Talking Heads:77 / Talking Heads

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、トーキング・ヘッズ 77年のアルバムを聴いてます。
c0104445_21572031.jpg
いやぁ、これもいいよね♪

ご存じのようにこれは、彼等のデビュー作で、

パンクのカテゴリに入れていいのか?なんて思うくらいな、

クールな人力の尖ったビート、存在感のある歌に、レベルの高い楽曲…♪

まだファーストだから、後の「Remain In Light」あたりのワンランク上の作品にくらべるとまだまだって感じだけど、

その分、初々しさがあるから、他のバンド同様デビュー作ってやっぱいいんだな、って思うよね♪

シンプル極まりない表ジャケは微妙だけど、裏ジャケに写るメンバーなんて、
c0104445_21581233.jpg
後の風貌と違って、若々しいグッド・ルッキンだから、あわせてより新鮮だよね♪

風貌って言えば、インナースリーブにも写っていて…
c0104445_21583845.jpg
この写真もいいんだよね♪

ちなみに裏面には歌詞がちゃんと♪
c0104445_21585520.jpg
そんなこの所有盤、彼等って言えば?の米サイアー盤ね♪

で、ちょうど今サイコ・キラーのイントロが聴こえてきたけど、

このアルバム中多分一番有名なこの曲がアルバム唯一のデヴィッド・バーン単独作じゃないっていうのがまたいい感じじゃないかな?

バンド感がある感じでね…♪
c0104445_21594056.jpg
そうそう、彼等って言えば、そのバンド名、これも最高にクールだよね…うふ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2012-03-22 22:01 | N.Y.Punk | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : https://hedoron.exblog.jp/tb/17706773
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hirowilbury at 2012-03-22 23:11 x
トーキング・ヘッズ、好きです。
なんだろ、このモダンなのにパンクな感じ。
お洒落なのに怒りを感じる音。
このアルバム、小生も大好きな一枚です。
昔「ストップ・メイキング・センス」の映画にはまった想い出があります。
Commented by OASI-Z at 2012-03-22 23:40 x
「Remain In Light」が、80年代全体を通してもベスト・アルバムみたいに言われていますが、
トーキング・ヘッズをこの1stアルバムから、「True Stories」あたりまで聴いてみると
明らかに「Remain In Light」が異質なアルバムである事が、わかります。
個人的には「黒人リズム隊」の力を借りないで作った、この70年代後半と、
80年代中期のトーキング・ヘッズこそが、このバンドの本質的な部分だと思います。
デヴィッド・バーンは、イノヴェイティヴな人だからこれだけ色々な音楽を世に放つ事が出来たのでしょうね。
Commented by hedoron at 2012-03-23 22:26
hirowilburyさん、コメントありがとうございます♪

いやぁ、お好きでしたか♪確かにモダンにも感じますよね♪
まぁ、アルバムに関してはこれが一番とは思いませんが、それでもやはりデビュー作はいいもんですよね♪
その映画は未見な相変わらず映像作は疎い自分でした…
Commented by hedoron at 2012-03-23 22:30
OASI-Zさん、コメントありがとうございます♪

いやぁ、RILの評価の高さはいつぞやのレココレでもわかる感じですよね♪
確かに俯瞰に見るとあのアルバムだけ浮いてるっていうか異質っていうか…でも、それも、それ以外もやっぱ好きでちょくちょく聴いちゃいますね♪

あのシーン発っていうのもあるんでしょうけど、こういう彼等の作品聴いてると、やっぱなかなか独特のバンドでしたよね…もっと作品残してれば…なんて、うふ♪