The Last Cowboy / Gallagher & Lyle

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ギャラガー&ライル 74年の「ザ・ラスト・カウボーイ」を聴いてます♪
c0104445_17101031.jpg
いやぁ、やっぱ素晴らしいよね♪

ご存知のようにこれは、昨日取り上げたマッギネス・フリントに在籍していて、

アップル絡みでメリー・ホプキンにも名曲を提供していた名ソングライターコンビ、

ギャラガー&ライルの4作目のアルバムになるもの♪

内容はもうこれまで同様に素晴らしくて、

彼らならではの英国風味田舎風味溢れるフォーキーでポップなロックが詰まったもの…

なんだけど、一般的に次作から作風がちょっとAORっぽく変化しているって言われてるせいか?

ただの気のせいか?俺の気の迷いか?お前らのせいか?わからないけど、

冒頭のクールでジャジーな曲、サックスが彩る「I'm Amazed」なんか聴くと、

おいおい、次作への布石か?なんて思ったりもするけど…♪

まぁ、でもそれは次作のイメージからの連想って部分が大きいと思うね♪

だって、若干あるそういうテイストの曲以外は、やっぱりいつもの素晴らしい楽曲が詰まって…

いや、そういう曲だって、やっぱりいい曲なんだからね…♪

それでも特にB面の従来の路線的な楽曲?の連なりの素晴らしさは特筆に値するんじゃないかな?

そんな彼らのこのアルバム、聴いてるのはこんな好きな人は大好きな色のレーベルのもの♪
c0104445_1710458.jpg
ってことで、上記したようなちょっと路線の変わった次作はどうしましょうかね?
c0104445_17105380.jpg
いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2017-12-15 22:15 | UK 70-74 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://hedoron.exblog.jp/tb/28455888
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]