Lola versus Powerman and the Moneygoround, Part One / The Kinks

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、我らが愛しのザ・キンクス 70年の『ローラ対パワーマン、マネーゴーラウンド組第一回戦』を聴いてます♪
c0104445_16531563.jpg
いやぁ、これも最高だよね♪

ご存知のようにこれは、ちょっと前に取り上げた彼らのこれに次ぐアルバムで、

前2作同様とてもよく聴いてとても好きなアルバム…♪

なんでもそのお得意のロック・オペラになっているその内容は彼らの自伝的なものみたいだけど…

やはり対訳は未見のダメな俺だからその辺は…

フォーキーな前々作、ロックでポップな前作とも違う、

でもやぱり前々作より前作よりって感じの雰囲気?

一転ロックに飛ばす「競争者」に始まって、

ちょっぴりメランコリックなメロディの「見知らぬ人」「ゲット・バック・イン・ザ・ライン」「ディス・タイム・トゥモロウ」なんてかなり好きなものだし、

もちろんの超有名曲「ローラ」に「エイプマン」なんかもあって、

サウンドもヴァラエティだし、もちろん楽曲は最高♪

それでも前々作、前作と比べると若干…なんて思ったりするけど、

まぁその辺の微々たる差は別にいいよね…♪

そんなこのアルバム、聴いてるのはもう30年近く聴き続けている米盤安レコ…
c0104445_16535076.jpg
紙ジャケ探検隊さんのところで知ったのかな?この米盤の表ジャケにあるバンド名、
c0104445_1654122.jpg
英盤と書体が違うみたいね…まぁ、リイシュー盤ならともかく、

彼らのこの辺の英オリジナルなんて無理極まりないから別に…うふ♪
c0104445_16541474.jpg
ってことで、やっぱりこれも対訳付きのCDでもチェックしますかね?

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2017-04-16 22:06 | The Kinks | Trackback | Comments(2)

Arthur Or The Decline And Fall Of The British Empier / The Kinks

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、我らが愛しのザ・キンクス 69年の『アーサー、もしくは大英帝国の衰退ならびに滅亡』を聴いてます♪
c0104445_20571729.jpg
いやぁ、やっぱ最高だよね♪

ご存知のようにこれは、彼らの名盤で代表作の一つで、

お得意のロック・オペラの一つで…

って、やっぱこんな名盤について、何言っても今更かな?

それでも、ここで記したように初キンクスはコンピ盤、

そしてその後はリアルタイムでの80’sアルバム…だから、彼らの60’sアルバムを聴いたのは、

90年代初頭に2in1含むCDがいろいろ出てから…

その中でもこれと前作、次作の名盤群はホント好きでよく聴いたんだよね♪

まぁ、今じゃ前作である『ヴィレッジ・グリーン〜』の方が微々たる差で好きだけど、

ちょっと前まではこれの方が…♪

で、今久しぶりに聴いてると、やっぱりこっちも同じくらいたまらないものがあるね♪

ロックにポップに、個々の楽曲の完成度、充実度はこっちの方に軍配をあげたくなるような…♪

冒頭の「ヴィクトリア」から、ラストの「アーサー」まで、

全曲シングルカット出来そうなクオリティの楽曲だし、

演奏も彼らの中で一番…初期とまた違ったパワフルなものに感じるし♪

久しぶり聴いて意外にグッときたのは「サム・マザーズ・サン」とか「ブレインウォッシュド」、

「マリーナ王女の帽子のような」とか「若くて純真な時代」とか…いや、どれもこれも素晴らしいね♪

まぁ、ロック・オペラ的には英語がダメな俺が未だ対訳付きのものを未所有ってのはダメなところだけど…

ん?ってことは、前作を対訳読んで俺の中で評価がうなぎ登ったように、

これも訳を読んだらひょっとしてまたマイ・ベスト・キンキー・アルバムに返り咲いたくらいにて…うひょ♪

そんなこの素晴らしいアルバム、聴いてるのは全然素晴らしくない国内盤帯なし安レコ…
c0104445_20582616.jpg
上記したように解説と歌詞はあるけど、対訳のないダメなもの…

このレコをゲットしたから、最初に買ったCDを売却したんだけど、

だったら売るんじゃ…いや、そのCDも対訳のないダメなものだったんだ!ちぇ
c0104445_20584283.jpg
本当はあのカンガルーのポケットからレコを取り出すものが欲しいけど、

