カテゴリ:The Jam/Neo Mods( 27 )

Setting Sons / The Jam

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、我が青春のザ・ジャム 79年の『セッティング・サンズ』を聴いてます♪
c0104445_20293134.jpg
いやぁ、やっぱ最高だよね…♪

ご存知のようにこれは、彼らの4枚目のアルバムで、

かなりの頻度で最高傑作と言われているもの…♪

もちろん、俺もそんな風に思ったことも多々ある名盤だけど、

近年はこれよりも前作の方がちょっとだけ素晴らしいように思えて…

まぁ、サウンドの一体感などはこのアルバムの方が素晴らしいんだけど、

アルバムだからのバラエティに富んだ内容、っていう風に考えると、

フォーキーで英国風味の効いた曲もある前作の方がちょっと…なんて思えてね。

もしこのアルバムにもう数曲同じクオリティで、

ちょっと毛色の違う楽曲があったりしたら間違い無く最高な…

そう、ポールの兄貴がまるで『フーズ・ネクスト』よろしく最初の予定通りに完成しなくて、

手堅くまとめたみたいな物言い…だったかな?も今じゃ頷けるような、そんな風に思えてね。

まぁ、それでも彼らの中でっていう、高いレベルでの話なんだけどね♪

もちろん、それでも重厚なジャケット、ネオ・モッズなバンドらしいブライトンなジャケ裏面、

全体的にビートの効いたタイトでソリッドな演奏はもちろん、楽曲だって悪くないから、

彼らの最高傑作っていうのにふさわしい一枚であるとは思うんだけどね♪

上記したように10曲で少ないって思いもあるけど、

やっぱこんな風にするものどうかと思うから、やっぱこれでいいのかな?

そんな彼らのこのアルバム、聴いてるのはこんな歌詞カードの半分が欠落した国内盤じゃなく、
c0104445_20295779.jpg
上記リンクにもあった米盤でもなく、
c0104445_2030843.jpg
英再発盤…だから当然ジャケットにエンボス加工もないし、
c0104445_20302657.jpg
スリーブじゃなく、ペラのインサートになったもの…
c0104445_20303746.jpg
それでもレーベルはカスタムレーベルだし、英オリジナルは高いだろうからこれでいいかと…うふ♪
c0104445_2030508.jpg
色味が違うね…♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2017-03-26 22:06 | The Jam/Neo Mods | Trackback | Comments(0)

Glory Boys / Secret Affair

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、シークレット・アフェア 79年の『グローリー・ボーイズ』を聴いてます♪
c0104445_20575890.jpg
いやぁ、彼らもいいよね…♪

ご存知、以前ここでも取り上げたネオ・モッズな彼ら♪

そんなこれは彼らのファースト・アルバムになりますね♪

実際上記リンクのベスト的なCDを聴いて、

ザ・コーズスクワイヤーほどハマらなかったけど、

何時ぞやの上京時に、中古良品レコがナイスプライスであって、

しかもジャケ裏面に折り返しがあったり表面コーティング仕様だったりする、

そんなアナログだったからついゲット…それがCDと違ってなかなか愛聴することになって…♪

それで取り上げているってわけ♪

内容はパンチの効いたネオ・モッズ的なサウンドが詰まったものになっていて、

モッズが朝まで踊っているようなダンス・ナンバーがあったり、

ギターがアグレッシヴに鳴っているビート・ナンバーがあったり…♪

サウンド的にはスネアの音がちょっと微妙に感じるけど、

それ以外はイアン・ペイジのヴォーカル合わせていい感じ…♪

楽曲も我らがザ・コレクターズもカヴァーした「Time For Action」筆頭によくできているものが多いし…♪

そんな思いだから、あるものをポチッと…到着したらいつものように披露しますけど♪

そんなこのアルバム、聴いてるのは多分に英オリジナル盤と思しきアナログ盤♪
c0104445_20581078.jpg
上記したようにジャケ表面のみコーティングで裏面の上下に折り返しがあるもの♪
c0104445_20582056.jpg
こんな歌詞カードもあるけど、
c0104445_20582820.jpg
今ググったらどうやらもう1枚インサートっぽいものがあったみたいね…

ってことで、もちろん我が青春のザ・ジャムは超別格だけど、

それでも彼らもなかなかいいネオ・モッズ・バンドだと思うので、気になる人はどうでしょうかね?
c0104445_20584041.jpg
いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2017-03-16 22:06 | The Jam/Neo Mods | Trackback | Comments(0)

