The House Of Love

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ハウス・オブ・ラヴ 90年のアルバムを聴いてます。
c0104445_2123188.jpg
いやぁ、久しぶりに引っ張り出しけど、なんとも懐かしく、やっぱ素晴らしいね♪

これは彼等にとって、クリエイションからのデビュー作に続くセカンド・アルバムで、

前作同様セルフ・タイトルなのはメジャー移籍第一弾だからの新たな決意表明的な感じなのかな?

内容も充実で、特に彼等の中でもかなりのキラー・チューンだろう「Shine On」から、

こないだ取り上げた彼女もカヴァーした名曲「Beatles And Stones」、

この2曲だけでも、もう充分にいいアルバムってわかるよね♪

他にも躍動感溢れる「I Don't Know Why I Love You」などの曲や、

ガイ・チャドウィックの優しげなヴォーカルが響く「Blind」などの曲など…いやぁ、やっぱいいよね♪

しかし、彼等って言えば初期クリエイションを代表するアーティストのひとつだけど、

初期クリエイションだと結構ヴェルヴェッツやテレヴィジョンなどの影響が大きい、所謂インディって感じのギター・バンドが多い中、

彼等はそれらより、もうちょっとネオ・サイケ的なギター・サウンドが聞こえたりするし、インディ・ギター・バンドって感じもそれほどじゃなくて、

もうちょっとしっかりした、本格的な感じがするね♪

そんな彼等のこのアルバム、聴いてるのはフォンタナ盤♪
c0104445_21243892.jpg
こんな蝶々のインナースリーブが付いてるのに、
c0104445_21245292.jpg
さらにこんな歌詞カードまで♪
c0104445_2125681.jpg
いやぁ、こりゃレーベルも気合い入っていた感じだね♪

そんな彼等はなんでも数年前に再結成したようだけど…どうなったんだろうね???
c0104445_2125172.jpg
いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

by hedoron | 2011-10-23 21:26 | UK 90-94 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://hedoron.exblog.jp/tb/17007863
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by jirowe at 2011-10-24 00:41 x
こんばんは。
ハウス・オブ・ラヴは名曲満載のこのアルバムが最高傑作だと私は思っております。
「ビートルズ&ストーンズ」という曲は「Beatles And The Stones」というタイトルが
正解のはずですがレーベル面は「Beatles And Stones」でStonesの前のTheがありません。
5曲目の「Hedonist」も初期ヴァージョンでは「The Hedonist」だったし
レーベル面のバンド名も「House Of Love」と印刷されていてTheが抜けています。
「Beatles And The Stones」のBeatlesの前には元々Theが付いていなくて
昔から不思議に思っていました・・・すいません、Theについてのどうでもよい話でした。
Commented by hedoron at 2011-10-24 22:30
jiroweさん、こんはんば。コメントありがとうございます♪

いやぁ、やっぱ最高傑作っすかね?自分はこれ以降は未聴なんであれですけど、やっぱ名盤っすよね♪

そして、「The」の情報、恐縮です♪

あるアーティストが以前、「The」のあるなしのこだわりについて述べているのを聴いたことあるんですけど、結構こだわるアーティストはこだわるみたいですよね。はたしてこのレコの「The」の有る無しはアーティストの意向なのか?それともフォンタナ側が勝手にやったことなのか?その辺が気になるところっすね、うふ♪