リイシューだとカンガルーはいるけど、ポケットからじゃなかったりするものがほとんど?って印象だから、今じゃもう…ふぅ
c0104445_20585564.jpg
ってことで、やっぱ対訳付きのCDでもチェックするとしますかね…うふ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2017-04-06 22:08 | The Kinks | Trackback | Comments(0)

UK JIVE / The Kinks

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、我等がザ・キンクス 89年の「UK ジャイヴ」を聴いてます♪
c0104445_2322259.jpg
いやぁ、やっぱ最高だよね…♪

ご存じのようにこれは、彼等の目下最新作であるこれの前作にあたるもので、

レーベルで言うとロンドン・レコードの最終作になるのかな?

もう冒頭曲からある意味彼等らしくないような?

アグレッシヴで性急なロックン・ロールが炸裂して、

続いてレイ師匠のソングライティングの素晴らしさが炸裂したような名曲「How Do I Get Close」、

さらにポップで軽快なタイトル曲はサビの「UK!OK!UK!OK!」も最高ならば、

マイジェネ的なエンディングも最高だし、

ちょっとノスタルジックな雰囲気漂う「Now and Then」と続く、

アナログA面は特に素晴らしいね…♪

もちろんB面も悪いなんてことはなくて、パワフルな「Entertainment」に始まり、

ちょっと清々しい感もあるポップな「War Is Over」、

続く「Down All the Days (To 1992)」は楽曲とか好きなんだけど、

冒頭とかで聴かれるいかにも80'sっぽいファンファーレみたな音色がちょっとあれだね…

それでも続く「Loony Balloon」もいいし、

最後は何故だかデイヴのハードな曲で終わるっていう…いやぁ、やっぱいいんだよね…♪

89年だから、ちょっとスネアの音色と、上記したちょっとした部分くらいしか80'sサウンドは感じないし…♪

しかし…これと次作はホント素晴らしかったから、それで止まってるのはホント残念だよね…ふぅ

そんなこのアルバム、聴いてるのは米盤安レコ…
c0104445_23224876.jpg
米盤はロンドンではなくMCAですね…

ジャケ裏にはこんな感じでプロモみたいなスタンプがあって、
c0104445_23231372.jpg
ご存じ「Who's Last」を思わすこんな写真や…
c0104445_23232678.jpg
ジャケ表面同様にスーツだけのメンバーも…♪
c0104445_23234619.jpg
で、この作品はリアルタイムの当時、最初友人にカセットに録音してもらって、

その後このレコを中古でゲットしたんだけど、このジャケのシール…
c0104445_23502589.jpg
これが米盤は最初からジャケにこんな感じで直接貼ってあったのか?その辺は当時どうだったか?

全然覚えてないんで、やっぱり不明…それでも確か未だにCDは廃盤みたいだし、

こんな米盤レコでも、十二分に愛おしいものなんです…うふ♪
c0104445_23242765.jpg
いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2015-05-07 22:12 | The Kinks | Trackback | Comments(2)

The Kinks

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、我等がザ・キンクス 64年のアルバムを聴いてます♪
c0104445_237889.jpg
いやぁ、久しぶりに聴いたよね♪

ご存じのようにこれは、彼等の栄光のデビュー作なんだけど、

正直、思い入れ抜きにすると、

他の英国4大バンドのデビュー作あたりと比べるとちょっともの足りない感あるね…

まぁ、リリース年とかもあるだろうから一概に比べられないと思うし、

これ以前に聴いてたのが、以前取り上げたこの強力な初キンクス体験盤だから、

そのベスト収録曲と比べて物足りなく感じたのかも…

ベスト収録曲は「You Really Got Me」のみだしね…

全体的に上記「You Really Got Me」みたいなワイルドなサウンドっていうよりも、

ちょっとパワフルになったマージー・ビートって感じの雰囲気濃厚だし…

まぁ、だからって言って、ダメだって訳でもなく、

「So Mystifying」「Just Can't Go To Sleep」「Stop Your Sobbing」などのレイ・デイヴィスのオリジナル曲には、

後の偉大なソングライターへの芽生えを感じさせるし、もちろん「You Really Got Me」はやっぱ最高だし♪

4人編成のギター・コンボとして演奏も軽快にまとまっているし…って、セッションメンなんかが参加していたみたいね…♪

モダンなスーツでキメたジャケもなかなかだし、
c0104445_23125080.jpg
今思ったけど、ラストの「Got Love If You Want It」のエンディング前のなだれ込む感じなんて、

ザ・フーの「My Generation」のエンディングあたりに影響を及ぼしたのかな?