All Mod Cons / The Jam

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、我が青春のザ・ジャム 78年の「オール・モッド・コンズ」を聴いてます♪
c0104445_17184478.jpg
いやぁ、やっぱ最高だよね…♪

ご存じのようにこれは、彼等のサード・アルバムで、

多分に一般的には前作の頃からのスランプからポール・ウェラーが抜け出して、

モッズ、パンク云々だけじゃない彼等独自のオリジナリティを確立した、

そんな風に言われているような、そんなもの♪

なんだけど、個人的にはそんな思いより最近じゃ、

ひょっとして彼等の最高傑作じゃないかな?なんて思うようなものでね♪

まぁ、彼等の最高作には次作や次々作あたりがあげられることが多いだろうし、

俺も以前はそんな思いだったんだけど、ここ収録された楽曲の数々、

ビートの効いた曲はタイトル曲やラストの超名曲、

さらには「To Be Someone」や「Billy Hunt」、

「’A’ Bomb in Wardour Street」あたり、今までの彼等らしく充実しているし、

それ以外の、いかにも英国バンドっぽい曲が最近特によく思えて…♪

「English Rose」はもちろん「Mr. Clean」や「In the Crowd」や「Fly」あたりが…♪

それら合わせたヴァラエティ溢れる曲の集合体のような様から、

やっぱアルバムとしては最高なものなんじゃないのかなぁ…なんて思ったりしてね♪

ザ・キンクスの「David Watts」やビートルズっぽい雰囲気漂う「It's Too Bad」あたりの収録も、

スランプから抜けきった余裕なんかにも思えて…♪

中でもやっぱり彼等の楽曲の中で個人的にベスト5に常に入るだろう♪

「Down in the Tube Station at Midnight」♪

これはタイトな演奏と評価高いらしい歌世界合わせたその地下鉄よろしく疾走するような楽曲は、

いつ聴いてもたまらないものなんだよね♪

そんな彼等の最高傑作だと最近思うこのアルバム、聴いてるのは最高じゃない普通の米盤安レコ…
c0104445_17204430.jpg
なんでも「Billy Hunt」と「The Butterfly Collector」を差し替えたっていう、彼等の米盤らしいものもあるみたい♪
c0104445_17205439.jpg
レーベルもターゲット・マークになっているっていう、かっこいいものあるみたい…
c0104445_17234231.jpg
ってことで、他のアルバムはそのうちに…って、もうあれかあれだけ?

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2016-09-25 22:02 | The Jam/Neo Mods | Trackback | Comments(2)

LIVE JAM / The Jam

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、我等が青春のザ・ジャム 93年の「ライブ・ジャム」を聴いてます♪
c0104445_1085848.jpg
いやぁ、やっぱ燃えるね♪

ご存じのように近々待望の!期待溢れる!楽しみな!

77年から82年までの未発売ライブ音源を収録した6枚組なんていう驚愕なブツがリリースされる彼等♪

そんなこれは93年にリリースされた、多分にこれに続くようなライブ・コンピ盤で、

発売日に即買ったんだよね…♪

でも、なぜだか最初その「Dig The New Breed」ほどピンとこなくてね…

まぁ、その理由は今考えてもよくわからないけど、

それでもやっぱりザ・ジャム♪特にこれには山ほど聴いていた「Dig The New Breed」収録曲ともダブりもないし、

アグレッシブな歌と演奏はやっぱりたまらないものになっているんだよね…♪

そんなこれを最初に買ったのは俺も暗黒のCD時代のど真中だったから普通の国内盤CD…

それでも少しして同じ頃に出た「Extras」と共に「やっぱアナログだろ?」と買い直しを決意!

それで暫くしてゲットしたって訳…でも「Extras」の方はまだ、っていうか多分無理…

で、今聴いてるのはそのリリース後暫くしてゲットした英アナログ盤♪
c0104445_1093456.jpg
2枚のレコが入ったスリーブにはポールの兄貴とブルースがいて、
c0104445_1094855.jpg
裏面にはリックとライナーが…♪
c0104445_1010357.jpg
レーベルはツマンネーお馴染みポリドールの赤い奴…

ってことで、上記した6枚組は到着次第取り上げますので暫しお待ちを…♪
c0104445_10104656.jpg
ああ、楽しみだね…うふ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2015-09-29 22:14 | The Jam/Neo Mods | Trackback | Comments(0)

