Ruby Vroom / Soul Coughing

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ソウル・コフィング 94年の「ルビー・ヴルーム」を聴いてます♪
c0104445_161611.jpg
いやぁ、やっぱ最高だよね…♪

ご存じのようにこれは、

最近アナログでリイシューされた彼等のファースト・アルバムで、

以前から述べてきたように、個人的に90年代の衝撃的アルバムの1枚って趣のもの♪

もう冒頭の「Is Chicago, Is Not Chicago」から最高で、

頼りないギターカッティングに続いて激しくアップライト・ベースが躍動♪

クールでラフなヴォーカルにタイトなドラム♪

そしてサンプラーからの効果的なサウンドにチャド・ブレイクのプロデュース♪

これらが合わさって織り成すクールでタイトでジャジーでグルーヴィーな音世界は、

まるで彼等出身のニューヨークを思わせる…って行ったことないけど♪

そんなかっこいいもの…だからホントよく聴いたんだよね♪

まぁ、上記リンクで記したようにこれは当時確かCDのみのリリース、

だから仕方なくCDで聴いていて…なおかつその内に売っちゃったりして…♪

だから、このアナログでのリイシューはありがたかったし、数年ぶりに改めて聴きまくっているって訳♪

いやぁ、リリースから20年以上たってもまだこのアルバムの刺激的な様は有効じゃないかな?

なんて…そんな風に思ったりするようなもの…♪

そんなこのアルバム、聴いてるのは以前到着時の上記リンクに記したけど、

Rhinoからのリイシュー…になるのかな?
c0104445_1616281.jpg
ジャケはシングルでスリーブは真っ白だから、詳細はジャケ裏面のクレジットになるね…♪
c0104445_16165570.jpg
レーベルは変な悪魔?がいるこんな感じのもの♪
c0104445_16171726.jpg
やはりCD用のデザインを大きくした感のあるジャケのデザインも、
c0104445_16173394.jpg
個人的には好きなジャケ…♪

ってことで、同じくリアルタイムで買って売っちゃったセカンドのアナログ♪
c0104445_16174926.jpg
これを改めて捜索することにしますかね…あ、サードもね、うふ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2015-10-27 22:11 | US 90-94 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://hedoron.exblog.jp/tb/24766609
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mangohboy at 2015-10-27 22:32 x
確かにまずジャケの良さで飛びつきましたね!当時の雑誌のレヴューがチェックしたキッカケでしたが店頭でこのクールなジャケを見て買い決定に至ったワケで♪音も当時の空気を真空パックして永遠に新鮮な刺激は減じないでしょう…しかしこのレベルを落とす事無く活動を続けるのは至難ですよね…
Commented by へどろん at 2015-10-28 20:45 x
mangohboyさん、コメントありがとうございます♪

いやぁ、自分も雑誌の、多分クロスビートあたりだと思いますけど…でもホント衝撃的に最高でしたよね♪
そうですね、期待して聴いたセカンドは期待外れだった記憶が…多分同じ思いの人が多かったのか?そのセカンドのアナログ、中古でよく見ましたから…せっかくファーストと違い最初からアナログで出たのに…うふ♪