Mighty Garvey! / Manfred Mann

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、マンフレッド・マン 68年の「マイティ・ガーヴィ!」を聴いてます♪
c0104445_21534522.jpg
いやぁ、やっぱ最高だよね…♪

ご存じのようにこれは、

彼等のマンフレッド・マン名義でのラスト・オリジナル・スタジオ・アルバムになるもので、

以前ここでも取り上げたように、英サイケ・エラを代表するような、英サイケ・ポップの名盤を代表するような、

そんな素晴らしいもので、ひょっとして、ビートルズを除くと、ザ・ゾンビーズのこれと双璧をなすような、

そんな名盤…なんて言っちゃっていいような、そんなアルバムじゃないかな?

冒頭と最後、そして中盤に配置された「Happy Families」がちょっとコンセプチュアルな感じを出して、

それらに挟まれた楽曲はもう名曲がギッシリでね…♪

その時代らしくメロトロンやハープシコードがカラフルに彩るサウンドだけど、

その時代らしいテープの逆回転、ラジオ・ヴォイスみたいな実験的なエフェクトはなく、

やっぱドラッギーな感じっていうより、楽曲を彩る感じに重きを置いてるのも、

既にヒットを連発している、奏者としてもプロフェッショナルな彼等ならでは、って感じじゃないかな?

上記したようにどれも素晴らしい曲だけど、今聴いた気分だと、

「Every Day Anther Hair Turns Grey」「The Vicar's Daughter」「Each And Every Day」

「Cubist Town」「Harry The One-Man-Band」あたりがいいかなぁ…って、それ以外もいいんだけどさ♪

アルバム制作のセッションが2年に渡って行なわれたのにこのクオリティっていうのも、

上記のこれみたいで…どちらもやっぱ流石だよね…♪

そんな最高に大好きなこのアルバム、聴いてるのは最高でもなんでもない普通の輸入安レコ…
c0104445_21545990.jpg
西独ステレオ盤ですね…

ジャケ裏面がモノクロだし、おまけに上記した「Every Day」が付く2曲がAB面逆に入れ替わって表記されてるっていうもの…
c0104445_2155369.jpg
それでも買った当時は高いオリジナル盤と泉谷風?のジャケの米盤は西新宿あたりでも見かけたけど、

こういうお手頃価格のリイシュー盤はなかなかなくて、ゲットに苦労したんだよね…

だから、内容の素晴らしさあわせて愛おしく、大好きな名盤なんだよね…♪

それでもこれゲットの後、03年あたりに出たこの紙ジャケCD…なんと世界初CD化♪
c0104445_220744.jpg
これは価格も仕様も内容も当時は素晴らしいリイシューだったから、即ゲット…♪
c0104445_2203139.jpg
まぁ、その辺に関しては紙ジャケを聴いた時にでも…うふ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2015-04-12 22:13 | Manfred Mann | Trackback | Comments(2)

Mann Made / Manfred Mann

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、マンフレッド・マン 65年の「マン・メイド」を聴いてます。
c0104445_21201615.jpg
いやぁ、これはご存じのように彼等のセカンド・アルバムで、

R&B色の強かった1stと比べ、これはもうちょっとジャジーだったり、ポップだったり、

全体的にヴァラエティにとんだものになっているね♪

そのせいか?どうかわからないけど、この後からヴォーカルのポール・ジョーンズが抜けたりっていうメンバーチェンジが始まって、

チャプター2に向かっていくんだね♪

楽曲、演奏はもちろん、ヴォーカルもいいし、これは巷の評判以上に名盤なんじゃないかな?

でも彼等のアルバムで一番聴くのはこれじゃないんだけどさ…♪

そんなこのアルバム、聴いてるのは以前東芝EMIより出た「マン・メイド・プラス」なる12曲もボーナス曲が入った紙ジャケCD♪
c0104445_21204525.jpg
他の3種の紙ジャケあわせてのコンプリート・コレクションなるもので、
c0104445_2121311.jpg
彼等のHMV時代の音源がほぼ網羅されるっていうもの♪

でも、同時期にユニバーサルから出た、チャプター2時代の同シリーズ、
c0104445_2121192.jpg
これはデフ・ジャケがカードとしておまけされているし、ジャケ裏面の折り返しも誤魔化してないし、値段も約500円も安いから、EMIの完敗だね…♪

まぁ、今じゃユニバーサルもこんな値段じゃないし、

強引におまけ付けて、この不況で、しかも売れていないと言われるCDらしからぬ?信じられない強気の高価格にしてるから、もはや同レベルなのかな?