ザ・ジャムの収録曲…♪

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いやぁ、このブログにもちょくちょく登場して、

カテゴリもある我が青春のザ・ジャム♪
c0104445_14202147.jpg
彼等のオリジナル・アルバムの中には、

『Snap』にみたいに、7インチが付いているものや、

『The Gift』みたいに初回盤は外袋が付いたもの、

さらにこの『Dig The New Breed』みたいにジャケ裏面上下が折り返してあるものなんかあって、

それらとカスタム・レーベル含めての物的な仕様の違いはちょくちょくあるんだけど、

どうやら収録曲の違いもちょくちょくあるみたいでね…まぁ、米盤になるんだけど。

例えばここで述べたように『This Is The Modern World』の米盤みたいに、
c0104445_1420481.jpg
A面2曲目に「All Around The World」が追加されて、曲順も替えられたり、

ここで述べたように頭に「Start!」を持ってきた『Sound Affects』があったり…ジャケもちょっと替えられてるね…
c0104445_14212265.jpg
これには「Going Underground/Dreams Of Children」のシングルも付いていて…♪

さらにちょっと前にナイスリンク先で取り上げられていて初めて知った『All Mod Cons』、
c0104445_1421393.jpg
これのB面頭に収録の「Billy Hunt」がシングル曲の「The Butterfly Collector」に差し替えられているものがあるっていう…!
c0104445_1422217.jpg
ちなみに自分所有の米盤『All Mod Cons』は通常の「Billy Hunt」収録のもの…
c0104445_14221513.jpg
そんな気が付きゃいろんな収録曲違いのある彼等の米盤アナログ。

さらなるものをちょっと前に見つけてね!

それはこの『Setting Sons』の米盤レコ…♪
c0104445_1422352.jpg
これはなんとも強引っていうか、びっくりしたよね。

では御覧ください…♪
c0104445_14225085.jpg
御覧のように「Girl On The Phone」と「Thick As Thieves」の間にシングル曲の「Strange Town」をぶち込んでるっていう…

もちろん「Strange Town」は彼等の名曲の一つだと思うし大好きだけど、今まで聴き慣れてきた流れをぶった切るような…

それでもこの米盤、まだこれだけじゃなく、この本来A面であるべきサイドが実のところB面になっていて、

本来B面であるこちらの面がA面になっているっていう…
c0104445_14231264.jpg
ということは「Burning Sky」からアルバムは始まるっていう…ふぅ

いやぁ、ザ・ビートルズをも悩ませた米盤の強引なこれらの手口。

ポールの兄貴は当時どう思っていたのか…って、知っていたのかな?
c0104445_14232751.jpg
ってことで、残るファーストと『The Gift』にこういう曲順、曲目違いがあるのかどうか?

その辺が今気になっているんです…うふ♪
c0104445_14234356.jpg
いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2015-05-19 22:14 | The Jam/Neo Mods | Trackback | Comments(5)

Beat That! / Purple Hearts

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、パープル・ハーツ 80年の「ビート・ザット!」を聴いてます♪
c0104445_2358998.jpg
いやぁ、以前から改めてちょくちょく聴き集めて、

ブログに取り上げているネオ・モッズものなんだけど、

多分にその最後になるであろう彼等、これはそのファースト・アルバムになりますね♪

まず冒頭の「I Can't Explain」的なギターリフでニヤリ…ラスト曲は「Out In The Street」的なイントロだし…♪

さらにネオ・モッズっぽい荒っぽいリズム隊、小気味いい楽曲♪

ワイルドに爆発する部分なんかもあるサウンドはやっぱなかなかで…♪

「If You Need Me」なんてソウルフルに歌い上げたりもするヴォーカルも初々しさあって悪くないし…

まぁ、大雑把に、わかりやすくいうと、同じネオ・モッズバンドの中だと彼等っぽいサウンドじゃないかな?

だから個人的にはよく聴く方だね…♪

風貌もなかなかグッド・ルッキンなんだけど、ジャケ見るとその辺は伝わってなくて、

ちょっとマイナスじゃないかな?

そんな彼等のこのアルバム、聴いてるのは以前の彼等と同じかな?

Captain Mod Recordsからのもの。
c0104445_23593584.jpg
シングルのB面曲も収録したナイス・リイシュー♪

ブックレットには英文ライナーやちょっとした写真、シングルのジャケ、レーベルなんかもあってまずまず♪
c0104445_23584089.jpg
ってことで、改めてじっくりネオ・モッズものを聴いてみるこの試み、

この彼等で多分に打ち止めじゃないかと…好きなもの多々あったけど、そうじゃないものも…うふ♪
c0104445_23595546.jpg
いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2013-09-08 22:14 | The Jam/Neo Mods | Trackback | Comments(2)

This Is The Modern World / The Jam

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、我が青春のザ・ジャム 77年の「ディス・イズ・ザ・モダン・ワールド」を聴いてます♪
c0104445_23462466.jpg
いやぁ、やっぱいいよね♪

ご存じのようにこれは彼等のセカンド・アルバムで、

他の作品と比べると一般的には評価低いもの…なのかな?

