Peter Gallway

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ピーター・ゴールウェイ 72年のアルバムを聴いてます♪
c0104445_1939345.jpg
いやぁ、やっぱ最高だよね♪

ご存知のようにこれは、この名盤の後に、この名盤をリリース、

そしてその後にリリースしたピーター・ゴールウェイの初のソロ名義のアルバム♪

内容はもう上記リンクの2作同様に素晴らしい音楽が詰まったもので、

以前述べたように、それら3作合わせてピーター三種の神器なんて言ってしまいたい♪

そんなものなんだけど…そんな素晴らしい割にはどうも巷の評価が低い、

っていうか通好み、アメロック好みで終わっているような…

個人的にはラヴィン・スプーンフル、ジョン・セバスチャンあたりと並び評されてもいいんじゃないの?

なんて思うような、そんなピーターへの思いなんだけど…ふぅ

やっぱグッド・タイム・ミュージックだとかスワンプだとかSSWだとか、

そんなお題目的なものがないと食いつきが悪いのかな?

かなり素晴らしい歌を聴かせてくれているんだけど…ふぅ

ここでもそんな最高な歌の数々を、

これにも参加していたケニー・アルトマンやこれにも参加していたポール・ハリス、

さらにはダニー・コーチマーあたりも参加して、素晴らしいちょっとモダンな部分あるアメリカン・ロックを聴かせてくれているっていう…♪

やっぱいつ聴いても最高なんだよね♪

そんなこのアルバム、聴いてるのはご覧のようなロック名盤復活シリーズなる国内盤♪
c0104445_19392538.jpg
これと同じシリーズの第三弾みたいだね♪
c0104445_19393699.jpg
やはり血まなこってあるね…♪

ってことで、フィフス・アヴェニュー・バンドでやった曲の再演なんかも含むこのアルバム、

気になる人はどうでしょうかね?

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

# by hedoron | 2017-09-23 21:23 | US 70-74 | Comments(0)

Spitting Image / The Strypes

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ザ・ストライプス 17年の「スピッティング・イメージ」聴いてます♪
c0104445_16575954.jpg
いやぁ、これはいいんじゃないかな?

ご存知のように、衝撃的なデビューを果たした彼ら。

これはそんな彼らのサード・アルバムで、

正直前作はファーストほどハマらなかった俺だけど、

まだ聴き始めて数回目だけど、このサードはなかなかいい感じみたい♪

ちょっと幅を広げたようなサウンドの前作より、シンプルなサウンドを聴かせてくれているし、

その中でも隙間を生かしたりするアレンジが目立ったり…ヴォーカルも変わらずフレッシュだしビートもタイト…♪

そんなサウンドに彼らならではのポップなロックン・ロール♪

ファーストがフィールグッド的って言われたりしたみたいだけど、

ここではもっとポップだったり、パブ・ロック以降のロック、NWあたりの雰囲気があったかと思えば、

初期のニック・ロウ的なナンバー「Great Expectations」やハーモニカ弾ける「A Different Kind Of Tension」なんかもあったりして…♪

まぁでも、よく言われるサードが正念場?サードが勝負どころ?っていう風に考えると、

もうちょっと…なんて贅沢に思ったりするけど…

だってティーンだった彼らも、多分もう20歳過ぎたんじゃないかな?まだ?

だから、もう若いだけは売りになりにくいだろうし…それでも若いか♪

そんな彼らのこのアルバム、聴いてるのはVirgin EMI Recordsからのアナログ盤♪
c0104445_16591644.jpg
ダウンロードのコードと歌詞やコードが載ったスリーブがついた見開きジャケのもの♪
c0104445_16592947.jpg
ってことで、ホントにセカンドよりいいのか?さらに聴き込んでみたいと思いますよ…うふ♪
c0104445_16593987.jpg
いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

# by hedoron | 2017-09-22 21:22 | UK 10 〜 | Comments(0)

まぶしい / 曽我部恵一

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いやぁ、今日ず〜っと脳内に「ママの住む町」って歌が流れていてね♪

