Airs and Graces / June Tabor

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ジューン・テイバー 76年の「エアーズ・アンド・ グレイセズ」を聴いてます♪
c0104445_17352728.jpg
いやぁ、久しぶりに聴いたよね…♪

ご存じのようにこれは、確かコステロも大好きらしい?英フォーク系の人なんだけど、

俺はメロウ・キャンドルやチューダー・ロッジが紙ジャケで出た頃かな?

まぁ、その手の音が特に気になっていた頃に、地元レコ屋さんかな?

その辺で見つけてね…で、確かちょっと視聴したら、冒頭曲の素晴らしさにやられて即ゲット…♪

小気味よく達者な…ニック・ジョーンズってのギター人みたい…♪

それ合わせて歌われる凛としたその彼女の歌に痺れてね♪

で、続く「Plains Of Waterloo」は無伴奏でそんなにだったんだけど、3曲目の「Bonny May」

これも冒頭曲同様なギター、彼女の歌に感動♪こりゃいいぞ!って思うも、

さらに無伴奏の曲は続き…気がつきゃアルバムの半数が無伴奏っていう…ふぅ

まぁ、その辺合わせての英フォーク、英トラッドって感じなんだろうけど、

やっぱこのロックバカには無伴奏、しかもそれが連発されるとちょっとしんどくて…

それでしばらくは聴いてなかった訳。

でも、今久しぶりに、改めてその無伴奏曲含めて聴くと、

伴奏付きの曲はもちろんだけど、無伴奏曲でも、彼女の歌の素晴らしさが、

以前より迫ってきて…まぁでもやっぱちょっと無伴奏曲、多いかな?

そんな彼女のアルバム、聴いてるのはカナダ盤安レコ…
c0104445_17355495.jpg
ジャケ裏面には彼女によるライナーノーツがあるけど…
c0104445_1736577.jpg
当然読めない俺なのでした…うふ♪
c0104445_17361311.jpg
いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2016-11-03 22:06 | トラッド、フォーク等 | Trackback | Comments(2)

Hark! The Village Wait / Steeleye Span

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、スティーライ・スパン 70年の「ハーク!ザ・ヴィレッジ・ウェイト」を聴いてます♪
c0104445_17324123.jpg
いやぁ、やっぱいいよね…♪

ご存じのようにこれは、

所謂英フォーク、エレクトリック・トラッド的で知られる彼等のファースト・アルバムで、

フェアポートやペンタングルを聴いたら…ってことで、たどり着いたんだよね♪

まぁ、ここでは後の彼等と違ってドラムも聴かれるけど、次作からはドラムレスだから、

さらに個性的に…だから、ここでの彼等はよりフェアポートっぽく?

聴きやすくなっているね…だから、俺も最初はこれを多く聴いたもんね…♪

楽曲もいいけど、ヴォーカルのクレジットが4人にあるからか?女性が2人いるからか?

冒頭曲からもわかるようにコーラスも美しく効いてるだよね…♪

元フェアポートのアシュリー・ハッチングスはもちろん、

後にザ・ポーグスに参加するテリー・ウッズなんかもいるし…♪

まぁ、そんな英フォーク関連についてはこのナイスリンク先に詳しいから…♪

そんな彼等のこのアルバム、聴いてるのはMOONCREST盤っていう安レコ…
c0104445_17325525.jpg
ジャケの印刷も荒いよくわらないレーベルだけど、こんなインサートも付いているから、
c0104445_1733536.jpg
まぁ、いいかと…ってことで、次作以降は後ほどにでも…うふ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2016-09-01 22:11 | トラッド、フォーク等 | Trackback | Comments(2)

Bells, Boots And Shambles / Spirogyra

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、スパイロジャイラ 73年の「ベルズ、ブーツ・アンド・シャンブルズ」を聴いてます♪
c0104445_1345417.jpg
いやぁ、やっぱいいよね♪

ご存じのようにこれは、メロウ・キャンドルチューダー・ロッジのアルバムと共に、

英フィメール・フォーク、三種の神器なんて呼ばれているらしいもので、

原盤は激レアらしいもの…♪

内容もそれに見合う素晴らしいもので、

管弦鍵盤楽器をフューチャーしてドラマチックに盛り上げる冒頭曲から、

夢のような美しいメロディから始まり、途中で意味深な行進の足音が聴こえる、

これまたさらにドラマチックなメドレー形式のラストまで、

ギター、ベース、ドラムと管弦鍵盤楽器などが作り上げたシンプルなサウンドながらも、

凛としてたり穏やかだったり、繊細だったり不穏な感じだったりする多彩なメロディ溢れる楽曲で、

バーバラのヴォーカルあわせて、この現代のもの?っぽくない、素晴らしい音世界溢れるものになっているんだよね♪

そんなこのアルバムなんだけど、上記の2作は最初紙ジャケで聴いて、その後再発アナログでゲットしたんだけど…

これに関しては、当時紙ジャケは出てなかったのかな?もしくは高かったか?