さて、そんな彼等は現在ザ・マンフレッズ名義で活動してるらしく、

以前記事にしたように来日が決まっているっていう…

でも、曜日はいいけど、足代、宿代、会場入りから終わるまでず〜っと立ちっぱなし等諸々の諸条件により、

参加は未だ未定の俺なんです…ふぅ

これこれは田舎者に優しかったなぁ…うふ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2012-02-21 21:23 | Manfred Mann | Trackback | Comments(2)

ザ・マンフレッズ来日!

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いやぁ、以前記事にも書いたように、6月にマンフレッズが来日するみたいね♪

日程も、ありがたい金土日♪

リーダーのマンフレッド・マンはいないみたいだけど、

それでも、ポール・ジョーンズ、トム・マッギネス、マイク・ハグに、チャプター2からのマイク・ダボまでもいる…♪

これは是が非でも見たいところだよね♪

でもねぇ…やっぱり呼び屋があのピンクのレコ袋でお馴染みのレコ屋さんなんだよね…
c0104445_22382838.jpg
まぁ、呼んでくれるのはいいんだけど、どうにも田舎者に全然優しくなくてね…

まず、チケットがどうやら電話してからの現金書留を送付っていうやり方みたいでね…なんともこの平成も20年以上過ぎたこのご時世とは思えない昭和なスタイル…

近場の方は直接行って買うみたいだけど…それも昭和な感じするし…そのくせ徹夜で並ばないで下さいだって…ふぅ

あとは、どうも会場がオール・スタンディングの小さいライブ・ハウスみたいでね…う〜む

彼等を見たい人ってやっぱ若い人中心じゃないと思うのよ。

それを、また以前のヴァシュティの時みたいに、始まってからはもちろん、始まるまでもず〜っと立ちっぱなしで待ってなきゃいけないなんて…

都会なんだから、もっといい規模の、全席指定の素敵な会場ありそうなのに…始まったら立ち上がるって感じの、しかもちょっと小さめの会場ね♪

あとは、まぁどんなバンドかにもよるけど、前座に日本のバンドがあるみたいでね、それもどうなんだろうと…

それだったら、この時この時みたいに、早く始めて早く終えるみたいな感じでも、いやその方がいいと思うのに…

もちろん最初に記したように、呼んでくれるだけありがたいんだけどさ…

そんな俺はいま、所謂チャプター2に於ける、いや彼等のキャリア全体の中でも最高な1枚っていってもいい、

もしくはサイケ・エラを代表する1枚っていってもいい名盤であるこれを聴いてます♪
c0104445_22401267.jpg
でも、長くなったんで、この名作、傑作については、また今度聴いた時にもで…うふ♪
c0104445_2241636.jpg
皆さんは観に行かれます?

俺は…どうしようかなぁ…思案は続くよ…ふぅ

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2012-01-17 22:49 | Manfred Mann | Trackback | Comments(6)

Mannerisms / Manfred Mann

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、マンフレッド・マン 76年の「マンネリズム」を聴いてます。
c0104445_21311533.jpg
いやぁ、これはご存じ彼等のフォンタナ時代のコンピ盤で、

自分は、人気のHMV/EMI時代も好きだけど、このフォンタナ時代も同じくらい好きでね♪

だから、フォンタナ時代の名作のこれらレコを…♪
c0104445_2131498.jpg
ゲットした後、これをゲットしたんだよね♪

まぁ、今となっては全部で12曲っていうのはちょっと物足りないけど、

当時はよく聴いたよね♪

でも、そんなこのレコ、今凄く久しぶりに聴いたんだよね。

それはなぜか?

答えは、この紙ジャケCDを買ったからでね…♪
c0104445_21322534.jpg
この紙ジャケシリーズはご存じのように彼等の音源をほとんど網羅したもので、

この紙ジャケCDも、こんな感じで、全部で22曲も入ってるっていう…♪
c0104445_21324426.jpg
だから上記の2つの名作あわせて、レコであんまり聴かなくなってきたんだよね…

そんな久しぶりに活躍したこのレコ、所有盤はフィリップスのこんなレーベルね♪
c0104445_2133162.jpg
紙ジャケはフォンタナのレーベルだから、俺のと違うフォンタナ・レーベルのレコがあるのかな?
c0104445_21333396.jpg
ってことで、やっぱ物足りないんで、この紙ジャケCDでも聴きましょうかね?

