしいし、

収録曲16曲中、なんと半数の8曲がリリースされずに終わった幻のセカンド・アルバム用の楽曲なんだもの!

ただでさえ感動的な素晴らしきライブなのにそんな内容…♪

だからハッキリ言って、以前取り上げた、彼等って言えばのこれこれとあわせて、

フェアーグラウンド・アトラクションの三種の神器って(勝手に)言えるものなんだよね♪

所有の国内盤CDには歌詞対訳解説に、
c0104445_22183439.jpg
マークとエディの素敵なメッセージが付いていて、これがまた感動をさらに引き立ててくれるんだよね♪

いやぁ、やっぱ素晴らしいバンドだったね…♪

そんな素晴らしいこのCD、実は初めてアマゾンから買ったものでね…

当時も、まぁ今もだけど、新譜リリースには疎い俺だけど、

これもリリース後に知ってね…

それで、アマゾン見たらこの商品ページに、「初回のみボーナスCD付」って、

いかにもポチッとするとそのボーナスCD付のものがくる!まだそれがある!

って、勝手に勘違いちゃって…ふぅ

まぁ、そのボーナスCD付じゃなかったけど、それでも上記したような素晴らしいライブだったから、

かなり愛聴したんだよね…ああ、久しぶり聴いても、やっぱいいなぁ…うふ♪
c0104445_2219951.jpg
いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2011-12-08 22:19 | UK 90-94 | Trackback | Comments(2)

The House Of Love

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ハウス・オブ・ラヴ 90年のアルバムを聴いてます。
c0104445_2123188.jpg
いやぁ、久しぶりに引っ張り出しけど、なんとも懐かしく、やっぱ素晴らしいね♪

これは彼等にとって、クリエイションからのデビュー作に続くセカンド・アルバムで、

前作同様セルフ・タイトルなのはメジャー移籍第一弾だからの新たな決意表明的な感じなのかな?

内容も充実で、特に彼等の中でもかなりのキラー・チューンだろう「Shine On」から、

こないだ取り上げた彼女もカヴァーした名曲「Beatles And Stones」、

この2曲だけでも、もう充分にいいアルバムってわかるよね♪

他にも躍動感溢れる「I Don't Know Why I Love You」などの曲や、

ガイ・チャドウィックの優しげなヴォーカルが響く「Blind」などの曲など…いやぁ、やっぱいいよね♪

しかし、彼等って言えば初期クリエイションを代表するアーティストのひとつだけど、

初期クリエイションだと結構ヴェルヴェッツやテレヴィジョンなどの影響が大きい、所謂インディって感じのギター・バンドが多い中、

彼等はそれらより、もうちょっとネオ・サイケ的なギター・サウンドが聞こえたりするし、インディ・ギター・バンドって感じもそれほどじゃなくて、

もうちょっとしっかりした、本格的な感じがするね♪

そんな彼等のこのアルバム、聴いてるのはフォンタナ盤♪
c0104445_21243892.jpg
こんな蝶々のインナースリーブが付いてるのに、
c0104445_21245292.jpg
さらにこんな歌詞カードまで♪
c0104445_2125681.jpg
いやぁ、こりゃレーベルも気合い入っていた感じだね♪

そんな彼等はなんでも数年前に再結成したようだけど…どうなったんだろうね???
c0104445_2125172.jpg
いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2011-10-23 21:26 | UK 90-94 | Trackback | Comments(2)

Oomalama / Eugenius

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ユージニアス 92年の「ウーマラマ」を聴いてます。
c0104445_21394022.jpg
いやぁ、これは以前ここでも述べたけど、リアルタイムで買って聴いたもの(CD)でね、

なんたって、ヴァセリンズのユージン・ケリー率いる「Captain America(キャプテン・アメリカ)」改めの彼等、

そのファースト・フルアルバムなんだから…♪

でも、その当時の俺のしょぼ耳にはピンとこなくてね…さっさと売却…

それからしばらく経った上記収穫の時に改めてその良さに気が付いて、

少し前にこの安レコをゲットしたんです♪

そして、いま聴いてるんですけど…♪

いやぁ、このノイジー・ギターが炸裂する、ちょっともっさりとした音の中からキラリと浮かび上がるポップ感♪

やっぱたまらないね♪

初期ティーンエイジ・ファンクラブとかのあの辺の音が好きなら、やっぱ気にいって当然なんだろうね♪

以前収穫したこのバンド名変更前のシングルからも数曲収録されてるね♪
c0104445_21404015.jpg
そんなこのアルバム、英Paperhouseからのもの…だと思うんだけど、
c0104445_21405733.jpg
レーベルにはちゃんと「Made In England」ってあるけど、ジャケ裏面にはなぜだか「Summershine」のシールが…
c0104445_2141125.jpg
このシールの下にクレジットかなんかあるんだろうけど…面倒だから剥がしませんよ…うふ♪

ちなみに初回だけなのか全部なのかこれまた不明だけど、こんな7インチシングルが付いていてね…♪
c0104445_21413266.jpg
これもレーベル見るとどっちがどっち?なのかちょっとわかりにくいね…
c0104445_21414763.jpg
でも、この7インチのジャケ表面のシールと、上記ジャケ裏面のシールが同じ番号だから…
c0104445_2142117.jpg
って、どうでもいいかな?うふふ♪
c0104445_21423084.jpg
ちなみに「Captain America」は確か商標的にダメだったそうです…ケチ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2011-07-25 21:46 | UK 90-94 | Trackback | Comments(2)