それでCDは保留し、暫ししてからこのレコをゲットしたんだよね♪
c0104445_1346475.jpg
レーベルは御覧のように韓国Si-Wan Recordsからのもの…
c0104445_13464757.jpg
見開きジャケ内部も美しく…♪
c0104445_1346677.jpg
何が書いてあるか全くわからないインサートも付いてるけど…
c0104445_13482466.jpg
裏面にはちゃんと英語で歌詞の方が…♪
c0104445_13484495.jpg
こんな素晴らしい作品をアナログでリイシューしてくれるっていう、

我が国と違って素晴らしく愛ある仕事をしてくれたのに、レーベルのデザインは素晴らしくないもので…うひょ♪

それでも、未だにこれしか持ってないから、ありがたいことには間違いないんだけどね♪
c0104445_13483383.jpg
まぁ、この手の音が好きな人はとっくに聴いてると思うけど…

それでも未聴で気になる人はどこかで御確認のほどを…うふ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2014-01-09 22:16 | トラッド、フォーク等 | Trackback | Comments(2)

Morning Way / Trader Horne

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、トレイダー・ホーン 70年の「Morning Way」を聴いてます。
c0104445_22161644.jpg
いやぁ、これは素晴らしいよね♪

ご存じのようにこれは、フェアポート・コンヴェンションにいたジュディ・ダイブルと、

ゼムにいたジャッキー・マコーリーの二人が残した唯一のアルバムで、

英国フィメール・フォークものの名盤として人気なもの♪

フォーク調の冒頭曲からその雰囲気がプンプンしてるけど、

ジュディのヴォーカルがくるとより一層と美しさが♪

でも、英フィメール・フォークものとして有名かもしれないし、

実際そんなアルバムだと思うけど、最近なんかそれだけじゃない、

英サイケ・ポップ、ソフト・ロック的なファンタジー溢れるサウンド、アレンジ、メロディなんかもたっぷりと感じられて…♪

そんな雰囲気もよく聴く要因になっているのかもね♪

なにより楽曲のクオリティが素晴らしくて、

唯一のカヴァーである「Down And Out Blues」、ジュディ単独共作曲2曲を除くと全てジャッキー単独作♪

こんな素敵で美しい楽曲作る人があのゼム…ワイルドなビート・バンドの…遠慮してた?

いや、やっぱあれはヴァン・モリソンのバンドだったんだろうね…♪

そんなこのアルバム、聴いてるのはレア盤のリイシューでお馴染み?のAKARMA盤♪
c0104445_22182234.jpg
つるっとした分厚いジャケットの裏面も内容同様に素敵なもの…♪
c0104445_22182532.jpg
でも個人的には見開き内部のイラスト♪
c0104445_2219644.jpg
このちょっと怪しく不思議で素敵な世界観…♪
c0104445_2219288.jpg
細かいところにまでいろいろと書いてあって…
c0104445_22191693.jpg
いいんだよね…♪
c0104445_22193231.jpg
B面最後には2曲の、これまた素晴らしい曲がおまけに付いていて…
c0104445_2220588.jpg
なんともやめられないアルバムだね…うふ♪
c0104445_2220295.jpg
いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2012-10-18 22:25 | トラッド、フォーク等 | Trackback | Comments(2)

The Pentangle

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ザ・ペンタングル 68年の「ペンタングル・ファースト・アルバム」を聴いてます。
c0104445_22255928.jpg
いやぁ、素晴らしいよね♪

ご存じのようにこれは彼等のファースト・アルバムで、

プロデュースはあのザ・フー、ザ・キンクスなどでお馴染みシェル・タルミー。

だからって、もちろんそんな感じのかけらもないサウンド…♪

超テクニシャン二人のギタリストに、ジャズっぽい感じもあるダブル・ベースにブラシなど?使ったドラムスのリズム隊。

そこに美しい歌声が乗る彼らのサウンドは、なかなかどうして、孤高の存在って感じじゃないかな?