なんて思ったり…あ、でもカヴァーだし、原曲知らないからなんともいえないけど…♪

そんなこのアルバム、今じゃデラックス盤とかいろいろ出ていると思うけど、

聴いてるのはツマンネー輸入安レコ…
c0104445_23132012.jpg
西独盤ですね…

ジャケ裏面にはしっかりとリイシューと…
c0104445_23133517.jpg
まぁ、豪華盤も気になるけど…
c0104445_2313531.jpg
今のところこれでいいかな…悪いねレイの師匠…うふ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2013-04-10 22:17 | The Kinks | Trackback | Comments(4)

BBC Sessions 1964-1977 / The Kinks

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、我等がザ・キンクス 01年の「BBCセッションズ 1964-1977」を聴いてます。
c0104445_22134190.jpg
いやぁ、やっぱ最高だね♪

ご存じのようにこれは、先日某夏フェスに来日されていたレイ・デイヴィス師匠、そのザ・キンクスのBBC音源ですね♪

そんなこれ、実はリリースされてから、暫く買ってなくて…理由はこのアナログ好きおっさん、3枚組のアナログが気になってね…

でも、3枚組だからなかなかの高価格、それに3枚組はものぐさ故か老化故かなかなか面倒っていうのがあって…

結局しばらくしてからこのCDを中古でゲットしたって訳…悪いね師匠♪

内容はもう最高で、初期の勢いのあるキンキー・サウンドに、

大好きなパイ中期あたりのキンキー・サウンドに、

RCA時代のキンキー・サウンドなんかが2枚のCDにギッシリ詰まったもの…♪

デイヴのナンバーや、ホーンなどが効いたRCA時代もいいし、

ぼんくらな俺だからの意味不明なインタビュー、曲紹介も気にならないし…♪

やっぱ最高、いいぞ英国のなんちゃらユニオン♪

なんて思っていたんだけど、なんとも人間って贅沢なもんで…こんな貴重でありがたいナイス音源も聴き続けていると、

物足りなくなってきてね…あれやこれやあの頃やあの時期やなんて…

でも、そんな俺の気持ちを察してか?彼等のかなりもの凄いBBCものがこの夏に出るって言うじゃない!

いやぁ、なんとも楽しみだよね♪

まぁ、この2枚組とダブりがあるのか?収録曲などの情報は全然チェックしてないダメな俺だけどさ…

そんな、その豪華なブツが出るとお役御免になるのか?ならないのか?っていうこのCDは普通の中古輸入安CD…
c0104445_22141945.jpg
ブックレットにはなかなか詳細なクレジットやライナーが沢山あるけど、このぼんくらにはなかなか…
c0104445_22143463.jpg
さてと、また彼等の世界を堪能しますかね?
c0104445_2215269.jpg
夏フェスより単独公演を…ねぇ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2012-08-08 22:17 | The Kinks | Trackback | Comments(2)

Working Man's Cafe / Ray Davies

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、レイ・デイヴィス師匠 08年の「ワーキング・マンズ・カフェ」を聴いてます。
c0104445_22581569.jpg
いやぁ、やっぱ素晴らしいね♪

ご存じのようにこれは、多分に企画的なアルバムを除けば、

目下オリジナルの楽曲による最新のアルバムなんじゃないかな?

確かナッシュビル録音とかいうふれこみで、カントリー・アルバム?なんて思ったりするも、

聴いてみりゃもう、いつもの、英国丸出しの?レイ・デイヴィスの世界って感じのサウンドで、

楽曲も、ジャケットに見える、ちょっと歳とった感じなんて、全然感じさせない、

現役感バリバリの、こりゃ実は名盤じゃないの?なんて思えたりするものなんだよね♪

これくらいの曲、軽く書けるぜ♪って言わんばかりの、軽快なロックに、ちょっとメロウなバラッド、ちょっとだけのカントリーテイストに、いつものあのヴォーカルもたっぷり…結構いい曲多いし♪

