カテゴリ:N.Y.Punk( 33 )

In Style / David Johansen

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、デヴィッド・ヨハンセン 79年の「イン・スタイル〜ニューヨーク・ストリート」を聴いてます♪
c0104445_19231273.jpg
いやぁ、久しぶりに聴いたよね…♪

ご存じのようこれは、

元ニューヨーク・ドールズで後にバスター・ポインデクスターと名乗った、

そんなデヴィッド・ヨハンセンのセカンド・ソロ・アルバムで、

若き十代の頃、ニューヨーク・ドールズやジョニー・サンダースあたりをよく聴いていた頃に買ったんだよね…中古で♪

そしたら、タイトルどおりのメロディックな冒頭曲に「ん?」って思うも、

続くそれこそニューヨーク・ドールズを思わす「She」にしびれて…♪

でもさらに続くホーンがアーバンな「Big City」、レゲエっぽい「Falling In Love」とか、

なんだか悪くないけど、って…そんな風に当時は思ったね。

そんな思いは今聴いてもやっぱり変わらず、なかなかいいけど、やっぱジョニーあたりと比べると、

それこそ後に名前を変える彼らしいバラエティなアルバムじゃないかな?

それでもメジャーからの79年作だから演奏はもちろん、80's的なサウンドもないし、

シルヴェイン・シルヴェインとの共作など含む個々の楽曲のクオリティは悪くないから、

今聴いても充分に楽しめるものになっているんだよね…♪

そんなこのアルバム、聴いてるのは当時中古で買った帯なし国内盤安レコ…
c0104445_19232849.jpg
それでも多分に外盤と同じと思しき歌詞やクレジットの載ったスリーブに、

解説と歌詞対訳が付いてるから、まぁいいかと…♪
c0104445_19234422.jpg
しかしこのクレジット部分にすでにバスターの名前が…うふ♪
c0104445_1924289.jpg
いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2016-10-06 22:10 | N.Y.Punk | Comments(0)

Ramones

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、我らがラモーンズ 76年の「ラモーンズの激情」を聴いてます♪
c0104445_1735863.jpg
いやぁ、最高だよね…♪

ご存じのようにこれは、彼等の栄光のファースト・アルバムで、

なんでも最近豪華仕様なものが出たとか出るとか…♪

そんなもので、当然彼等が大好きな俺も大好きなものなんだけど、

それでも初期の彼等の初体験アルバムは次作だし、

サードはもはや初期の頂点って趣のあるアルバムだし、

リアルタイムではこれこれこれっていう、所謂中期あたりの彼等との出会いだったから、

このファーストはそれらについで…しかも『RAMONES MANIA』あたりで収録曲を聴いた後だから…

そんな思いの彼等のファースト・アルバムだけど、

やっぱり最高で、トミー曰くBCRの「Saturday Night」みたいな曲として作ったらしい冒頭曲から、

疾走する「Judy Is a Punk」や「Chain Saw」や「Loudmouth」や「Havana Affair」って…ほとんどが♪

それ以外も彼等流マージービートって感じの「I Wanna Be Your Boyfriend」、

インディ・レーベルの名前にもなった「53rd & 3rd」やゴキゲンな唯一のカヴァー曲「Let's Dance」などもあって、やっぱり最高なんだよね…♪

そんなこのアルバム、聴いてるのは米盤安レコ…
c0104445_17352544.jpg
レーベルにもジャケ裏面にもコンポーザー表記が「The Ramones名義」になっているけど、
c0104445_17353795.jpg
今や個人名になっているみたいね…

ちなみにインナースリーブも透明な内袋しか付いてないダメなものだから、

その辺はこの紙ジャケCDで…♪
c0104445_1735533.jpg
だから、豪華仕様なものは保留中なのです…うふ♪
c0104445_1736630.jpg
いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2016-09-29 22:10 | N.Y.Punk | Comments(0)

Live At The Old Waldorf / Television

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、テレヴィジョン 11年リリースの「Live At the Old Waldorf」を聴いてます♪
c0104445_20292189.jpg
いやぁ、素晴らしいよね…♪

