Pretenders

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、プリテンダーズ 80年の『愛しのキッズ』を聴いてます♪
c0104445_1725294.jpg
いやぁ、これもいいよね♪

ご存知のようにこれはクリッシーの姉さん率いる彼らのファースト・アルバムで、

80年のリリース、ほぼクリス・トーマスのプロデュースっていうだけあって?

なんともパンキッシュで、ちょっとNWっぽさもある、

そんなロック・アルバムになっているんだよね♪

さらにパンキッシュなナンバーだけじゃなく、

後の「Back On The Chain Gang」あたりにも通じるような、

クリッシーのソングライターとしても一流な部分が垣間みえる、

「Up The Neck」「Kid」「Brass In Pocket」なんかもあったり、

ザ・キンクスのナイス・カヴァーがあったり、時代を感じさせるインストがあったり…♪

そんな、かなりいい出来のデビュー作になっているんじゃないかな?

あとはやっぱりクリッシーのヴォーカルだよね♪

なんだろうね?この貫禄、余裕のヴォーカルは…本当にこれ以前ライターだったの?って感じの♪

その辺合わせて、彼らの個性爆発なんだろうね♪

まぁ、バンドとしては後にメンバーに不幸が連発したりして、

クリッシーのワンマン・バンド的になっていくんだけど、

ここではそんなことはなく、オリジナルの4人が作り上げた世界が出来上がっている、

そんな風に思うけど…♪

そんな彼らのこのアルバム、聴いてるのは普通の帯なし安レコ…
c0104445_17252471.jpg
それでも歌詞対訳解説が付いているし、
c0104445_17253158.jpg
最近全然聴いてないけどこれもなんかもあるから…まぁいいかと♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2018-02-16 22:16 | UK 80-84 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://hedoron.exblog.jp/tb/29281639
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]