Now I Got Worry / The Jon Spencer Blues Explosion

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ザ・ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン 96年の「ナウ・アイ・ガット・ウォリー」を聴いてます♪
c0104445_16561050.jpg
いやぁ、なんとも最高だよね…♪

ご存知のようにこれは、以前取り上げた彼等のこの傑作に次ぐアルバムで、

個人的にはその『オレンジ』の方が好きだけど、これもいいんだよね…♪

ちょっとその前作ほどのまとまりはないけど、

そのとっ散らかった分、ラフなアグレッシヴさがハンパなくて、

もう強烈にファンキーにブルースの爆発を起こしている、そんなアルバムなんだよね♪

ご存知のようにベースレスな彼等なのに、そんなこと言われなきゃどうってことないような、

そんな感じが音からも佇まいからも感じられるし…♪

こういった強烈な音を聴くと特に思うのが、

今のテレビから聴こえてくるJ-POP的な人気らしきロック・バンド的なものに対し、

何ダサさを恐れてやっているんだろう?なんていうように…って、もうやめとくけど…

そんな思いは今こうやって久しぶりに聴いても変わりなく、

20年くらい前に彼等なんかを俺の中から蹴飛ばしてくれた彼等の暴走、

やっぱ最高なんだよね…♪

そんな彼等に能書きは不要だろうから、このくらいにして…未聴なロック・キッズはどこかで聴いてね♪

そんなこのアルバム、聴いてるのは米Matadorからのアナログ盤♪
c0104445_1656225.jpg
こんなスリーブが付いてますね♪
c0104445_16563482.jpg
ってことで、他のアルバムなどは後ほど…うふ♪
c0104445_16564774.jpg
いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2017-09-15 21:15 | US 95-99 | Trackback | Comments(0)

American Football

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、アメリカン・フットボール 99年のアルバムを聴いてます♪
c0104445_20165720.jpg
いやぁ、これもいいよね…♪

ご存知のように、17年ぶりっていう!新作がリリースされた彼等♪

そんなこれは彼等のデビュー・アルバムで、

なんでももはや彼等はエモ界?のレジェンド的な存在みたいで、

俺的には、以前取り上げたようにマイク・キンセラのオーウェン経由で、

逆戻り的に知ったっていう…故に17年ぶりも俺には…♪

だから、全部真逆な物言いになるかもしれないけど、

オーウェンの作品が好きならこれも…って感じ♪

静謐で繊細なギター・サウンド、じわじわ感情を盛り上げるようなシンプルなビート、

それでいて内向的っていうより、もっと解放された、

スケールの大きなメロディ、サウンドはなんとも感動的で、とても美しいもの♪

そんなありそうでなかったようなものだから、影響されたバンドとか多かったのかな?

その辺のフォロワー云々の存在や音はわからないけど…やっぱレジェンドらしいからそうなんだろうね♪

そんな彼等のこのアルバム、聴いてるのはpolyvinylからのアナログ盤♪
c0104445_20171763.jpg
こんな歌詞カードとダウンロードのコードが付いたもの♪
c0104445_20172829.jpg
ってことで、その17年ぶりの新作も、未着ながら既に発注済みだから…
c0104445_2017397.jpg
しばしお待ちを…うふ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2016-11-08 22:16 | US 95-99 | Trackback | Comments(0)

Fashion Nugget / Cake

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ケイク 96年の「ファッション・ナゲット」を聴いてます♪
c0104445_20122242.jpg
いやぁ、最高だよね…♪

ご存じのようにこれは彼等のセカンド・アルバムで、

メジャーからの第一弾アルバムになる人気盤♪

そんな人気盤のアナログをこんなところでゲットしたんだから…

なんとも嬉しかったね…♪

そんな彼等との出会いのアルバムであるこの作品、

内容は人気盤だけあってもう最高で…♪

クールでラフなビート、管楽器含めた猥雑で雑多な匂いするサウンド、

ぶっきらぼうな感もあるヴォーカルからなる、

出身と違って、ちょっとニューヨークあたりのバンドを思わせる…

それでもそんな中にも微かにカントリーっぽい雰囲気、脱力感的な部分も感じる、

そんな彼等独自の…気が付けばリリースから20年経つとは思えない、

今聴いても多分に充分に新鮮な印象を与えてくれるものになっているんだよね♪

オリジナルもいいし、数曲あるカヴァー…有名な「I Will Survive」とかも、

いいんだよね…♪

そんな彼等のこのアルバム、聴いてるのは米アナログ盤♪
c0104445_20125593.jpg
真っ白なスリーブに入っただけっていうシンプルなもの…♪

クレジットなどはジャケ裏面を、ってことだね♪
c0104445_20131268.jpg
ってことで、他のアルバムは後ほど…CDになるけどね、うふ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2016-06-07 22:12 | US 95-99 | Trackback | Comments(0)