ご存じのようにこれは、03年頃に出た同内容のCDが、

気が付きゃかなりなレア・アイテムになっていた、

そんな彼等の78年に行なわれていたライブの模様を収録したもので、

確かあのレコード・ストア・デイにアナログでリイシューされたもの…

なんだけど、そのリリース時の値段が当時としては…まぁ、今ならありそうだけど、

途轍もない値段だった記憶があって…それで諦めたんだけど、

それから暫く経ったある時の上京時にユニオン某店に値下げされたものが売っていて…♪

もともと欲しかったものだし、アナログだし、手が出る値段だったのでゲットとなったんです…♪

もう内容は、そんな限定だったのがもったいないようなもので、

彼等のテンションの高いスリリングな演奏が繰り広げられるもので、

収録曲は比較的セカンドからのものが多いけど、

最高の音質共々十二分に満足出来るもの…♪

まぁ、正直内容はこっちのほうが緊張感溢れていいと思うけどこれは音質が…

だから、五分五分って感じで、ファンはどっちも…♪

そんなこのブツ、上記したようにレコード・ストア・デイからのもので、

シュリンク上にそんな旨を記してるシールがあって、
c0104445_20293639.jpg
ディスクは嬉しいホワイト・ヴィニール♪
c0104445_20295357.jpg
レーベルはエレクトラね♪

3000枚限定ってことなのかな?こんな番号がジャケ裏面に…♪
c0104445_20301563.jpg
ってことで、彼等に関してはファーストもライブも記事にしたから、
c0104445_20303423.jpg
あとはセカンドと…再結成盤は…うふ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2016-05-31 22:12 | N.Y.Punk | Comments(0)

L.A.M.F. / Johnny Thunders & The Heartbreakers

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ジョニー・サンダース&ザ・ハートブレイカーズの「L.A.M.F.」を聴いてます♪
c0104445_16385520.jpg
いやぁ、やっぱ最高だよね…♪

ご存じのようにこれは、以前取り上げた「L.A.M.F.Revisited」の元となった、

オリジナルのトラック・レーベルからのミックス…だと思っていたけど、

実はオリジナルのミックスとも違うものみたい…だから「the lost '77 mixies」なんだね…
c0104445_16421585.jpg
そんなジャングル・レコードから多分に94年に出たリイシュー盤で、

オリジナルのトラック盤をゲットできない俺にとってなんともありがたいブツだったんだよね…♪

でも、最初にこのミックスを聴いた時は、多分にオリジナルほどじゃないんだろうけど、

その正直ちょっとこもった感じがするミキシングに、上記した「L.A.M.F.Revisited」を、

それこそ「勝手にしやがれ!」より多く聴いた耳にはどうもピンとこなくてね…

でも何回か聴いていると、このミックスの方がよりアンダーグラウンドでパンクな雰囲気たっぷりの、

彼等の本来のロックン・ロールにあっているんじゃないかな?なんて思えて、

同時にリミックス版のサウンドがちょっときらびやかにも感じられてきて…

まぁ曲順も全然違うし、これの方が「All By Myself」一曲多いから、別ものっていう風にも思え、

いまじゃどっちも最高、どっちも大好き、そんな感じになっているんだよね…♪

そんな大好きなジョニーの大好きなこのアルバム、聴いてるのは上記したジャングル・レコードよりのもので、
c0104445_16451866.jpg
見開きジャケの中にはこんな感じで、
c0104445_1646946.jpg
ライナーノーツやいろんな写真が…♪
c0104445_16463212.jpg
表ジャケはもちろん、指紋が犯罪者?を思わす裏ジャケは、
c0104445_16465445.jpg
シンプルなだけのリミックス版より全然いいね♪
c0104445_16473651.jpg
ってことで、オリジナルのミックスは…いつの日かCDボックスか原盤レコでもゲット出来たら…うふ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2016-02-07 22:11 | N.Y.Punk | Comments(2)

Rock'n' Roll High School / Ramones

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ラモーンズ 79年の「ロックン・ロール・ハイスクール」を聴いてます♪
c0104445_033678.jpg
いやぁ、やっぱ最高だね…♪

ご存じのようにこれは、ラモーンズなんて記したけど、

彼等も多分に少し出ているらしい?映画のサントラで、

最高なタイトル曲と、彼等流マージ・ビートって趣の「I Want You Around」、

個人的に今気になっている「Paley Brothers」との「C'mon Let's Go」に、

ライブのメドレーなどの最高のトラックを含んだもので、

サントラだからの他の曲はって言うと、

多分に主演の女優さんが歌った微笑ましいタイトル曲に、

ニック・ロウの「So It Goes」、エディ&ザ・ホット・ロッズの大好きな「Teenage Depression」、

さらにはチャック・ベリーにアリス・クーパーにブラウンズヴィル・ステイションなどの、

まさに「ロックン・ロール・ハイスクール」って、そんなタイトル向きの楽曲を含んだ、

ラモーンズ以外の曲も楽しめるものになっているんだよね♪

ジャケットのイラスト、写真など見てると…
c0104445_051086.jpg
ホントは映画をあわせて、より楽しめるものなんだろうと思うけどさ…
c0104445_042246.jpg
それでも、タイトル曲は有名なベスト・コンピ盤のこれ収録のや、
c0104445_0142071.jpg
フィル・スペクターのプロデュースでお馴染みのこれ収録のとも違うヴァージョン、

