Dirty Work / Rolling Stones

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ローリング・ストーンズ 86年の「ダーティ・ワーク」を聴いてます。
c0104445_2211039.jpg
いやぁ、かっこいいよね♪

ご存じのようにこれは、ミックのソロとかのせいで?キース主導で作られたらしいアルバムで、

そのことはジャケット中央にキースがどどんといるところからも伺えるね…♪

内容も、ギターがいい鳴りしてる尖ったロック・アルバムで、

イントロからかっこよく、当時の二人の雰囲気を醸し出してるPVも印象深い「ワン・ヒット」や、

「ファイト」「ホールド・バック」「ダイティ・ワーク」あたりがそんな感じ色濃く、

他にもソウルフルなカヴァー「ハーレム・シャッフル」や、レゲエの「トゥ・ルード」、

トム・ウェイツのピアノをバックにキースが歌うバラッド「スリープ・トゥナイト」などなど…♪

その後、最後におさめられた短いピアノ・ソロでアルバムは幕を閉じるんだけど、

そのピアノはちょっと前に亡くなったイアン・スチュアートもの…

そんなこのアルバム、ここでも述べたけど、実はリアルタイムでの初ストーンズ体験アルバムでね♪

だから思い入れたっぷりなんだよね…♪

っていうか、個人的にだけど、こんなこと言うとコアなファンの人に怒られそうだけど、

実はこのアルバム以降のアルバムで、ハマったストーンズのアルバムってないんだよね…

初来日絡みで次作なんてよく聴いたけど、今じゃそんなにだし、それ以降のも買って聴いてるんだけど、やっぱりそんなに…

いったいなんでだろう?なんて、個人的にも疑問なんだよね…思い当たるっていうと、

彼等が、っていうかミックとキースが和解して、健康的になったっていうくらいだし…う〜む

まぁ、その辺の疑問はその内に解消されると思うけど…多分…

そんなこのアルバム、聴いてるのは国内安レコ♪
c0104445_22125825.jpg
ご存じのように、赤いシュリンクの上にシール?ステッカー?が貼られたもの♪
c0104445_22131520.jpg
後は解説歌詞対訳とマンガの台詞も訳されているね♪
c0104445_22133157.jpg
ちなみにシュリンクを剥がすとこんな感じね♪
c0104445_22134855.jpg
しかし、久しぶりに聴いたけど、ちょっとプロデューサーのせいか?エンジニアのせいか?80年代っていう時代のせいか?

さすがのストーンズさえも、ちょっとドラムの音色とかに時代を感じるような…気のせい?
c0104445_22135329.jpg
いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2012-06-06 22:15 | The Rolling Stones | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : https://hedoron.exblog.jp/tb/18068257
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mangohboy at 2012-06-06 23:07 x
へどろんさん、こんばんわ。
自分もリアルタイムではコレが初ストーンズでした。
遡って全盛期のビンテージアルバム群も当然好きになりましたが、
やはり最初に聴いた思い入れは根強いらしく、ちょっと前のリマスター再発の時も
「スティッキー・フィンガーズ」「メインストリート〜」とコレの3枚だけ
紙ジャケ購入するというバランスの悪いことしてました・・・
Commented by MASA at 2012-06-06 23:48 x
ワタシはこのアルバム、買った当時聴いたっきりで印象薄いです、すいません(笑)
プロデューサーはスティーヴ・リリィホワイトですもんね。面白い組み合わせです。
そういやあトーキング・ヘッズの「NAKED」もこの人だっけ。
Commented by hirowilbury at 2012-06-07 11:09 x
へどろんさん、毎度です。
ストーンズが「ストーンズらしい」毒を発していたのは、このアルバムまでじゃないでしょうか?
前作「アンダーカヴァー」に関しても、賛否はありましたが時代の流行を追って、ぞれを自分たちのモノに取り入れたしたたかな、ストーンズらしいアルバムだったと思ってます。
このアルバムもSLホワイトがプロデュース。当時旬ですよね、彼は。
その後、ストーンズは「スティール・ホイール」で「ストーンズのコピー」に走ります。世間も「おっ!ストーンズが帰ってきた!」みたいな風潮になりましたよね。
ここら辺りからです、日本でストーンズ、ストーンズと騒ぎ出したのは。来日も重なって、大いに盛り上がりました。。
「DIRTY WORK」の頃は、今みたいにストーンズ人気って日本ではまだ低かったと記憶してます。勿論、ファンはいたから売れてましたが。。
小生もこのアルバムは大好きです。キース中心での制作でしたが、今みたいに「ミック」「キース」が個になっていない、「ストーンズ」としてのアルバム。
「ワン・ヒット」のPVは今見てもゾクゾクしますね。
Commented by hedoron at 2012-06-07 21:56
mangohboyさん、コメントありがとうございます♪

いやぁ、同じくリアルタイムはこれでしたか♪
やっぱ思い入れたっぷり抜きにしてもいいアルバムですよね♪
そういうバランスの悪い買い方って結構やっちゃいますよね♪
名盤&自分の好きな盤って考えて…なかなか全部買いも厳しいですしね…うふ♪
Commented by hedoron at 2012-06-07 21:58
MASAさん、コメントありがとうございます♪

いやぁ、印象薄いっすか…自分はアルバム単位だとこれからなんで印象深いアルバムっす♪
当時人気のリリーホワイトですから…やっぱ旬のプロデューサーを使うんですね、彼等は…うふ♪
Commented by hedoron at 2012-06-07 22:03
hirowilburyさん、コメントありがとうございます♪

いやぁ、やっぱインパクトだと来日あわせた次作なんでしょうね…でも当時はよく聴きましたけど、「Sad Sad Sad」だったら、全然「One Hit」の方が、って個人的には思うんですよね♪

そしてこれ以降のアルバムもいいんでしょうけど、なんかハマらないんですよね…う〜ん「ストーンズのコピー」って思う訳でもないんですけど…うふ♪