楽曲だってもちろん悪くないし、演奏もそんなだから、ハマると暫く聴き続けちゃう…個人的にはそんな感じ♪

そんな彼等だけど、大体普通は以前取り上げた彼等やスティーライ・スパンあたりと並べて聴いたり出会ったりするところだろうけど、

自分はそれらより、以前取り上げた彼等彼等彼女を聴いて、

次いでフェアポート、そしてようやく彼等を聴いたっていう…

だから、よけい衝撃だったよね♪

正直フェアポートみたいなバンドだとてっきり思っていたんだから…♪

もちろん類似点もあるにあるけど、やっぱ似て非なるバンドだよね…特にアンサンブルが♪

まぁ、御覧の皆様同様、俺もどちらも素晴らしいバンドだと思うけどさ…♪

そんな彼等のこのアルバム、聴いてるのはお馴染みの国内盤帯なし安レコ…
c0104445_2227481.jpg
レーベルは御覧のようにトランスアトランティックね♪

嬉しい歌詞対訳に解説が付いたもの♪
c0104445_22275021.jpg
やっぱ国内盤は最低この歌詞対訳解説の3点セットだよね♪

以前取り上げた彼等と違って、彼等の作品は運良く安レコでいくつかゲット出来てるから、

他の作品も後ほどにでも…もちろんその安レコでね、うふ♪
c0104445_22285129.jpg
ジャケもなんかいいよね…♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2012-06-07 22:30 | トラッド、フォーク等 | Trackback | Comments(2)

Full House / Fairport Convention

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、フェアポート・コンヴェンション 70年の「フル・ハウス」を聴いてます。
c0104445_2285722.jpg
いやぁ、これも素晴らしいよね♪

ご存じのようにこれは、彼等の以前取り上げたこれや、

次作であるこれに続くアルバムで、
c0104445_2294845.jpg
この「リージ・アンド・リーフ」リリース前にサンディ・デニー(とアシュリーさん)が抜けちゃうから、

彼女の素敵な歌声や素晴らしいソングライティングはないけど、

それでも上記2作にならぶ、彼等の人気作じゃないかな?

ヴォーカルが男のせいか?気のせいか?それまでより骨っぽい感じに聴こえるし…

前作、このアルバム辺りが彼等の目指すトラッド・ロック、トラッド・フォークの完成系って感じなのかな?

まぁ、そんな素晴らしい内容は今さら俺如きが宣うよりも、ナイスリンク先とか御覧になられた方がいいと思うけど…♪

そんなこのアルバムなんだけど、所有盤は御覧のような紙ジャケCDでね…
c0104445_22105748.jpg
ホントは彼等の諸作も安レコがよかったんだけど、なぜか?偶然か?彼等の安レコとはなかなか出会わなくてね…

同じ感じ?のペンタングルやスティーライ・スパンなんかはちょびちょび安レコで出会うも彼等とは結局…

それでこの紙ジャケシリーズを…中古でゲットしてきて、まぁ満足していたんだけど…

確かに最近の紙ジャケCDと比べるとこの頃は良心的なものだし、ボーナス曲にブックレットなんかもついてるからいいけど…

でも、前作までブックレットが付いていたけどこれにはなぜかなくてね…ちぇ

まぁ、そんなことより最近気付いたんだけど、このCD曲順が変なんだよね。

解説に記してあったんだけど、原盤はこんな感じみたいでね…
c0104445_22111752.jpg
紙ジャケットの裏面にもその曲順が…
c0104445_2211471.jpg
なのに実際はこの曲順、いったいなぜ???
c0104445_2212943.jpg
その辺の理由も解説に記して欲しかったね。

よく紙ジャケとかで余分なボーナス曲はイラネーみたいなの見るけど…

だったら、プログラムすればいいのにとか、そこで停止すれば、なんて思う俺だけど、

これはオリジナルどおりに聴こうと思うなら確実にプログラムしなくちゃならないんだからね。

って、どんなどうでもいいこと?をだらだらと恐縮です…うふ♪
c0104445_2212247.jpg
さて、曲順の件でもググってみますかね…♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2012-05-17 22:18 | トラッド、フォーク等 | Trackback(1) | Comments(6)

Unhalfbricking / Fairport Convention

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、フェアポート・コンヴェンション 69年の「アンハーフブリッキング」を聴いてます。
c0104445_2236615.jpg
いやぁ、素晴らしいよね…♪