Mermaid Avenue / Billy Bragg & Wilco

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ビリー・ブラッグとウィルコ 98年の「マーメイド・アヴェニュー」を聴いてます♪
c0104445_23561938.jpg
いやぁ、これもいいよねぇ…♪

ご存じのようにこれは、あのウディ・ガスリーが残したっていう詩に、

ビリーとウィルコが曲を付けたっていう…まぁ、そんな所謂企画ものなんだけど、

これがまたいい感じに仕上がっていてね…♪

実際最初はそんな企画ものだったから、気にしてなかったんだけど、

何でも続編まで出るらしくて…それでようやくチェックしたんだけど、

既にアナログはレア盤状態で見かけなくなっていて…それで、まぁいいや♪

なんて思っていたある時、新潟市内の中古屋さんで発見してね♪

値段もお手頃価格だったんで、即ゲット♪楽しんでいるって訳♪

楽曲に関してはビリーが作った曲、ウィルコのメンバーが作った曲、両者の共作などがあって、

大雑把にくくると、昔のアメリカン・フォーク・ミュージックって趣のフォーキーなビリー作の曲と、

カントリー・フレーバー溢れるアメリカン・ロックって趣きのウィルコ陣営の曲って感じかな?

両者の愛ある歌と演奏はもちろん、数曲に参加しているナタリー・マーチャントの歌声も楽曲に素敵な彩りを添えているね♪

そんなこの作品、所有盤は98年に出たであろうエレクトラからの2枚組アナログ♪
c0104445_2356594.jpg
歌詞とクレジットが付いたインサートがあって…
c0104445_23572080.jpg
ビリーのライナーにはウディの娘のNORA GUTHRIE…ってあるから、その辺の絡みで実現したものなのかな?
c0104445_23582215.jpg
ちなみに上記した続編はVol.3まで出ていて、多分これらが出た時にこのVol.1のアナログもリイシューされたようだから、
c0104445_23584918.jpg
俺みたいなアナログ好きで未所有な方はお勧めじゃないかな?

って、ホントはVol.3までがまとまったCD、これの方がお勧めなんだけどね…値段もアナログ1枚分くらいで買えるし…うふ♪
c0104445_23582556.jpg
ってことで、この新旧のコラボ的なアメリカン・ロック、フォーク・ミュージック、気になる人はどうでしょうかね?

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2014-04-08 22:15 | US 95-99 | Trackback | Comments(0)

Let It Come Down / James Iha

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ジェームス・イハ 98年の「レット・イット・カム・ダウン」を聴いてます♪
c0104445_2223296.jpg
いやぁ、やっぱ素晴らしいよね♪

ご存じのようにこれは、

あのザ・スマッシング・パンプキンズのギタリストである彼のファースト・ソロ・アルバムで、

バンド本体の刺激的なサウンドと違って、なんともアコースティックでフォーキーなサウンドで、

優しく暖かく美しいメロディ迸る楽曲が詰まったアルバムなんだよね♪

まぁ、基本的にはアコースティック、エレクトリックあわせたギター中心のバンド・サウンドなんだけど、

他にもささやかながらペダル・ラップスティール・ギター、鍵盤楽器、若干の金管楽器,弦楽器などが、

このメロディックなサウンドに美しい彩りを加えてるね♪

所有盤が輸入盤だから歌世界の詳細はわからないダメな俺だけど、

多分にシンプルなラブ・ソング中心なんじゃないかな?

そんな、こ難しいことや気取った歌世界じゃないってのも、

この普遍的って言っていいような世界観とマッチしてて、さらに印象いいんだよね♪

まぁ、もう90年代の名盤の一つって言っちゃっていいようなこのアルバムだから、

今さらだと思うけどさ…♪

そんなこのアルバム、聴いてるのは普通の輸入安CD…
c0104445_22234011.jpg
こんな名盤だからホントはアナログが欲しいんだけど、

これは入手が遅れて、気が付いたらアナログは結構な高値で…多分今もレア盤だと…

さらに最近ボーナス曲を加えたリイシュー盤も出たみたいだけど…ふぅ

まぁ、それでもこの素晴らしい本編の内容は同じだからガマンしますかね♪
c0104445_22424230.jpg
次のセカンドはその内にでも…うふ♪
c0104445_22431537.jpg
いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2013-05-15 22:01 | US 95-99 | Trackback | Comments(0)

The In Sound From Way Out! / Beastie Boys

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ビースティ・ボーイズ 96年の「ジ・イン・サウンド・フロム・ウェイ・アウト!」を聴いてます。
c0104445_2154369.jpg
いやぁ、なんともクールなアルバムだよね♪