だから、その曲が入ったこの我らが曽我部恵一 14年の「まぶしい」聴いてるんです♪
c0104445_170980.jpg
いやぁ、これはいいよね♪

ご存知のようにこれは、多分に目下ソロ名義での最新のオリジナル・スタジオ・アルバムで、

前作も良かったけど、ここではさらにやりたいことをぶちまけたように、

ヴァラエティに富んだ、彼にとってホワイト・アルバム的にも思えるような、

そんなもの…冒頭や、途中に数曲ノイジーにコラージュされたような実験的な楽曲があるけど、

それ以外はロックだったりファンクだったりポップだったりフォークだったりアシッドだったり無伴奏だったり、

大瀧詠一のカヴァーだったり…そのどれもがかなりいい出来でね♪

まぁ、実験的な曲は正直あれだけど、インタールード的に思えばまた♪

こんな大作が前作から4ヶ月で出来ちゃうっていうからやっぱすごいよね♪

内容だけじゃなく、3Dメガネがついた、3D仕様のジャケットも面白いもので…って、メガネはかけないけどさ♪
c0104445_1702141.jpg
ちなみにレーベルも3D…♪
c0104445_1703050.jpg
まぁ、どこかでも見たけど、バラエティに富んだ内容の大作だから、

CDで一気に聴くよりアナログで4面に分けて聴くほうがってあったけど、

確かにそんな風に聴いたほうがいいのかも…♪

そんなこのアルバム、聴いてるのは確かこのレコ屋さんでキャンセルされて途方に暮れ、

後になんとかゲットできたアナログ盤…嬉しい同内容のCD付きね♪
c0104445_1703921.jpg
いやぁ、やっぱりいちいちアナログでリリースしてくれるから、

彼、さらに最高だよね…うふ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

# by hedoron | 2017-09-21 21:21 | 日本のロック・ポップ | Comments(0)

Lick / Lemonheads

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、レモンヘッズ 89年の「リック」を聴いてます♪
c0104445_0365556.jpg
いやぁ、これもいいよね♪

ご存知のようにこれは、既に取り上げ済みの彼らの代表作であり、

そして90年代を代表するようなこの名盤に先駆けるアルバムで、

インディ時代のラストを飾るもの…♪

だから、インディ時代の荒々しさはもちろん、

次作への布石的なクオリティの高さ感じる楽曲も多々あるし、

何より疾走感溢れ、ノイジーでとんがったパンキッシュなサウンドに包まれた、

彼らならではのポップでメロディックな楽曲はやっぱりたまらないものがあるんだよね♪

次作のS&Gのカヴァーに先駆けるような「Luka」のカヴァーなんかもあるし…♪

気がつきゃデラックス仕様なものも出ているっていうのも頷ける、

そんなアルバムなんだよね♪

個人的にはこれ、次作とリアルタイムでホントよく聴いたよね♪

そんな彼らのこのアルバム、聴いてるのは普通の安レコ…
c0104445_037990.jpg
こんな広告がついてるTAANG!からのもので、
c0104445_0371841.jpg
ジャケ裏面隅を見ると…
c0104445_0373020.jpg
どうやらカナダ盤みたい…

ってことで、デラックス盤も気になるけど、その辺や他のアルバムはそのうちにでも…うふ♪
c0104445_0373967.jpg
若いね…♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

# by hedoron | 2017-09-20 21:20 | US 85-89 | Comments(0)

Grave Disorder / The Damned

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ザ・ダムド 01年の「Grave Disorder」聴いてます♪
c0104445_0441566.jpg
いやぁ、なんとも最高だよね♪

ご存知のようにこれは、彼らの01年にリリースされた、

多分に9作目のオリジナル・アルバムで、

正直「Anything」止まりだった自分はちょっと前まで全然気にしてなかったものでね…

でも、ナイスリンク先にこのアルバムはいい!と紹介されていて、

さらにはアナログでもリリースされていたってあって♪

それでもリリースされてからもう10年以上も経っているアルバムのアナログ…

こりゃゲットは難しいのかな?CDでも狙ったほうがいいのかな?