ご存じのようにこれは、彼等の3枚目のアルバムで、

最高傑作と名高い次作「リージ&リーフ」と並んで人気評価の高いもの♪

個人的にも、次作と同じくらい好きなもので、

内容の濃さはホントに同じ年に出たの?なんて思うようなものなんだよね♪

内容は物悲しくも美しい「Genesis Hall」で始まり、ディラン作の「If You Gotta Go, Go Now」をフランス語で歌った楽しい「Si Tu Dois Partir」、

ちょっとクールで二部構成的な「Autopsy」、めっちゃ大好きな名曲「Who Knows Where The Time Goes?」、

同じくディラン作の「Percy's Song」と「Million Dollar Bash」…

でもやっぱ目玉はなんでもエレクトリック・トラッドの発端となったらしい「A Sailor's Life」になるのかな?

まぁ、彼等やこのアルバムについてはこのナイス・リンク先にいろいろあるからぜひ御覧に…うふふ♪

そんな内容はもちろんこの作品、ジャケットも良くてね♪
c0104445_2237782.jpg
まるでNHKの「世界ふれあい街歩き」の一こまのような、歴史ある英国のお屋敷とそこに住む老夫婦…

そして、庭でくつろぐメンバ−…♪

やっぱこのジャケはレコで欲しかったね…

ってことで、聴いてるのはユニバーサルからの紙ジャケCD。
c0104445_22374220.jpg
いやぁ、この頃の紙ジャケのなんとも良心的なことよ!

だって、ただ紙ジャケにして、あとはディスクとペラの解説だけで3千円近くふんだくるものや、

値段上げるべく?もしくは下げたくないのか?強引におまけの紙ジャケ付けたりしてる昨今のものと違い、

これは紙ジャケとディスクに、プラケと同じだろうブックレットに、
c0104445_2238196.jpg
歌詞、解説、ありがたいブックレットの対訳までも付いて、
c0104445_22381686.jpg
なんと2141円っていう価格なんだから、うふ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2012-02-01 22:40 | トラッド、フォーク等 | Trackback | Comments(6)

Bryter Layter / Nick Drake

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ニック・ドレイク 70年の「ブライター・レイター」を聴いてます。
c0104445_22422693.jpg
いやぁ、これはご存じのように彼が生前残した3作の内の2作目で、

確か90年代頃にフリーソウルなどのクラブ的シーンで注目され再評価されたものみたい。

そのせいか?彼の3作中一番気合いの入ったアレンジが施され、

それは冒頭のインストでの切り込んでる豪華なストリングス一発でわかるよね。

他にもサックスが活躍したり、女性コーラスがあったり、ちょっとグルーヴィーなサウンドだったり…

それでも、それら施された装飾の核には前作、そして次作同様の彼の命の煌めきのような繊細で美しい歌の数々があるんだけどね♪

実は最初にこのアルバム聴いた時には、その豪華なサウンドにちょっとピンとこなくてね…

でも、こうやって改めて聴くと、これはこれでいいアルバムなんだよね♪

どうも彼の人生の最後がどこか頭にあるから、こういうちょっと豪華なサウンドに違和感を感じ、

それで、ピンとこなかったのかも…余計な思い込みはいらないんだよね。死んだから繊細でシンプルじゃなきゃとか、死んだから凄いとか偉いとかどうこうとかね…♪

そんなこのアルバム、聴いてるのは以前ここでも述べたシンプリー・ヴィニールからのもの♪
c0104445_2244235.jpg
やっぱ彼の諸作はレコで欲しかったから、これはこれでいいんだけど、最近は彼の歌っていたその世界観が知りたくてね♪

で、こないだオフのジャンクCDでこの作品の国内盤CDがあって!

うっひょー!ジャンクで盤が悪くても、国内盤だから、対訳読めるぜ!

って喜ぶも、その国内盤、歌詞と解説しかなくてね…

いったいそれじゃなんのための国内盤の解説だよって感じで…ふぅ
c0104445_22444333.jpg
せっかく例の価格で対訳がゲット出来ると思ったのにね…うふ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2011-10-20 22:48 | トラッド、フォーク等 | Trackback | Comments(2)

Bert Jansch

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、バート・ヤンシュ 65年のファースト・アルバムを聴いてます。
c0104445_20215584.jpg
いやぁ、なんとも残念な彼の訃報を、

先日リンクさせてもらっているスワブさんのところで知ったからって訳じゃないけど、

いや、そんな訳だから?久しぶりに彼のこのレコを引っ張り出したんですね♪

いつ聴いても、この凄腕のギター・テクニック!