まぁ、確かポール・ウェラー自身が当時スランプだったみたいで、

それを乗り越えて、次作からの、パンクの枠組みを軽く超えていく名作群を出しちゃうから、

そんな風にも言われるんだろうね…

それでも、こうやって改めて聴き込むと、さすがザ・ジャム♪

ファーストのような勢いもたっぷりあるし、次作への芽生えなんかも感じさせる曲も入っている…♪

彼等のコアなファンほど気に入ってるような感あるこのアルバム…やっぱいい作品だよね♪

タイトルからしてネオ・モッズの旗手?っぽさを感じるタイトル曲、

ザ・キンクスの「Come On Now」っぽいギターが聴ける「London Traffic」、

「I Can't Explain」的なカッティングで大好きな「Standards」までの冒頭3曲の流れもいいし、

以前はピンとこなかった「Life From A Window」「The Combine」なんて、かなり素晴らしいんじゃないかな?

特に「Life From A Window」…これは正直今の気分だったらここに残ったかも…うひょ♪

アナログB面の方は、今も以前も楽曲、構成ともに素晴らしいと思うね♪

パンキッシュな「In The Street, Today」、ビート、メロディともにかっこいい「London Girl」「Here Comes The Weekend」、

フォーク・ロックっぽい雰囲気漂う「I Need You(For Someone)」「Tonight At Noon」、

そして最後を飾るソウル・ナンバー「In The Midnight Hour」…これは「Standards」と共にコピーもした思い出深い曲だね♪

いやぁ、正直彼等の諸作はいい作品、思い出深い作品ばかりだけど、一般の評価に惑わされて、

この作品はちょっと落ちるのかな?なんて思っていた感も少しあったけど…改めて見直したって感じだね♪

そんなこのアルバム、最初に聴いたのは2曲目に「All Around The World」が入った米盤からのカセットだったけど、

今聴いてる所有盤はその後買った普通の帯なし安レコ…
c0104445_23473611.jpg
レーベルはツマンネー真っ赤なポリドールのもの…

それでも歌詞解説が付いた歌詞カードと…対訳がないのがダメだけど…
c0104445_2348630.jpg
こんなジャムファイルなるものが載ってるからまぁいいかと…♪
c0104445_2348238.jpg
おまけにこのアルバムのジャケ、特にジャケ裏面のブルースのジャンプのかっこいいことよ♪
c0104445_23483876.jpg
ってことで、我が青春のとか、我が心のとか、我が愛しのとか言っときながら、

サードも4枚目も未だ取り上げない中、ようやく登場のセカンド♪
c0104445_23491576.jpg
やっぱ最高っす…うふ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2013-08-22 22:17 | The Jam/Neo Mods | Trackback | Comments(4)

Face In The Crowd / The Merton Parkas

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、マートン・パーカス 79年の「仮面の群衆」を聴いてます♪
c0104445_23441847.jpg
いやぁ、これはどうなんだろうね…

以前よりちょくちょく取り上げている、ネオ・モッズ・バンド。

これもご存じのようにそんなバンドで、

後にポール・ウェラーとスタイル・カウンシルを結成するミック・タルボットが在籍していたことで有名なんじゃないかな?

でも、こうやって後追いで改めて聴くと、これってモッズなのかな?なんて思ったりするような、

キーボードがいるから、どこか初期XTC、初期スクイーズあたりなんかを思わせたりする部分もあったりするし、

線の細いサウンドは軽快って言えば聞こえはいいけど、ちょっとガッツが足りないっていう感じだし…

まぁ、それでも「Tears Of Clown」「Steppin' Stone」あたりのカヴァーはいいセンスしてるし、

オリジナルも、曲の出来はそんなに悪くない、ジャケットだってブライトンで撮影した、モッズって感じのものだし、
c0104445_234451100.jpg
ジャケ裏面にあるライブフォトなんか見ると、こういうサウンド・プロダクションじゃなくて、

もっと荒々しい、それこそライブとかだともっといい印象だったんじゃないかな?