なんて思っていた少し前、ありがたいことにアナログでリイシューされて♪

内容はもう彼らが好きならニヤリとすること、

または、こりゃいいね♪って思うこと間違いなし?のそんな内容になっていて、

まぁ、ファーストくらいしか聴いていない人にはあれだけど、

好きなくともこれからこれあたりの彼らが好きなら気に入るだろう♪

そんな内容になっていて、彼ららしいちょっとダークな雰囲気溢れる、

さらにポップで疾走感なんかもたっぷりある、

そんな彼ら独自の英国流パンク、ロック、ポップなものになっているんだよね♪

メンバーはデイヴの嫁さん含む5人組になっていて、
c0104445_0442964.jpg
ラットがいないのは残念だけど、個人的にはキャプテンがいるから…♪

どうもピストルズやザ・クラッシュ、ザ・ジャムあたりと比べると、

レココレで特集をやってなかったり、なんか評価人気低い感じがするような気がするけど、

こういう素晴らしい内容の近作を聴くと、やはり最高な彼らは侮れないって思うし、

同時にこれ以外の未聴の諸作の存在も気になってくるね♪

そんな彼らのこのアルバム、

聴いてるのは上記したような今年リイシューされたNitro Recordsからのアナログ盤♪
c0104445_0444221.jpg
歌詞やクレジットや写真などが載ったスリーブがついたもので、
c0104445_0445091.jpg
ジャケ裏面にはグラサンで決めたメンバーが…♪

なんでも最近ベースにまたポール・グレイが加入したなんてニュースを見たけど…出入りの激しさは相変わらずみたいね、うふ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

# by hedoron | 2017-09-19 21:19 | The Damned | Comments(0)

Pacific Street / Pale Fountains

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いま、ペイル・ファウンテンズ 84年の「パシフィック・ストリート」聴いてます♪
c0104445_0385630.jpg
いやぁ、やっぱ最高だよね♪

ご存知のようにこれは、今じゃネオアコの金字塔?代表格的?な、

そんな風に扱われているアルバムだよね?

まぁ、俺もそんな感じで、リアルタイムから遅れること数年後に聴いたんだけど…

もちろんその繊細で青く瑞々しいメロディ溢れるネオアコースティック・サウンドは大好きだし、一発でやられけど…

でもよく言われるようにバカラック、ソウル、ラテン、ジャズ、映画音楽的なサウンド云々は正直、

その手の音は大して聴いてないロックバカの俺だからそんなに感じなかった、

っていうかよくわからなかったよね…♪

それよりこれを聴く前から愛聴していたラヴのこれとの何曲かサウンドの類似点が気になったよね♪

まぁ、それもその後のアーサー・リーとの共演までするっていう事実を思えば、

仕方ないことだろうけど…♪

あと、今久しぶりに聴いて改めて感じたのは、

聴きながら見ていた歌詞、っていうかその歌世界の素晴らしさだね♪

これはもう15年以上も前にネットで見つけてコピーしたもの…♪
c0104445_039920.jpg
これ見ながら聴くとさらに素晴らしさを感じられるね♪
c0104445_039182.jpg
そんなこのアルバム、聴いてるのは多分Virginからの廉価版的な?安レコ…
c0104445_0392750.jpg
こんな広告満載のスリーブに入ったものだね…
c0104445_0393781.jpg
最初に聴いたCDはこんな感じのジャケで、
c0104445_040059.jpg
名曲「Thank You」などのボーナス曲がついていたね。

まぁ、今じゃもっといいCDがあると思うから…
c0104445_0401485.jpg
そうそう、昔友人が言っていた、このジャケの撮影者が撮影後この兵士に射殺された?