これはしびれるよね♪

ギター弾いたことがある人はもちろん、弾いたことがない人でも、

例えばインストものの「Finches」、「Casbah」、有名な「Angie」あたり聴いてもらえるとわかるんじゃないかな?

なんたってギター1本でこの表現、このサウンドだからね♪

だから、比較的シンプルなプルース調の歌入りナンバーも平凡には聴こえなくて、

どこか高尚で、伝統的で、神秘的な響きに感じられるんだよね♪

もちろん通常のシンガーソングライターものに聴こえる部分、瞬間も大いにあるけどさ♪

そんな彼のこの最初のソロ・アルバム、聴いてるのは、以前オフで例の価格でゲットした普通の国内帯なし安レコ…
c0104445_2025966.jpg
それでも、ちゃんとトランスアトランティックのレーベルだね♪

通常よりひとまわり小さい歌詞解説付きね♪
c0104445_20252387.jpg
しかし、これからもこういう偉大なアーティストの訃報、残念だけど続くと思うけど…
c0104445_2026046.jpg
やっぱり嫌だなぁ…R.I.P.

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2011-10-10 20:27 | トラッド、フォーク等 | Trackback | Comments(6)

Five Leaves Left / Nick Drake

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ニック・ドレイク 69年のデビュー作「ファイヴ・リーヴス・レフト」を聴いてます。
c0104445_20485511.jpg
いやぁ、なんとも物悲しく切なげで美しい、そんなアルバムだよね♪

彼に関しては、気になった頃にはもうレコはなかなかの値段になっていてね、

確か地元で行われたレコ・フェアで、中古米ボロ盤が3〜4千円だった記憶があってね…

それで、やっぱ高いよなぁ…CDかなぁ…

なんて思いながらいると、さらに90年代かな?

多分、フリーソウルなどのクラブ的シーンから、再度盛り上がって…

すると当然レコ価格も上昇…

って、それからしばらく経った頃、その盛り上がりのせいか、ラッキーなことに、「Simply Vinyl」から新譜としてレコードが再発売♪

うっひょ〜♪

って、思うも、当然新譜レコっていっても、「Simply Vinyl」の重量盤仕様だからやっぱり1枚3000円くらいしてね…全部で9000円かよ…

なんて、もやもやもたもたしてたらそのレコ自体見かけなくなってきて…

そんなある時、よく覚えているけど、渋谷の巨大なレコファンにその「Simply Vinyl」のレコの内2種が処分価格の1000円くらいになっていて!

うっひょ〜♪

と、迷わずゲット!
c0104445_20495593.jpg
さらに残りの1枚、「Pink Moon」はないか?ないのか?

と、店内隈無く探すもやっぱりなくて…ふぅ

店を後にしながら、そばをうろうろしていると、確か今はもうない別のレコファンがあって、

ここにもレコあるなぁ…と、祈るような気持ちで物色すると!

あったんです、「Pink Moon」が!

値段も同じ処分価格で!

ってことで、彼の3枚は同じ日に、同じ渋谷で、同じレコファンのお店で、同じ価格で、同じ「Simply Vinyl」からの新譜をゲットしたんです♪
c0104445_20503667.jpg
そんな彼のこのアルバム、上記したように素晴らしいものであるけど、

やっぱいつ聴いても、微妙な気持ちになる部分があるんだよね…

まぁ、彼の人生の結末ってのもあるけど、なんだろ?

彼の素晴らしいヴォーカルとギター、それとそれ以外のサウンドがまったく別世界のものって感じがしてね…

まぁ、それでも達者なメンツがバックを占めているから不満はなく、ちょっとそういう風に思うだけだけどさ♪

今の気分だと、そういう微妙な気分があまりしない、

アルバム中、なかなかポジティヴなメロディな「The Thoughts Of Mary Jane」や「Saturday Sun」などに心引かれるね。

物悲しいとか切ないとか暗いだとか、そういう感じや論評が多い彼だけど、

ず〜っと、一瞬の隙もなく、そういう気分や状態じゃなかったはずだしね♪
c0104445_20511471.jpg
いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2010-08-12 20:54 | トラッド、フォーク等 | Trackback | Comments(6)