だから、CDの収録状況をチェックする間もなくこの安レコをゲットしたんです…♪
c0104445_0144829.jpg
レーベルは彼等って言えばのサイアーだけど、これはジャケ裏面にどでかいバーコードが付いてるから…
c0104445_0155198.jpg
かなり遅いリイシューだね…

まぁ、上記したように、今のCDのボーナス状況を見ればどれかのタイトルに彼等の曲は入っていると思うけど…

それでも、俺は彼等のCDは以前出た紙ジャケCDをこれら数枚持っているだけで…
c0104445_0275396.jpg
後は全部レコだから、まぁこれでいいかと…うふ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2014-03-23 22:17 | N.Y.Punk | Comments(2)

Blank Generation / Richard Hell & The Voidoids

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、リチャード・ヘル&ザ・ヴォイドイズ 77年の「ブランク・ジェネレイション」を聴いてます♪
c0104445_23293721.jpg
いやぁ、やっぱかっこいいよね♪

そんなこのアルバムはご存じのように、

テレヴィジョン、ハートブレイカーズにも関わったリチャード・ヘル率いる彼等のファースト・アルバムで、

N.Y.パンクを…いや、もはやパンクを代表するようなアルバムって言っていいんじゃないかな?

後にラモーンズに入るマーキーが叩き出すビートに、

ロバート・クワインらのささくれ立った刺激的なギター、そこに乗るヘルの挑発的なヴォーカル♪

音だけじゃなく、ツンツンヘアや破れたTシャツなど、マルコム・マクラーレン経由でピストルズにも影響を及ぼしたそのスタイル…♪
c0104445_23294077.jpg
空白の世代、空ろな世代と歌われるタイトル曲もパンクならではのメッセージって趣きだし、

その楽曲もやっぱパンクはモッズっていうより、ロッカーズ的なサウンドがルーツなのかな?

って思わせるようなロカビリー的な雰囲気ものだし…♪

全体的にスカスカなサウンドっていうのも、このアルバムのとんがった感じをさらに醸し出しているんだよね…♪

まぁ、ラモーンズみたいに、楽器全部が一体となって突き進むようなものもいいんだけどさ…♪

もちろんテクニック云々なんて、不粋な物言いの前じゃ、弱い立場の彼だろうけど、

このアルバムを、パンクを、ロックを好きな御覧の人はそんなこと関係ないだろうし、

むしろこの佇まい、もはや奇跡的なアルバムなんて言ってもいいんじゃないかな?

またこのアルバム、ジャケも最高なんだよね…♪
c0104445_23302321.jpg
やっぱ以前取り上げたこれもいいけど、このアルバムと比べると全然…♪

そんなリチャード・ヘルだけど、なんとこないだ来日してたみたいね♪

でも、通常のライブじゃなく、朗読などのかなりコアなファン向けのものみたいで…

まぁ、どっちでも俺は見れそうにないけど…しかし朗読って♪

そんなこの名盤、聴いてるのは普通の輸入安レコ…
c0104445_2331072.jpg
スリーブも真っ白な独サイアー盤…

だから、CDでもチェックするとしますか…うふ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2013-12-15 22:26 | N.Y.Punk | Comments(0)

Hurt Me / Johnny Thunders

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ジョニー・サンダース 84年の「ハート・ミー」を聴いてます♪
c0104445_23474726.jpg
いやぁ、久しぶりに聴いたよね♪

そんなこのアルバムはご存じのように、ジョニーがほとんどアコギ1本での弾き語りで演じたもので、

最初はあのゴキゲンなパンク・ロックを聴かせてくれるジョニーが…

って、感じで驚いたけど、聴いていくと、シンプルながらもやっぱいい歌聴かせてくれてるんだよね♪

ギターも歌もいい彼だけど、個人的にシンプルでかっこいいロックン・ロールを作らせたら抜群だと、

以前から思っていたから、これを聴いて改めてその曲作りの才能への思いは深まったよね♪

シド・ヴィシャスに捧げられたらしい冒頭曲から、

ディランやストーンズのカヴァー、ニューヨーク・ドールズ時代の曲、

ソロとしてリリース済みの楽曲等を頼りなくも優しげな歌声とギターで聴かせてくれるんだよね♪

まぁ、弾き語りって言っても、ギターはほとんどコード・ストロークって感じだけど…♪

それでもやっぱこういう風にシンプルに表現されると、より楽曲の出来の良さがわかるね♪

中でも個人的には冒頭曲とB面の頭3曲が…いやそれら以外もいいね♪

しかしなんで突然こんな作品をリリースしたんだろうね?