そんなレイ師匠だけど、これまたご存じのように、今年の夏のフェスに来日するみたいでね♪

でも、今のところ、最近よくある、夏フェスだけの来日みたい…

なんかねぇ…せっかく来るんだったら、単独でのライブ、してくれれば…ねぇ

夏フェスもいいけど、やっぱどう考えても単独の方が全然いいと思うけど…ねぇ

まぁ、これ以降出ている、企画的なアルバムを聴いてない俺みたいな不届きなファンは偉そうに言えないと思うけどさ…ふぅ

そんなこのアルバム、聴いてるのはシュリンク上に貼られたシールにも記載されてるように、2枚組のアナログ盤♪
c0104445_22591535.jpg
D面の3曲はボーナス曲だね♪
c0104445_22593572.jpg
ジャケ裏面もタイトルみたいな英国のカフェって感じだし、
c0104445_22595023.jpg
ジャケ同様に、見開き内部の師匠も、いい感じに歳を重ねてるね…うふ♪
c0104445_230250.jpg
確かこのレコ、最初届いた時同じ盤が2枚入っていて、交換した記憶が…♪
c0104445_2302117.jpg
それでも、ちょっと謎の焼けがあるけど…まぁ音に出ないからいいけどね♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2012-06-22 23:02 | The Kinks | Trackback | Comments(4)

Something Else by The Kinks

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、我等がザ・キンクス 67年の「サムシング・エルス」を聴いてます。
c0104445_2153174.jpg
いやぁ、素晴らしいよね♪

よく、誰それにとってのSGT〜、なんて物言いあるけど、

彼等にとってのそれが次作から続くコンセプト・アルバム群だとしたら、

これはリボルバーにあたる作品って感じでいいのかな?

実際ここ近年はSGT〜より、リボルバーの方が人気評価ともに高い感じみたいだから、

これも次作以降のものより…なんてね♪

でも、実際次作のこれより…なんて言わないけど、同じくらいの素晴らしさを持ったものなんじゃないかな?

これを聴くとザ・ジャムのヴァージョンが随分青く感じる「David Watts」から始まり、デイヴのソロ名儀でもリリースされた名曲「Death Of A Clown」、

67年っていう時代を感じさせるサウンドの「Two Sisters」「Lazy Old Sun」、彼等流のボサ・ノヴァって感じの「No Return」、

英国4大バンドの中ではこういう曲をやらせたらきっと他の3バンドもかなわない「Harry Rag」、

この曲の雰囲気はもうなんか凄みすら感じるくらいのものだよね♪

やっぱこういう曲やらせたら、彼等に匹敵するのって彼等くらいになっちゃう?そんな気がするね♪

次の「Tin Soldier Man」も楽しくとぼけたいい感じだし、

B面にはデイヴの楽曲が2曲もあって、これがまたいいんだよね♪

さらに「Afternoon Tea」なんて、タイトルからしてもう英国風味満点の曲…♪

そして、最後には希代の名曲「Waterloo Sunset」でアルバムは美しく幕を閉じる…♪

いやぁ、やっぱ最高だね♪って今さらかな?

そんな彼等の傑作の一つ、聴いてるのは普通の米盤…
c0104445_222189.jpg
今じゃデラックス仕様なCDも出ているから、こういう普通のアルバムだけを語るのも今さらって感じだけど…
c0104445_222135.jpg
まぁ、俺の「Funny Face」に免じて許してね…うひょー♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2012-04-05 22:08 | The Kinks | Trackback | Comments(11)

Think Visual / The Kinks

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、我等がザ・キンクス 86年の「シンク・ヴィジュアル」を聴いてます。
c0104445_2227433.jpg
いやぁ、やっぱこれもなかなかいいよねぇ…♪

ご存じのようにこれはザ・キンクスがレーベルをアリスタからロンドン・レコードに移籍してからのアルバムで、

アリスタ時代よりハードさは抑えめで、小気味いいコンパクトなナンバーが詰まったもの♪

楽曲も新たなレーベルのせいか?フレッシュな感じさえある、なかなかの充実ぶりで、

労働者階級からのし上がった男のぼやき節?のような冒頭曲から、

ミディアム・チューンな名曲A2、レゲエチックなA5、

デイヴのロック魂溢れるB1、クリッシーに捧げられたらしいB2、

アップテンポなタイトル曲などなど聴きどころもたっぷり♪

86年リリースなのに、80'sっぽいサウンドはそんなにしないし…♪

そんなアルバムなのに残念ながらどうやらCDは廃盤みたい…ふぅ

まぁ、俺は大分前に中古でゲットしたこの国内安レコがあるからいいけどさ…
c0104445_22281083.jpg
同じ安レコでも、これにはバッチリと対訳が付いていて、

レイ師匠の素晴らしい歌の世界がわかって、安いとくりゃ、安レコなのに最高なブツ♪なんだよね♪
c0104445_2229066.jpg
しかし、英国4大バンドの作品が廃盤はダメだろ?ねぇ…うふ♪
c0104445_22291732.jpg
CD高っ!

