Ooh La La / Faces

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、フェイセズ 73年の「ウー・ラ・ラ」を聴いてます♪
c0104445_1791836.jpg
いやぁ、やっぱいいよね♪

ご存知のようにこれは、彼らの傑作サードに続く、

4枚目のアルバムで、残念ながらラスト・アルバムになったもの…

ご存知のように、当時はロッドがソロで売れていたため、

レコーディングになかなか来れなかったとか、

故にロニー主体で進めたせいか?

インタビューでロッドが「クソアルバムだぜ」なんて言ったとか言わなかったとか…

結果、我が愛しのロニーがこの後脱退するっていう…ふぅ

そんなちょっと悲しい側面を持つアルバムなんだけけど、

個人的にはアルバム単位だとこのアルバムが彼らの諸作の中で一番好きなものでね…♪

冒頭から彼ら流のゴキゲンなロックン・ロールが続いて聴こえてくるけど、

その後に流れてくるロニーならではのほろ苦い「Flags and Banners」…ロッドとの共作だけど♪

確かマックがこれはロニーのアルバムだ、なんて言ったとか言わなかったとか?

そんな風に思うと、その曲はいいけどそれ以外のA面曲は、

そんなにロニー印満載かな?なんて思うも、

アナログにあたるB面の、特に「If I'm On The Late Side」から、

ラストのタイトル曲までの曲群、その流れはもう納得のロニー印満載で、

ファンにはたまらないもの、だから上記のように一番好きっていう…♪

特に歌世界的にはよく言われるタイトル曲もだけど、

それよりもその前の「Just Another Honky」♪


♪僕が取り残されるよりも

君を鎖で縛りつけておくことを考える方が

僕には辛いのさ

僕も君のように、大草原へと駆けていこう♪


こんな歌詞を見てると、マリオットが抜けて残されたことや、

ロッドがなかなか来なくて、先に抜けられてまた同じ思いをするんだったら俺が…

なんて、いらぬ妄想をしちゃったりして…♪

もちろん、ロニー印満載以外のフェイセズならではのロックン・ロール、

シンプルだけど素晴らしいギミックジャケ含めての一番好きなアルバムなんだけどね♪

そんなこのアルバム、聴いてるのは普通の国内盤帯なし安レコ…
c0104445_1793094.jpg
それでもギミックありで、日本語解説にでかい歌詞カード、

そして、売却しちゃった紙ジャケCDよりの対訳のコピーもあるから、満足なものなんだよね…♪
c0104445_1793878.jpg
いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2018-01-05 22:05 | Small Faces | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://hedoron.exblog.jp/tb/28730577
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]