最初聴いた時、友人だったか?誰だったか忘れたけど、前々年リリースのボスの「ネブラスカ」に影響を受けて…

なんて聴いたけど、今ググったらそんな情報は見あたらないし…う〜む…

そんな彼の作品の中では毛色の違うこのアルバム、聴いてるのは普通の帯なし日本盤…
c0104445_23474589.jpg
歌詞カードに付いた解説はやっぱりの彼…♪
c0104445_23481445.jpg
手紙風に書かれたライナーはちょっと気恥ずかしいも、ある意味彼らしさが炸裂したナイス・ライナー♪
c0104445_23485832.jpg
それでもやっぱりこれとかに比べると聴く割合は8…いや9-1くらいかな?いいけどたまにでいいね…うふ♪
c0104445_23493225.jpg
ちなみにCDだとジャケットがトリミングされてるようなちょっと残念なものがあったけど…まぁ俺はこのレコだけで…♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2013-07-03 22:21 | N.Y.Punk | Comments(0)

Rocket To Russia / Ramones

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、我等がラモーンズ 77年の「ロケット・トゥ・ロシア」を聴いてます♪
c0104445_21531434.jpg
いやぁ、やっぱ最高だよね♪

ご存じのようにこれは彼等のサード・アルバムで、

同時の初期の名作の一つになるんじゃないかな?

なんたって強力な「Cretin Hop」で始まり、

続いて「Rockaway Beach」さらに「Sheena Is A Punk Rocker」次いで「We're A Happy Family」

もひとつ「Teenage Lobotomy」おまけに「Do You Wanna Dance?」そして「Surfin' Bird」だもん♪

もちろんそれ以外も、彼等のイメージどおりの速くてポップで小気味いいパンク・ロックや、

ミッド・テンポのナンバーまで含めていい曲、勢いのある演奏と歌、そしてコーラス♪

う〜ん、ファーストやセカンドもいいけど、やっぱ冷静に見て初期の傑作はこれになるのかな?

クレジットもラモーンズ名義だから、誰がどの曲を書いたのか、よくわからないけど、

その辺もまだメンバー間の軋轢を感じなくて、いいんだよね♪
c0104445_21531598.jpg
アルバム・タイトルやジャケ裏面なんかも、冷戦時の当時にこれかよ!って、最高なユーモア♪

よく言われる金太郎飴的な物言いは、まぁわからんでもないけど、

やっぱ彼等のいろいろな作品、聴いてないでしょ?なんて、以前取り上げたこれ以外の諸作を思い返すと、

思ったりするんだよね…♪

そんな、思い入れたっぷりな彼等のこのアルバム、聴いてるのは普通の米盤再発安レコ…
c0104445_21535881.jpg
残念ながらジャケ裏面にはどでかいバーコードがあるし、オリジナルには付いていたインナースリーブは当然ないもの…

なので、その辺とたっぷりなボーナス曲の為にゲットしてるのは以前出た紙ジャケCDね♪
c0104445_21542517.jpg
これにはミニチュア化されたスリーブはもちろん、

シングルB面曲、シングル・ヴァージョン、デモなどのたっぷりのボーナス曲、

素敵なブックレットなどが入った優れもの…♪

まぁ、その辺はその内にこのCDを聴いた時にでも…うふ♪
c0104445_21552437.jpg
いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2013-06-16 20:47 | N.Y.Punk | Comments(0)

Ramones Mania 2 / Ramones

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、我等がラモーンズ 99年の「ラモーンズ・マニア2」を聴いてます♪
c0104445_231557.jpg
いやぁ、やっぱ最高だよね♪

