Casablanca Moon / Slapp Happy

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、スラップ・ハッピー 74年の「カサブランカ・ムーン」を聴いてます。
c0104445_22301548.jpg
いやぁ、もの凄く久しぶりに聴いたけど、やっぱ素晴らしいよね♪

よく彼等に関して、アバンギャルドなポップ・ミュージック的な物言いされることが多いけど、

確かにどう読んでも微妙なバンド名に、

怪しげな雰囲気たっぷりのジャケット、

メンバーが前衛芸術家だったとか、

ヨーコ・オノばりのスクリーミング・ヴォイスがちょっと聴こえたりだとか…

そんな諸々を知っているから、なおさらそんな風に思っちゃうのかもしれないけど、

サウンドだけ聴くと、タンゴのリズムに哀愁のヴァイオリンのタイトル曲に、

違和感感じるくらいポップな曲、

彼等流ボサ・ノヴァって感じの曲や、

タブラが聴ける曲なんかもあるし…

そんなアバンギャルドなんて感じさせない素晴らしい楽曲が詰まったものなんだよね♪

そんな中だと、上記したタブラの聴こえる曲と、ダグマー・クラウゼの多彩なヴォーカルが聴ける「Mr. Rainbow」とかが今の気分だといいかなぁ…♪

今はそのカセットはもうないけど、実はこのアルバムの元となったアルバムがあったようでね、

タイトルが「Casablanca Moon」を逆にしたもので、内容も記憶だと、これをもうちょっとシンプルにした、

同じくらい素敵なものだったと思ったけど…♪

そんなこのアルバム、聴いてるのは普通の国内盤帯なし安レコ…
c0104445_22304983.jpg
こんなヴァージンのレーベルね♪

解説に歌詞が付いたものだけど…対訳が読みたかったね♪

しかし、やっぱこのジャケ…
c0104445_2231677.jpg
なんか恐いんだよね…うひょ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2012-04-29 22:33 | UK 70-74 | Trackback(1) | Comments(6)

トラックバックURL : http://hedoron.exblog.jp/tb/17894534
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from スワブのアルバム・レビュ.. at 2012-04-29 23:44
タイトル : カサブランカ・ムーン/スラップ・ハッピー (73年作)
ドイツ人の女性ボーカル、ダグマー・クラウゼ、イギリス人のアンソニー・ムーア、アメリカ人のピーター・Blegvad(←読めません)3人によるアヴァンギャルドポップ・バンドのセカンドです。大昔1stの‘Sort Of…’に挑戦しましたが手放してしまい(またか)、そこ...... more
Commented by スワップ・ハッピー at 2012-04-29 23:52 x
いやあ、自分もこれから入ったんですけど、裏盤の「アクナルバサックヌーム」がさらによかったですね。
かなりの曲者ちゅうか、ひねくれモンぽくていい感じっす。
まさにアヴァン・ポップて言い方にふさわしいと思いましたっす。
Commented by スラップ・ヘッピー at 2012-04-30 20:24 x
いやぁ、もはやその裏盤の記憶はほとんない俺ですけど、やっぱよかったっすか♪またゲットしたいもんです…♪
そうですよね。全然ポップじゃない人たちが、軽く出来るぜとばかりにこんな音楽を作ったって感じの凄みプンプンですから、うふ♪
Commented by サイケ at 2012-05-01 21:06 x
スラップ・はっぴーは、以前来日した時に奇跡的に札幌にも来たので観に行きましたよ♪ダグマー・クラウゼ嬢の歌は、生ではより清楚で妖艶で軽やかで、とても素晴しかったです。もちろん裏盤「アクナルバサックヌーム」も素晴しいですよね。
Commented by hedoron at 2012-05-01 21:52
サイケさん、コメントありがとうございます♪

いやぁ、そりゃいいっすね♪
やっぱ生の彼女はよかったですか…俺も見たいっす♪
そして、裏盤、捜索しないとですね、うふ♪
Commented by ノエルかえる at 2017-08-20 21:00 x
古い記事にお邪魔します、 
カサブランカ・ムーン、
訳して見ました、 

いつもフェドラスを被っていた彼だけど、 
今は、トルコ帽を是見よがしに被ってる。 
言う事、言う事に、 
カバラ風の暗示が隠されている。 
煙草を一本吸って、それから、
また、話しの縒りを戻すんだ。 
真上に、カサブランカ・ムーン。 

偽りの身分証を使い、 
モスクに庇護されながら、秘密に活動する彼だけど、 
白露に足跡を残して、 
消えた党員を追跡して、通り過ぎた 
陸土はどれだけだったか、勘定も出来ない。 
真上に、アクナバルザック・ンーム。  

彼の偽装は何所かで漏れた。 
ホボーケン駅では、警官が言った、 
「彼の旅行鞄はなくなった」と。 
そして、彼はオリエントに送られた。 
二重スパイ、混血だ。 

彼の口髭にはコカインの染みがある。 
彼のジグソーパズルはピースが合わない。 
高官たちは、彼の多面を南コーカサス諸国の 
コインに刻印しようと思っている。 

彼は、慎重にしないといけない。然もないと、孰れ、 
換気口の中で、
高官たちに、首のない自分の遺体を晒すことになる。 

電飾の様な連なった汗が彼の目を痛めだした。 
精液の様な神経症が変装の隙間から滲み出している。 
暗い売春宿で、彼は、叫び声で鏡を割った。 
真上に、カサブランカ・ムーン。 

昨日の夕方、とうとう、彼は正気を失った。 
城壁は崩れた。すると、全人類が彼の前に 
立っていた。皆が、手を差し上げて、 
深遠な手真似をして見せた。彼は分からなかった。  




Commented by へどろん at 2017-09-03 00:48 x
ノエルかえるさん、対訳誠にありがとうございます。

当方英語はからっきしですので、羨ましいです♪