Love And Poetry / Andwellas Dream

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、アンドウェラズ・ドリーム 69年の「ラヴ・アンド・ポエトリー」を聴いてます。
c0104445_21432330.jpg
いやぁ、もの凄く久しぶりに引っ張り出したね♪

まぁ、彼等に関しては以前取り上げたこれは好きでよく聴いたんだけど、

それ以外のこれらはそんなにハマらなくてね…
c0104445_21434324.jpg
でも、いろんなところで、それらもいいっていいうのを見ると、

改めてじっくり聴いたらどうかな?ってようやく思って♪

それで、最近上記所有盤を引っ張り出したって訳♪

そして、所謂俺の好きな英サイケ・ポップ、その名盤の誉れ高きこの作品、

やっぱりいいものなんだね♪

どうもヘヴィに切り込んでくるギター、荒っぽいドラム、

それら混沌としたサウンドなんかがサイケ・ポップっていうより、

サイケだろ?なんて以前は思ったんだろうね…

確かに今聴いても、69年作のせいか?ポップなサイケ・ポップって感じは物足りないけど、

それでも、俺の好きなこれの収録曲に通じるような、

デイヴ・ルイスのソングライティング光る楽曲は、

多少混沌としたサウンドの中でも光るものがあるんだよね…って今さら?

ちょっと牧歌的な雰囲気があったり、英ビート・バンドの延長って感じの曲があったり、

ストリングスが盛り上げる曲があったり、ジェントルなギターだけの曲があったり…♪

いやぁ、今さらながらこれもいいアルバムなんだね…♪

でもそんなアルバムなのに、所有してるこの紙ジャケCD、これはちょっと頂けないものだね…
c0104445_21445117.jpg
ご存じヴィニール・ジャパンから04年に初のCD化ってことで出たもので、レーベルはこんな感じで、まだ許せるんだけど…
c0104445_21452689.jpg
中には解説と歌詞が載ったモノクロ三つ折りの紙だけでね…
c0104445_2145468.jpg
まぁ、ジャケ裏面のこんなロゴやクレジット、バーコードまでに目くじらたてないけど…
c0104445_21455435.jpg
それでも、昨今よく見るこういうプラケとブックレットのかわりを紙ジャケにしましたっていうダメ紙ジャケ…

近年の紙ジャケCDの値段の高騰含めて、こういうのに出会う度に、俺の紙ジャケ愛は依然とは比べ物にならないくらいに…

と、ぼやきはこの辺にしますが…さぁ、他の作品もじっくり聴き込んで、気を取り直しますかね?
c0104445_2146077.jpg
プラケに買い直しかな?って、ケチケチな俺はそれも…うふ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2012-08-05 21:49 | UK 65-69 | Comments(2)

Commented by スワヴ・ルイス at 2012-08-05 23:33 x
いやあ、これってビニールジャパンからも紙ジャケで出てたんすね。てことは知る限り3種類のCDが出たってことっすね。
なんか改めて聴いてみると、このバックのドタバタ感は「ドリーム」が取れた2ndにも引き継がれたのかなって感じもします。
今じゃ聴くたびに「いいなあ」と思うときと「やっぱB級だなあ」と思うときがありますね。う~ん、やっぱりデイヴじゃなくてバックのせいか・・・
Commented by ヘンドウェラ at 2012-08-06 21:17 x
いやぁ、なんでも世界初CD化ってあるんで、最初のCDだと思います♪
でも、なんだか紙ジャケブーム?に乗った感丸出しでちょっと…だから、内容にピンとくるまで時間がかかったんでしょうかね?
今だったらボートラ付きのプラケをチョイスするんでしょうけど♪

ドタバタ感、セカンドにもありますか?さっそく聴いてみます〜♪
確かにB級感は拭いきれないかもしれないっすね…うふ♪