っていう話、ホントなのかな?
c0104445_0403368.jpg
確かに後方の2名の表情はビビっている感じだけど…

ってことで、次はセカンド…は取り上げ済みだったから、

あの名コンピ盤か「Shack」のアルバムでしょうかね?うふ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

# by hedoron | 2017-09-18 22:18 | ネオアコ・ギターポップ | Comments(0)

あるレコ屋…

どうも!アクセスありがとう♪へどろんです。

いやぁ、たま〜に通販で利用している某Jっていうレコ屋さんがあるんだけど、

以前、注文後にちょっと注文をし直したくなってね。

で、キャンセルしようと思うも、そんな表示箇所どこにも見当たらないのよ。

それでヘルプだったか見たら、なんと注文のし直しやキャンセルができないってあってね…

アマゾンやHMV、タワレコに慣れちゃった身としてはなんとも驚きのレコ屋さんで…ふぅ

それでしょうがないからそのままで別に注文を追加したんだけど…

まぁ、こちらとしては正直面倒なことだけど、その辺はレコ屋さんの自由だと思うから、

しゃあないっていうか別にいいんだけど、

それとは別にそのレコ屋さんであるレコを予約した時のこと。

そこは入荷後に連絡が来て、確かそこでまたこちらから連絡するんだけど、

注文したレコの入荷の連絡が来たから「買うよ♪」って連絡して、待っていたら、

なんと「在庫切れ」って連絡が来て、一方的にキャンセルされちゃって…ガビ〜ン

こちらの注文はキャンセルさせないくせにテメーらは勝手にキャンセルするっていう…ふぅ

じゃあ、もうそんなレコ屋、使わなきゃいいだけなんだけど、

こんな田舎に住んでいると、やっぱ上記の有名通販レコ屋さん以外にも選択肢が欲しいから、

なかなかどうして…ちなみにそんな一方的なキャンセルが今まで2回ほどありました…ちぇー
c0104445_16525025.jpg
入荷したって連絡が来たのに、頼むと在庫切れって言われる…そのシステムってやっぱりどうかと思うけど…上記画像に特に深い意味はありません…うふ♪

いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

# by hedoron | 2017-09-18 18:18 | レコード話・音楽話 | Comments(0)

トラブル中毒 / A.R.B

どうも!俺にもチャンスをくれないか♪へどろんです。

いま、我らが青春のA.R.B 83年の『トラブル中毒』を聴いてます♪
c0104445_2004967.jpg
いやぁ、やっぱ最高だよね♪

ご存知のようにこれは、彼らの6枚目のアルバムで、

田中一郎が在籍したメンツによる最後のアルバム…♪

だからってわけじゃないんだろうけど、その充実した内容…♪

個人的にはこの所謂一郎在籍時による最高傑作だと思うもの…♪

アッパーに飛ばす「Do It! Boy」に始まり、

メロウな「ボート・ピープル」やレゲエ的な「モンロー日記」、

超名曲だろうラストに置かれた2曲「トラブルド・キッズ」「ファクトリー」、

もちろんそれ以外にも大好きな「ギヴ・ミー・ア・チャンス」や「War Is Over!」、

「Black Is NO.1」や「ピエロ」なんかもあるっていう、

そんな捨て曲なしの全10曲…だって強いて言って一番弱いかな?って思う「ギターを持った少年」だって、/

彼ら彼らあたりを思い出すようなパブ・ロック的な勢いのあるロックン・ロールなんだもん…♪

やっぱ最高だよね…でも、だからって言って俺はこの一郎時代限定の、

俺的に言えばちょっとなぁ…って思うような、そういうファンじゃないよ♪

光浩時代も久時代も同じくらい好きだからさ…♪

そんなこのアルバム、聴いてるのはもう30年くらいの付き合いになる安レコ…
c0104445_2032085.jpg
稜のお馴染みのイラストが載った歌詞カードがいいんだよね…♪
c0104445_2033374.jpg
やっぱこれも紙ジャケ、買っておけばよかったかなぁ…ちぇ
c0104445_2034669.jpg
いつもクリック誠にありがとうございます♪
上位に向けて皆さんの愛あるクリックよろしゅうです♪目指せベスト10定着!うふ♪

人気ブログランキングへ♪
[PR]

# by hedoron | 2017-09-17 21:17 | 日本のロック・ポップ | Comments(2)