Their First LP / The Spencer Davis Group

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ザ・スペンサー・デイヴィス・グループ 65年の「ゼア・ファーストLP」を聴いてます。
c0104445_22141594.jpg
いやぁ、やっぱいいよねぇ…♪

ご存じのようにこれは、あのスティーヴ・ウィンウッドがいたグループのファースト・アルバムで、

なんとも驚きのティーンなのに、達者なオルガンはもちろん、ギターに、驚愕のヴォーカル♪

冒頭曲の途中から飛び込んで来る歌声や、

あのスティーヴ・マリオットと比較しても面白い「Every Little Bit Hurts」なんか聴いてると、

ホントにティーン?なんて現在でも思ってしまう強力強烈なもの…♪

グループの演奏も悪くないし、楽曲も、まぁファースト故か、まだカヴァーが多いけど、

選曲もなかなかのセンスじゃないかな?

3曲あるオリジナルも、2曲がスティーヴの単独作だし、

「Here Right Now」なんてブルージーな曲や「It Hurt Me So」なんてセンスのいい曲聴いてると、

オルガン、ギターあわせて、凄いっていうより、なんとも恐ろしいティーンって感じも…うひょ♪

そんな彼等のこのファースト、聴いてるのは御覧の紙ジャケCD♪
c0104445_22161338.jpg
ブックレットはないけど、歌詞対訳、充実の解説、

それに他の2枚を買うと彼等の音源を大体揃えられちゃうっていう優れもの♪
c0104445_22162971.jpg
ってことで、他のタイトルや、この作品の9曲も入っているボーナス曲などは後ほどにでも…うふ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2012-08-10 22:19 | UK 65-69 | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : https://hedoron.exblog.jp/tb/18328161
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 驚きのスィーン at 2012-08-11 00:47 x
いやあ、たしかこの時スティーヴは16か17でしたっけ?
ってことはトラフィックの時でもハタチ前・・・それでいてあの深い深い音楽性・・なんとも信じがたいことっすね。
高見山似のピート・ヨークのドラミングも好きっす。
Commented by t-izu at 2012-08-11 20:36 x
へどろんさん、こんばんは

SDGのCD化って遅れてましたからこの紙ジャケ・リイシューは、世界的事件だったんじゃないでしょうか。

私はこの1stだけアナログ盤に縁が無かったので特に嬉しかったです。

SDGの他のタイトルというと、ジャケット、編集、音質も異なるUS盤2枚もなかなかですが、必携、必聴なのはr.p.mから出た発掘音源『Mojo Rhythms & Midnight Blues Vol.1,2』だと思います。

Commented by 恐ろしいヘィーン at 2012-08-11 21:13 x
いやぁ、ホントに凄いっすよね♪
悪魔と契約でもかわしたんじゃないのか?なんて思ったりする凄さですよね♪歌に演奏に曲作りに…♪
高見山…♪ジェシーをハワイの空港で目撃して喜んだ数年前の俺…うふ♪
Commented by hedoron at 2012-08-11 21:17 x
t-izuさん、コメントありがとうございます♪

いやぁ、そうでしょうね♪帯にも世界初CD化ってありますし…♪
自分はベストしか持ってなかったんで、嬉しい3枚でした♪
オリジナル・アナログなんて自分には無理ですし…だから、もうこれで充分…でも、仰られる発掘音源、気になりますね♪

安く発見できたらば…うふ♪
Commented by hirowilbury at 2012-08-11 21:30 x
へどろんさん、お久しぶりです。
彼らのアルバムは、オリジナルの形でなかなか復刻されませんでした。1996年にアルバム収録曲をすべて収めたベストは発売されましたが、オリジナルの形はバラバラに分解されてたし。
久々に引っ張り出して聞きます!
Commented by hedoron at 2012-08-11 21:48
hirowilburyさん、コメントありがとうございます♪

いやぁ、96年にそんなものが出ていたとは!
じゃあ、帯の世界初CD化っていうのも、微妙な記載なんですね♪
早熟の超大物を輩出したバンドにしては、なんとも遅いCD化でしたよね…うふ♪