それにモッズは音だけじゃなく、ライフスタイル含めてのことだと思うし…うふ♪

そんな彼等のこのデビュー作、聴いてるのは国内帯無し安レコ…

ジャケに見本盤シールが貼られた、所謂サンプル盤ですね…
c0104445_23454499.jpg
レーベルにはまるでタイトルが「見本盤」かと思うような大きさ…
c0104445_23455950.jpg
まぁ、こんなブツだけど、安かったからまぁいいかと♪

ってことで、ネオ・モッズを改めて聴いてる俺ですけど、

後のバンドはもういいかな?って…いや、あと1つありましたね♪

彼等で最後でしょう…多分ね♪
c0104445_2347098.jpg
ちなみに個人的に今まで聴いたネオ・モッズ・バンドの中でこの彼等が一番ダ…うひょ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2013-04-08 22:15 | The Jam/Neo Mods | Trackback | Comments(0)

Dig The New Breed / The Jam

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、我が青春のザ・ジャム 82年の「ディグ・ザ・ニュー・ブリード」を聴いてます♪
c0104445_23243544.jpg
いやぁ、やっぱ最高だよね♪

ご存じのようにこれは、彼等の解散後に出されたライブなんだけど…実は以前取り上げ済みでね…

そんな以前取り上げ済みのこのアルバムをなぜまた取り上げたのか?

それは以前取り上げたのは国内盤なんだけど、これは英盤でね…♪
c0104445_2325144.jpg
御覧のようにレーベルはカスタムで、国内盤の普通の赤いポリドールのレーベルと違うかっこいいもの♪
c0104445_23252547.jpg
インナースリーブは国内盤の歌詞解説の外側と同じだけど、ジャケット同様中央がくり抜かれてるタイプ♪
c0104445_23254873.jpg
まぁ、それらは国内盤とたいした違い感じないかもしれないけど、特筆すべきはジャケット、

その裏面なんだよね♪
c0104445_2326486.jpg
わかる?
c0104445_23261928.jpg
そう、ジャケット裏面上下が折り返されてるんだよね♪

まるで60年代のジャケットみたいなこの仕様、これはなかなかのもんじゃないかな?

もちろん内容は、編集されたライブコンピ盤だけど、

いつ聴いても熱気溢れる彼等のアグレッシヴなライブが堪能できるものだね♪

まぁ、内容の詳細は以前の記事でも御覧になってもらうとして…♪

しかし、内容同じレコを、このケチケチな俺がよく買えたもんだな、

なんてお思いの方、実はこのレコ…かなり安かったんです…うひょ♪

じゃなきゃ、同じレコの買い直しの類いはしませんよ…

いくら我が青春のバンドっていっても…多分ね、うふ♪
c0104445_23273325.jpg
以前出たらしい紙ジャケCDはこの仕様だったのかな?

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2013-03-13 22:22 | The Jam/Neo Mods | Trackback | Comments(4)

「ザ・ギフト」のデラックス版♪

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いやぁ、どうやら近々出るらしい我が青春のザ・ジャム、

そのラスト・スタジオ・アルバム「ザ・ギフト」のデラックス版♪

我が青春のなんて言っておきながら、当然このケチケチな俺は購入予定はなくてね…

でも、先日その豪華箱とか2CDとかいろいろチェックしていたら、

通常のアルバム部分だけだと思っていたディスク1に、

この頃のシングル曲群が追加されていてね…♪

この頃のシングル曲群の「The Bitterest Pill(I Ever Had To Swallow)」「The Great Depression」

「Beat Surrender」「Pity Poor Alfie/Fever」「Shopping」「Stoned Out Of My Mind」などは、

個人的にはアルバム収録曲群にも引けを取らないくらいだと思っているから、

これが追加されたディスク1だけっていうのがあれば、それはいいかも?

なんて思っていたら、そんな1CDタイプはないみたい…でも、デモ曲とか付いた2CDもなぁ…デモとかって数回聴いたらもう…♪

そんなことを思っていたこのケチケチ野郎はあることを思い付いてね…♪

それは以前格安でゲットしたこれね♪
c0104445_22221312.jpg
まぁ、これの詳細は上記リンク先である過去の記事でも御覧になってもらうとして、

思い付いたっていうのはこのディスク4の部分♪
c0104445_22222188.jpg
どうです?

ちょっとだけそのデラックス版のディスク1の追加部分に近い曲群が16曲目から最後まで…♪

ってことで、いまこれのその部分を聴いてるんです…♪

だから、やっぱ「ザ・ギフト」のデラックス版は見送りとなるでしょう…うひょ♪
c0104445_22223335.jpg
悪いねポールの兄貴♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2012-11-05 22:14 | The Jam/Neo Mods | Trackback | Comments(6)