そんなこのアルバムは彼等の有名なこのコンピ盤、
c0104445_2312258.jpg
「ラモーンズ・マニア」の続編的なもので、

「ラモーンズ・マニア」がディー・ディー在籍時までのものだとしたら、

これはディー・ディー脱退後、CJ加入後のアルバムからピックアップされたもので、

まぁ、アルバムでいうとこの辺だね…♪
c0104445_2313668.jpg
実際3枚からのチョイス中心で、1〜7曲目までが「モンド・ビザーロ」収録曲で、

8〜13曲目までが「アシッド・イーターズ」、14〜22曲目までがラスト・アルバムの「アディオス・アミーゴ」からのもの…

でも、それだけだったら俺も買ってないんだけど、

ここにはタイトルどおり?なかなかマニアックな楽曲も収録してあってね…♪

それは23曲目のアニメ「スパイダーマン」の主題曲、

24曲目のDC5のカヴァー「エニウェイ・ユー・ウォント・イット」、

25曲目のモーターヘッドの「ラモーンズ」のカヴァー…これらが入っていたからゲットしたんだよね♪

もちろんそんなマニアックな曲じゃなくても、彼等のおいしいところがどどどんと続くから、それだけで充分楽しめるんだけどね…♪

まぁ、でも彼等のコンピ盤だと、上記した「ラモーンズ・マニア」の方が人気もあるだろうし、

よく見かけるだろう…実際これは日本企画のアルバムみたいだし…

でも、以前から記しているように、初期の有名なところだけが彼等のいいところじゃないから、

後期のアルバム単品があれだったら、この所謂後期の彼等のコンピ盤を…なんて思いますけど♪

そんなこのアルバム、聴いてるのは普通の国内盤CD…♪
c0104445_2321786.jpg
「ラモーンズ・マニア」同様にジャケットに、またトレーの下にもマニアックなグッズがズラリと…レーベルも彼等っていえばの皮ジャンだし…♪

さらに中には鬼軍曹ジョニーからのメッセージや…
c0104445_232416.jpg
ナイスフォトグラフの数々や…
c0104445_2325496.jpg
これまたマニアックなラモーンズTシャツがズラリ…どれか頂戴♪
c0104445_2331139.jpg
そして極め付きはこのおまけ…♪
c0104445_2334648.jpg
帯によるとどうやらこのシールは携帯電話用のものみたい…♪
c0104445_234810.jpg
当時のディレクターかな?がんばっていたんだね♪

しかし、カタカナでラモーンズってシールを携帯に貼るの…?

ってことで、彼等のいつもの強力なロックン・ロールが堪能出来るこのアルバム、気になる方はどうでしょうかね?
c0104445_2351497.jpg
中古で見つけたならそんな高くないだろうしね…うふ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2013-04-12 22:22 | N.Y.Punk | Comments(0)

So Alone / Johnny Thunders

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ジョニー・サンダース 78年の「ソー・アローン」を聴いてます♪
c0104445_231025.jpg
いやぁ、久しぶりに聴いたよね♪

ご存じのようにこれは、ジョニーがハートブレイカーズ解散後に出したファースト・ソロで、

ライブのオープニングでお馴染みの「Pipe Line」から始まって、

後に「Hurt Me」でも再演される曲や、ニューヨーク・ドールズ時代の曲、

「Great Big Kiss」「Daddy Rollin' Stone」などのカヴァーを、

ハートブレイカーズ時代のようなパンキッシュなロックン・ロールだったり、

シンプルなミッド・テンポのロックン・ロールで演じたもの♪

特筆すべきはなんといっても豪華な参加メンバー♪

スティーヴ・ジョーンズ、ポール・クック、ポール・グレイ、クリッシー・ハインド、ピーター・ペレットはもちろん、

スティーヴ・マリオットにフィル・リ…最近じゃライノットになるのかな?なんてメンツも参加してるっていう…♪

この辺はやはり愛すべきジョニーならではの交友関係になるのかな?

プロデュースはジョニーとスティーヴ・リリーホワイトだけど、

自分が聴いた中ではかなりリリーホワイトのプロデュースを感じさせないサウンドなんじゃないかな?

そんな豪華で聴きどころも多いファースト・ソロなんだけど、

やはり一番の聴きどころはB面頭の「Daddy Rollin' Stone」のカヴァーじゃないかな?

この曲はギターとドラムはスティーヴ・ジョーンズとポール・クックなんだけど、

参加ヴォーカリストが凄くてね…♪
c0104445_2314053.jpg
最初にジョニー、次いでベース兼任のフィル・ライノット、最後にはハーモニカも決まってるスティーヴ・マリオットだもん♪

まぁ、マリオットの歌がもの凄過ぎて、他の二人にはちょっと分が悪いけどさ…♪

そんなこのアルバム、やっぱジョニーのソロに於ける傑作になるんじゃないかな?

やっぱメンツ抜きにしても、以前取り上げたこれよりいい感じだもんね…♪

でも今聴いてるレコは別にいい感じでもなんでもない普通の独盤安レコ…
c0104445_2321839.jpg
それでも、各曲のクレジットや…
c0104445_2323951.jpg
参加メンバーかな?などが載ったスリーブがあるからまだいいかと…♪
c0104445_2324758.jpg
でも実はボーナス曲が付いたCDが気になっている俺なんです…うふ♪
c0104445_2331976.jpg
いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2013-02-06 22:09 | N.Y.Punk | Comments(0)