Teenage Symphonies To God / Velvet Crush

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、我が愛しのヴェルヴェット・クラッシュ 94年の「ティーンエイジ・シンフォニーズ・トゥ・ゴッド」を聴いてます♪
c0104445_22384532.jpg
いやぁ、これもいいんだよね…♪

ご存じのように、あのクリエイション・レーベル初のアメリカン・バンドだった彼等、

これはそんな彼等が届けてくれた、あのギター・ポップ、パワー・ポップ的な超名盤のファーストに続くセカンドで、

前作が朋友マシュー・スウィートとのプロデュース、録音がそのマシューの自宅で8トラックだったのが、

ここではミッチ・イースターとのプロデュース、クレジットがないからわからないけど、しっかりと録音されたと思しきもの♪

全体的にはパワフルでラフなサウンドにグッド・メロディが光る従来のギター・ポップ、パワー・ポップ的な楽曲と、

フォーキーだったり、カントリーっぽかったりするアコースティックな響きのサウンドの楽曲からなる、

前作から格段に進歩した彼等の姿を感じられるもの…♪

収録曲も以前取り上げたシングル曲や、

ジーン・クラーク作の「Why Not Your Baby」、マシュー作の「Something's Gotta Give」、

スティーヴン・ダフィーとメンバーの共作「Faster Days」含む全12曲は、当時の彼等の勢いそのまま、素晴らしいものになっているんだよね♪

アルバム・タイトルもブライアン・ウィルソンの「スマイル」からって感じだし、

カントリー・テイストなんかは、同じクリエイションのレーベルメイトだった彼等と同じように、

ザ・バーズ近辺へのリスペクトをしてるようだし…♪

でも結局この辺がピークだったのかなぁ…次作からちょっと…そして現在も…

それでもこのアルバムと上記リンクしたファーストはギター・ポップ、パワー・ポップ好き…って聴いてるか…♪

そんな彼等のこのアルバム、聴いてるのは英クリエイション盤♪
c0104445_22401566.jpg
インナースリーブには歌詞と…♪
c0104445_22403591.jpg
冴えないルックスが最高に素敵な彼等のフォトグラフが…♪
c0104445_22404897.jpg
可愛らしいイラストのジャケもいいんだよね…♪

ってことで、彼等の他の作品や…
c0104445_22405448.jpg
他の素晴らしい90年代のギター・ポップ、パワー・ポップ的な作品なんかは後ほどにでも…うふ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2013-04-15 22:18 | US 90-94 | Comments(0)