ご存じのようにこれは、彼等のインスト曲を集めたアルバムで、

もう全編クールでヒップなサウンド満載♪

オルガンが炸裂したり、グルーヴィーだったり、ファンキーだったり、アシッド・ジャズ的だったり…♪

よくわからないけど、ジャケットやタイトルもなんかのアルバムのオマージュみたいだし…

やっぱこの頃の彼等は、実り多い作品…特に「Check Your Head」〜「Ill Communication」あたり♪…を作っていたから、

こんなインストを集めたアルバムも出せる余裕もあったんだろうね♪

でもリアルタイムだと、インスト集とか言われたら、やっぱ最初はピンとこなくてさ…

そうなると気が付きゃアナログは見かけなくなっていて…リプロ盤なんかも出ていた記憶あるけど…

そして、このレコを忘れかけていたある時、某オフで例の価格でこれがあってね…♪

即ゲットとなったのでした♪

でも、やっぱインスト集だから、クールでヒップ♪って言っても、そんなには聴かなくて、

今、もの凄く久しぶりに聴いたんだよね♪

そんなこのアルバム、98年ってあるから、多分にリイシュー盤かな?
c0104445_21545967.jpg
でも、値段が値段だし、グランド・ロイヤル盤っていうのは一緒だろうから、
c0104445_21554126.jpg
まぁ、いいかと…ん?レーベルには94年とか95年ってあるけど…?
c0104445_2156167.jpg
しかし、MCA…R.I.P
c0104445_21561979.jpg
いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2012-10-10 21:58 | US 95-99 | Trackback | Comments(0)

Eureka / Jim O'Rourke

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ジム・オルーク 99年の「ユリイカ」を聴いてます。
c0104445_21491021.jpg
いやぁ、素晴らしいよね♪

ご存じのようにこれは、ソニック・ユースに在籍してたり、ガスター・デル・ソルにいたりした、

言わばオルタネイティヴ、ポスト・ロック的な世界では有名な彼が作ったポップ・アルバムでね♪

これが非常に穏やかで気持ちいいポップ・ミュージックを聴かせてくれるんだよね♪

全体的にはギターやピアノなどを中心にしたソフトな感触の音で、サックスやスティール・ドラムなどの彩りも効いてるし、

ちょっとアンビエントでドリーミィな感じもあるし、ポスト・ロック的な響きも多少あるけど…それら含めて全体的に心地いいものになってるんだよね♪

サウンドだけじゃなくメロディもいいし、彼流のボサノヴァって感じの曲もあるし…♪

以前取り上げたとかもだけど、普段ノイジーなことやってる人がこういう言わば真っ当なポップ・アルバム作ると、

予想以上に出来がよくて、そのギャップあわせて驚きと改めて見直しちゃうって感じで、いいんだよね♪

そんなこのアルバム、どうやら日本贔屓の彼らしく?こんなジャケ…
c0104445_21511081.jpg
これは個人的には面白くて好きだけど、ちょっと損してるかな?

ちなみにスリーブもこんなだし…♪
c0104445_21512758.jpg
さらにおまけに付いているポスターもこんな…♪
c0104445_21514798.jpg
それでもちゃんとクレジットもあるし、なかなか物的にもいいものだね♪
c0104445_2152552.jpg
もちろん内容もそれ以上にいい、個人的には90年代の名盤何十選に選びたいくらいのそんなアルバム、
c0104445_21522788.jpg
気になる人はどうでしょうかね?

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2012-07-25 21:54 | US 95-99 | Trackback | Comments(4)

Ballerina Breakout / Lolas

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ローラス 99年の「バレリーナ・ブレイクアウト」を聴いてます。
c0104445_22131715.jpg
いやぁ、最高だよね♪

これは、以前記事にしたように衝撃の出会いをした彼等、その記念すべきファースト・アルバムで、

帯に記された文言によると、ボーナス曲を追加して、再々発されたものみたい♪

もう冒頭から、ゴキゲンなアメリカン・パワー・ポップが炸裂してね♪

バブルガムなポップ・チューンを、弾むビート、歪んだギター・サウンド中心にぶちかましてくれて♪

もちろん楽曲の出来も文句なしで、空高く舞い上がるような、身体動き出すような、夏の終わりを感じさせるようなメロディー、コーラスがこれでもかと…♪

キンクスやスイートなどの楽しいカヴァーもあったりして…♪

いやぁ、やっぱこれは帯にあるように「全ギター・ポップ、パワー・ポップ、ポップ・パンク・ファン必聴の歴史的名盤」って…

歴史的名盤は大げさだと思うけど、それでも必聴は間違いないんじゃないかな?なんて思ったりするアルバムなんだよね♪

そんなこのCD、ウィザード・イン・ヴァイナルっていう、素敵な名前のレーベルからの国内盤♪
c0104445_22273813.jpg
折り畳まれた中には歌詞とクレジットもしっかりと…