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2012-01-26 22:30 | The Kinks | Trackback | Comments(2)

Phobia / The Kinks

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、我等がザ・キンクス 93年の「フォビア」を聴いてます。
c0104445_21474943.jpg
いやぁ、やっぱ彼等は素晴らしいよね♪

これはご存じのように、彼等の現時点での最新作でね、

当時は「UK JIVE」から久しぶりの新作だったんで、速攻ゲットしたよね♪

内容も移籍第一段らしく、充実した素晴らしいもので、

まぁ、全部で70分超えは長尺過ぎる感じだけど…

それでも、これからがますます楽しみ…って思ったよね♪

でも、その後はこれとかリリースしたけど、スタジオ新作はさっぱり…

レイ師匠のソロ、紙ジャケやDX版のリイシューもいいけど、

この内容聴くと、やっぱキンクス名義での新作を、って思うのは俺だけじゃないよね、きっと…

そんな彼等のこのアルバム、聴いてるのは、数年前に出た紙ジャケCD♪
c0104445_21483076.jpg
この頃はCDの時代だけど、これは唯一リリースされたスペイン盤アナログを模したものみたいね。

でも、この紙ジャケCD、それより嬉しいのは、この前に出たらしいミニ・アルバムのこれがおまけに付いてるってこと♪
c0104445_21484876.jpg
そんな2枚組仕様なのに値段が2835円だもん…さすが紙ジャケならばのソニーだね♪

他のメーカーも2枚組で3800円とかっていう暴利貪らんでもいいのに…
c0104445_21492717.jpg
って、相変わらずのケチケチ男で恐縮です、うふ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2011-08-02 21:51 | The Kinks | Trackback | Comments(4)

The Village Green Preservation Society - Special Deluxe Edition / The Kinks

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、我等が愛しのザ・キンクス、彼等の永遠の名盤のひとつ、

「ヴィレッジ・グリーン・プリザヴェイション・ソサエティ」、

その「スペシャル・デラックス・エディション」を聴いてます。
c0104445_2285110.jpg
いやぁ、これは以前同アルバムを取り上げた時、このデラックス版も聴かなきゃ!

って言われたので、狙い定めて!なんとかちょっと前に中古でゲットしたものなんです♪

まぁ、ご存じのように、彼等は今現在デラックス版をリリースしてるし、

このデラックスも次回発売されるみたいだから、ちょっと早まったかもね…♪

それでも、本編のステレオ&モノにボーナス・トラックが付いた2CDに、

全編レアリティーズなディスク3っていうように、もうただでさえ最高な「ヴィレッジ・グリーン〜」関連曲群が、

これでもかと…♪

「ザ・グレイト・ロスト・キンクス・アルバム」収録曲や「ヴィレッジ・グリーン〜」本編の別ミックスなど、

耳覚えある曲もあるけど、それらも、それ以外も、たっぷり聴いても、一部分だけ聴いても、

やっぱこのアルバムのテイクとその頃の未発表曲群だから、素晴らしいんだよね♪

そんなこのデラックス版、まず開くとこんなお馴染みの彼等があって、
c0104445_2294257.jpg
さらに開いたところに3CDが…♪
c0104445_2295975.jpg
ブックレットは英語のカラーのやつと、日本語のものも…♪
c0104445_22101264.jpg
やっぱ以前の記事にも記したけど、この頃の彼等の歌世界、

これは押さえておかなきゃっていう素晴らしいものだからね…♪

「Village Green」や「Days」あたりの歌詞なんかいつ見ても感動するし…♪

さぁ、やっぱり他のデラックス版もゲットしなくちゃかな?うふ♪
c0104445_22104550.jpg
いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2011-07-04 22:11 | The Kinks | Trackback | Comments(2)