価格内容仕様ともに素晴らしいこの紙ジャケCDの詳細などはそのうちにでも…うふ♪

そんな素晴らしい彼等、なんですけど…なんでもネットをいろいろ見てたら来年来日?なんて噂が…ホントでしょうかね?
c0104445_21335719.jpg
いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2011-07-24 21:35 | Manfred Mann | Trackback | Comments(4)

Up The Junction / Manfred Mann

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、マンフレッド・マン 67年の「アップ・ザ・ジャンクション」を聴いてます。
c0104445_22571521.jpg
いやぁ、これ好きなんだよね♪

これはご存じのように、映画「アップ・ザ・ジャンクション」のサントラ盤で、

映画同様、スウィンギン・ロンドンの香りただよう、

なんともポップでサイケでジャジーでモッド。それでいてちょっと不思議な雰囲気の音楽でいいんだよね♪

っていいながら映画は未見な俺だけどさ♪

解説とか読むと、これはマイク・ハグとマンフレッド・マンの二人中心になって作ったものみたいで、

楽曲とかはかなりマイク・マグが活躍してるみたいね♪

サントラっぽいテーマ曲、インストや、この時代ならではのサイケ・ポップ的な曲、これなんかを思い出させるジャジーなインストなどなど…♪

そんなこのアルバム、今聴いてるのは03年かな?に出た紙ジャケCD。
c0104445_2258527.jpg
「Fontana Years Vol.3」とあって、ナイス・ボーナス・トラックたっぷりだから、これ含めてこの5枚で彼等のフォンタナ期の作品が全部…いやほとんどかな?そろうっていう優れもの♪
c0104445_22584632.jpg
おまけに値段も当時のユニバーサルの価格で2141円だし、歌詞対訳解説とライナーの訳までついてるし、

さらに米盤ジャケットがこんなカードとなってついてるっていう…♪
c0104445_2259305.jpg
ああ、ちょっと前なのに、この頃の紙ジャケ、いいよね♪

でも、実はこのアルバム、最初に買ったのはこれじゃなくてね…

90年代頃かな?「アナログ限定再発!」なんていう風に、確か出張時東京のレコ屋で新品レコを見たもんだから、

「よっしゃー!」って買ったんだけど、案の定?リプロ盤でね…ふぅ

それでも内容が良かったから本物ホンモノものほんって思うも、かなりのレア盤でね…

そのリプロ盤はすぐ売ったから、困ったなぁなんて思いながら数年、忘れてた頃、このリリースのアナウンスがあって、

ようやくやれやれなのでした♪

ってことで上記他のタイトルや、下のEMI/HMV期の諸作などは後ほど…うふ♪
c0104445_230756.jpg
いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2011-01-31 23:02 | Manfred Mann | Trackback | Comments(2)

Manfred Mann / Soul Of Mann

どうも♪アクセスありがとう!へどろんです。

いま、マンフレッド・マン、67年の「Soul Of Mann」を聴いてます。
c0104445_2259138.jpg
これは、ナイス再発レーベルの「See For Miles Records」よりの再発盤で、

御覧のように、ジャケットはオリジナルとは全然違う演奏シーンが使われています。

収録内容はこのレーベルでたまにある、そのままの曲数で曲順。

こんな再発盤でも結構入手に苦労したね。

結構いい値段した記憶あるし…オリジナルは見たことすらないけど♪

内容はご存じ、ヒット曲出してる同じビート・グループとは思えない高度な演奏力で

ほぼ全編に渡ってインスト・ナンバーを聴かせてくれます。

個人的にお気に入りは「Spirit Feel」かな?

これはなんでもあのジャック・ブルースが参加しているナンバーみたいね。

他にはザ・フー、ストーンズ、ヤードバーズなどのカヴァーもあるこの作品。

なんでインスト集?って思うけど、確かこのグループ、

デビュー曲もインストだったよね?

デビュー曲でインストって…そっちのほうがすごいよね?

まぁ、そんなことはさておき、このジャジーなインストを高度な演奏力で聴かせる作品。

ポップ・ナンバーな彼等とはひと味違うけど、これもまた彼等の魅力のひとつ、

興味のある方はどうでしょうかね?

ちなみに、以前出た紙ジャケCDはちゃんとオリジナルのガイコツジャケで、ボーナストラックてんこ盛りの嬉しい仕様でした♪ 折り返しはあれだけど…
c0104445_22595752.jpg
でも、彼等のアルバムで一番聴くのはこれだったりするけど…そのうちに紹介できればと思いますが…♪
c0104445_2301748.jpg

現在、昨日よりちょっとダウンの30位です!いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪

人気ブログランキングへ
[PR]

by hedoron | 2009-05-22 00:01 | Manfred Mann | Trackback | Comments(4)