Terry Callier / What Color Is love

どうも♪アクセスありがとう!へどろんです。

いま、テリー・キャリアー 73年作「What Color Is love」を聴いてます。
c0104445_013965.jpg
いやぁ、このレコードは、

90うん年頃に新潟の某レコード屋さんで聴かせてもらって、買ったものでね、

それから、今に至るまで好きでちょびちょび聴き続けてるんだよね。

でも彼の作品で最初に聴いたのは、ファーストになるのかな?これでね、
c0104445_02851.jpg
正直、このフォークでもジャズでもないような感じのものにピンとこなくてね、

だから上記盤も最初はどうだろ?って思ったんだけど、聴かせてもらったらすごく良くてね…

シンプルなギターのアルペジオから始まり、どんどん盛り上がっていく長尺な「Dancing Girl」。

美しいタイトル曲。

ファンキーなパーカッションがかっこいいこれまた長尺な「You Goin' Miss Your Candyman」。

長尺曲のせいかA面は3曲だけ。

ソウルフルでスケールの大きいナンバーやちょっとフォークっぽいナンバーがあるB面ともども、

ソウルなのかR&Bなのかフォークなのか、いや、その全部を彼流に消化した彼のサウンド…

それは当時たいして売れなかったみたいだけど…そういう時代じゃなかったのかな?
c0104445_022979.jpg

現在、さっきよりワンランクアップの21位です!いつもクリック誠にありがとうございます♪
更なる上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪

人気ブログランキングへ
[PR]

by hedoron | 2009-06-26 00:04 | Soul,Funk | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://hedoron.exblog.jp/tb/11824006
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]