Gerry Rafferty and Billy Connolly / The New Humblebums

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ザ・ハンブルバムズ 69年の「ザ・ニュー・ハンブルバムズ」を聴いてます♪
c0104445_2137911.jpg
いやぁ、やっぱ素晴らしいよね♪

ご存じのようにこれは、

以前同じレコなのに2回も取り上げてしまったこの最高のアルバムの主で、

後の世界的にヒットするジェリー・ラファティが在籍したデュオで、

これはその2枚目、ジェリー加入後初のアルバムになるんだよね♪だからニュー?

以前取り上げた次作もそうだけど、ノスタルジックでフォーキーでカントリー的なビリーの楽曲も楽しくて素敵だけど、

ここはやっぱり個人的にジェリーの楽曲なんだよね♪

もうホント素晴らしくてね♪

さすがにグラスゴーのポール・マッカートニーって言われるだけある、

またはビートルズがフォーク・ロック・グループだったら?なんて言われるそのポップ・ミュージック♪

アコースティックなサウンドなんだけど、木管楽器などが彩るその牧歌的な響きは、

もう英国の森の中って趣きで、ほんといい感じなんだよね♪

特に冒頭を飾る「Look Over the Hills & Far Away」や「Patrick」「Her Father Didn't Like Me Anyway」♪

さらに物悲しい「Rick Rack」や上記リンクのソロを思わせる「Please Sing a Song For Us」などなど…♪

いやぁ、以前取りあげた次作もいいけど、やっぱ彼等の最高傑作はこれじゃないかなぁ…パトリックのジャケもいいし♪

そんなこのアルバム、聴いてるのは以前ここでもちょっと触れた、なかなかドイヒーな紙ジャケCD…

だったんだけど、ちょっと前にようやくレコをゲットしてね♪
c0104445_21385753.jpg
まぁ、厳密に言うと、トランスアトランティックの初回レーベルじゃない?と思うけど、

それでも、このレコは入手に苦労してね…

ジャケの紙質のせいかコンディションがいいものと出会ったことないし、

以前eBayで落札したのもコンディションが予想以上にドイヒーだったし…

さらにそれを売ったらば落札者がここでの恐怖の電話男でね…ふぅ

だから、ようやく許容範囲内のレコでゲット出来てなによりなんです♪
c0104445_21402152.jpg
レーベルの脇にはちっちゃく「PORKY」ってあるし…♪

ジャケのコンディションもなかなかだし、盤面もきれい…でもなぜかプチプチ音が目立つんだよね…ふぅ

とにかく、上記リンクのジェリーのソロ同様に、お勧めなので…
c0104445_2141429.jpg
気になる人で、俺の怪しいお勧めを聴いてもいいって方は…ぜひ、うふ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2013-06-14 21:58 | UK 65-69 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://hedoron.exblog.jp/tb/20183280
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]