でも、解説の類いがなくて、帯に記された文言だけって言うのはなんともケチだね…

以前記事にしたこれ、サードになるのかな?これにハマってから、
c0104445_22275672.jpg
着々と中古♪でゲットしてきた彼等の作品、次はセカンド、それともそのサードあたりでも聴きましょうかね?
c0104445_2228475.jpg
ジャケはなんだか微妙だね…うふ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2012-07-12 22:29 | US 95-99 | Trackback | Comments(0)

Tomorrow The Green Grass / The Jayhawks

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ザ・ジェイホークス 95年の「トゥモロー・ザ・グリーン・グラス」を聴いてます。
c0104445_22183991.jpg
いやぁ、素晴らしいよね♪

ご存じのようにこれは、オルタナ・カントリー的な括りに入れられた彼等のアルバムで、

以前記したように、そのオルタナ・カントリー的な物言いで、

ウィルコもだけど、なんか最初食指が動かなかったんだよね…

結局以前記したこれしか持ってなくて…

そんなある時、アマゾンで輸入アナログを2枚買うと20%オフになる時だったかな?

いろいろ調査していたときにこれがあってね♪

さらにリンクさせてもらっているこのナイスリンク先に確か彼等の記事があったな!って思いチェック、

ポチッとなったんです♪

その内容はもう素晴らしくて、オルタナもカントリーって感じもそんなにしない、

ギター中心のバンド・サウンドだけど、

弦楽器やペダル・スティール・ギター、鍵盤楽器などがサウンドを彩っているもので、

何より、楽曲が素晴らしいんだよね♪

全体的にスケールが大きくて親しみやすい、ちょっと土の匂いと草の香り漂うキラキラした曲に、グッド・メロディがこれでもかと…♪

確かにちょっとカントリーテイストもあるけど、

やっぱカントリー的な物言いはどうかなぁ…これがカントリーだったらあれもこれもそれも…♪

そんな彼等の代表作らしいこのアルバム、聴いてるのはAmerican Recordingsからのもの…かな?
c0104445_2221191.jpg
2010年に出たリイシュー盤で、HQ-180ってことは180gの盤かな?
c0104445_22212731.jpg
しかし、こんないいアルバムをリアルタイムで聞き逃したって…

確か当時レコ屋さんでこのレコ手に取ったこともあるのに…やっぱ変なジャンルに押し込めるってのはどうかと思うよね!

でも、それが参考になることもあるから、あんまり偉そうには言えないけどさ…うふ♪
c0104445_2222349.jpg
いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2012-02-29 22:25 | US 95-99 | Trackback | Comments(0)

Summerteeth / Wilco

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ウィルコ 99年の「サマーティース」を聴いてます。
c0104445_22233517.jpg
いやぁ、素晴らしいよね♪

ご存じのように、オルタナ・カントリー的な物言いで出てきた感のある彼等が、

ジム・オルークと絡んだりしながら、徐々に進化しながら、現在も評価高い感じだけど、

この作品はそのオルタナ・カントリー的なサウンドと、ジム・オルーク絡みの音響的なサウンドの、

ちょうど中間地点に当たるような位置づけのもので、

これがまた響きのいいロックで、ポップなアルバムで素晴らしいんだよね♪

楽曲はもちろん、演奏もバッチリだから、しょぼい部分なんてまったくない、

そんな、3作目とは思えない出来なんだよね♪

そして、上記したように、次作からのジム・オルークとの絡みも、

現在も素晴らしいバンドの進化、深化には、まぁ好みあれ、重要だったんじゃないかな?

そんな彼等のこのアルバム、聴いてるのは09年に出たNonesuchよりの再発アナログ盤♪
c0104445_22242898.jpg
この再発アナログ、買ってよかったよね♪

だって、見開きジャケの2枚組のレコに…
c0104445_22244122.jpg
CDも入っているっていう…♪
c0104445_22245771.jpg
このシールによるとコンプリート・アルバムってある仕様♪

だから、この作品はこれで充分となったのでした♪

でも、この再発レコ、他のタイトルだと歌詞付きインナーが各レコごとに2枚入っていいたんだけど…
c0104445_2225254.jpg
これには片方だけ…俺のだけ欠落?それとも最初からないの?

おっと!そんな彼等の新作が出ていたなんて全然知りませんでした…ので、ポチッと、うふ♪
c0104445_22254632.jpg
早く来ないかな♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2011-11-28 22:28 | US 95-99 | Trackback | Comments(4)